REVIEW〜BEST OF GLAY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 グロリアス TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 8thシングル 最高4位 売上59.3万枚
2 彼女の“Modern…” TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 3rdシングル 最高45位 売上2.1万枚
3 BELOVED TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 9thシングル 最高3位 売上84.1万枚
4 More than Love TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 2ndアルバム『BEAT out!』収録曲
5 千ノナイフガ胸ヲ刺ス TAKURO TAKURO GLAY インディーズアルバム『灰とダイヤモンド』収録曲 再録音
6 ずっと2人で… TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 5thシングル(カット) 最高34位 売上4.0万枚
7 口唇 TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 11thシングル 最高1位 売上99.4万枚
8 RHAPSODY TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 3rdアルバム『BELOVED』収録曲
9 HOWEVER TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 12thシングル 最高1位 売上134.2万枚
10 Freeze My Love TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 4thシングル 最高19位 売上7.2万枚
11 KISSIN' NOISE TAKURO TAKURO GLAY インディーズアルバム『灰とダイヤモンド』収録曲 再録音
12 軌跡の果て TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 2ndアルバム『BEAT out!』収録曲

Strings Arrangement:佐久間正英

リリースデータ

1997年10月1日
2001年3月7日
初登場1位 初動200.3万枚、売上487.6万枚 Produced by 佐久間正英 ポリドール
エクスタシーレコード

メンバー

Electric and Acoustic Guitar TAKURO
Electric and Acoustic Guitar JIRO
Electric Bass HISASHI
Vocal TERU

GLAY1stベストアルバム。ここまでのシングル12作、インディーズ含むアルバム4作から12曲を収録。このうちインディーズ時代の「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」「KISSIN' NOISE」は再録音されている。この再録音バージョンは今作でしか聞くことができない。かなり早いタイミングでのベスト盤となったがインディーズ時代からのストックが尽きていて新たな曲制作にもう少し時間をかけるためだったとされ、メンバー間でも葛藤があったとされている。前作以降の「口唇」「HOWEVER」がアルバム初収録でオリジナルアルバムには未収録となった(アンソロジーシリーズでは前後のアルバムに追加された)。最初からブルーカラーケース仕様。01年にエクスタシーから再発されたが、次なるベスト盤『DRIVE』の存在もあって大ヒットした割には1st〜3rdアルバムが03年に再発された際には再発されずに早い段階で廃盤となった。

「口唇」「HOWEVER」が立て続けにヒットし、シングルでも「HOWEVER」が初ミリオンを達成する中で、今作は空前絶後の大ヒット作となった。史上初の初動200万枚突破を達成、そのまま前年に記録していたglobe『globe』の記録を抜き去り歴代アルバム売上1位を記録。この記録は翌年にB'z、翌々年に宇多田ヒカルに抜かれ、現在は歴代3位となっている。

「RAIN」「真夏の扉」「Yes,Summerdays」「生きてく強さ」「a Boy〜ずっと忘れない〜」といったシングルをヒットの有無に関係なく外して、逆にあまり当時ヒットせず知名度も無かった「彼女の“Modern…”」を2曲目に配置するなど、強いこだわりを感じる選曲で、ベスト盤には早すぎると思いきやなかなかここまでのブレイクまで駆け上がっていった時期のGLAYをコンパクトにまとめたベストオブベストなアルバムだ。曲順もちょっと出来すぎなくらいに素晴らしく、ラストを飾る「軌跡の果て」は元々収録されていた2ndアルバムよりも絶頂を極めた今作の最後というポジションで聞くとより感動的。

「ずっと2人で…」が初期の名曲として人気に火がついたのも今作がきっかけで、これ以降しばらくカラオケランキングで上位に居座っていた(当時は最新曲がカラオケ上位を占めていた時代なので既に発売数年以上が経過しているこの曲が長期ランクインしているのはかなり目立っていた)。以降のGLAYのベスト盤はバラードベスト以外は2枚組以上のものが多いが、今作は「HOWEVER」までの初期GLAYをまだまだ聞く余地を残しながらも入門としてまとめた優れたベストアルバムだと思う。

3年後にはもう『DRIVE』が出て被りも多くなってしまい、早々に役目を終えた感もある。楽曲的にも「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」「KISSIN' NOISE」は再録音しか価値が残っていない。しかし1つのバンドがとてつもない栄光を掴むまでを凝縮して封じ込めた今作にはオリジナルアルバムを辿るのや後のベスト盤とはまた違った味わいもある。

REVIEW ?BEST OF GLAY?      REVIEW〜BEST OF GLAY 01年再発盤

印象度★★★★☆

2018.11.2修正

戻る