UNITY ROOTS&FAMILY,AWAY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 WE ALL FEEL HIS STRENCTH OF TENDER TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
2 またここであいましょう TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 26thシングル 最高2位 売上25.6万枚
3 girlish MOON TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
4 Way of Difference TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 25thシングル 最高1位 売上73.0万枚 イントロ変更
5 航海 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
6 ゆるぎない者達 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
7 夏の彼方へ(Johny the unity mix) TAKURO TAKURO TAKURO&佐久間正英 サントラ盤『映画版「未来日記」オリジナル・サウンドトラック』収録曲
8 neverland TAKURO JIRO GLAY&佐久間正英  
9 彼らのHOLY X'MAS TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
10 Father&Son TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
11 卒業まで、あと少し TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 25thシングルC/W
12 Friend of mine TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
13 ALL STANDARD IS YOU〜END ROLL〜 TAKURO TAKURO TAKURO&dj honda 6thアルバム『ONE LOVE』収録曲 リアレンジ

リリースデータ

2002年9月19日 初登場1位 初動28.0万枚、売上42.4万枚 Produced by 佐久間正英 UNLIMITED RECORDS

メンバー

Guitar,Piano TAKURO
Guitar HISASHI
Bass JIRO
Vocal TERU

GLAY7thアルバム。前作から10ヵ月でのリリース。前作以降の2シングル、C/W1曲を収録。「またここであいましょう」から2週連続りリースとなっていたシングル「逢いたい気持ち」のみ未収録となった。表記は無いが「Way of Difference」は冒頭サビがカットされイントロ部分が変更されている。「夏の彼方へ」は00年の映画『未来日記』のサントラ盤に収録されていた楽曲で、別バージョンとして収録された。「ALL STANDARD IS YOU〜END ROLL〜」は前作収録曲のリメイク。

前作まではGLAYがアルバムを出すというのはかなりの一大事としてド派手にプロモーションが行われていたが前作が大失速となったためか、今作以降は発売時のメディアのの扱いやプロモーションもかなり落ち着いたものとなった。1位こそ獲得したものの前作よりさらに20万枚近く売上を落とした。しかしシングル、オリジナルアルバム共に30万枚を越えたのはこれが最後となった。

いきなりストリングス&ゴスペル調&全英語詞&バンドっぽくない、とこれまでにない曲調に始まり、GLAY王道といえるようなナンバーは「またここであいましょう」1曲ポッキリという最も異色のアルバム。前作と同時期に制作されていたが前作は押し押しのロックナンバーで固めていたのでそこに沿わなかった楽曲を並べているため、連作・兄弟作だとメンバーもコメントしていた。一方でTAKUROの内面を描写した個人的な世界観をGLAYで表現するという方向性で制作されている側面も強いため、連作だとか兄弟作として前作の延長で聞こうとするとあまりに真逆・別物で驚く。落ち着いた作風でジャケ写からブックレットまで全てセピアで統一されているのもあって暗い感じはいっそう深まる。あまりの地味さに前作のイマイチだった印象が相対的に跳ね上がる程。ただ今作のモードを引きずる事は無かったし、90年代の喧騒からのGLAYが完全にリセットされた事も含めて必要な通過点ではあったのかなと。

UNITY ROOTS & FAMILY AWAY

印象度★★★☆☆

2019.2.12大修正

戻る