THE GREATEST UNKNOWN

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 MIRROR   常田大希 King Gnu Instrumental
2 CHAMELEON 常田大希 常田大希 King Gnu 5thシングル 最高2位 売上3.4万枚
「カメレオン」から英字表記に変更
3 DARE??   常田大希 King Gnu Instrumental
4 SPECIALZ 常田大希 常田大希 King Gnu 7thシングル 最高4位 売上4.6万枚
表記は無いがアルバムバージョン
5 一途(ALBUM ver.) 常田大希 常田大希 King Gnu 4thシングル 最高1位 売上9.3万枚
6 δ   常田大希 King Gnu Instrumental
7 逆夢 常田大希 常田大希 King Gnu 4thシングル両A面曲
8 IKAROS 常田大希 常田大希 King Gnu  
9 W●RKAHOLIC 常田大希 常田大希 King Gnu Interlude
millennium parade×椎名林檎『W●RK』のサンプリングを使用
10 ):阿修羅:( 常田大希 常田大希 King Gnu  
11 千両役者(ALBUM ver.) 常田大希 常田大希 King Gnu 2ndシングル両A面曲
12 硝子窓 常田大希 常田大希 King Gnu 9/15先行配信 初CD化
13 泡(ALBUM ver.) 常田大希 常田大希 King Gnu 5th配信シングル 初CD化
14 2 Μ Ο Я Ο 常田大希 常田大希 King Gnu  
15 STARDOM 常田大希 常田大希 King Gnu 6thシングル 最高5位 売上3.6万枚
「Stardom」から全大文字へ変更
16 SUNNY SIDE UP   常田大希 King Gnu Instrumental
17 雨燦々 常田大希 常田大希 King Gnu 6th配信シングル、6thシングルC/W
18 BOY 常田大希 常田大希 King Gnu 3rdシングル 最高4位 売上3.2万枚
表記は無いがアルバムバージョン
19   常田大希 King Gnu Instrumental
20 三文小説(ALBUM ver.) 常田大希 常田大希 King Gnu 2ndシングル 最高2位 売上8.2万枚
21 ЯOЯЯIM   常田大希 King Gnu Instrumental

リリースデータ

2023年11月29日 初登場1位 売上28.7万枚 Ariola Japan

メンバー

Drums 勢喜遊
Bass 新井和輝
Guitar/Piano/Cello/Contrabass/Programming&Vocal 常田大希
Vocal 井口理

King Gnu4thアルバム。前作から3年10ヶ月ぶり。前作以降の6シングルCDから9曲、配信限定1曲、先行配信1曲の既出11曲を収録。新曲は10曲だが前後のシングル曲と繋がったインストとインタールードが7曲を締め、純粋な新曲は3曲のみ。前作以降に発表された楽曲のうち3rdシングルC/W「F.O.O.L」のみ未収録。ALBUM ver.表記が無い曲でもタイトル表記や前後のインストとの繋がりなどが変更されている。

初回盤はライブBlu-ray「King Gnu Stadium Live Tour 2023 CLOSING CEREMONY June 4th, 2023 at NISSAN STADIUM」付属。
通常盤はCDのみ。

4年近くの間にシングルがどんどん出ていたのでほぼシングルコレクションになってしまっているが、今作では各楽曲をアルバムバージョンとして改変してさらにそれらをインストで繋いでいくことで全体の流れを作ってアルバムとして統一感を持たせるという試みがされている。よって21曲もあるがインストは1分前後しか無く、元々の曲も短いものが多かったため60分程度でまとまっていて過度な大作感は無い(5分6分の大作連発で10数曲で70分越えとか大ストバラ時代から本当に変わったなぁ…)。かなり色々な曲を出していた上、ある程度のキャッチーさはあってもそれ以上に複雑怪奇なものが多かったのでただ並べてもバラバラになってしまうところだが、不思議とオリジナルアルバムとして1つの作品に仕上がって聞こえるからお見事。シングルバージョンが…と言ったってかつてのようにシングルCDを持っていないとシングルバージョンが聞けないことは無く、そこから数クリックでシングルバージョンも聞けてしまうのだからシングルのままで収録する事にこだわる必要もなくなっている。パッケージで所持しておきたいコアなファンだとやはり困るかもしれないがそこまでファンならシングルバージョンはシングル買って聞いてくれという事でそこはもう少数派になってしまったので仕方ない。サブスク時代のオリジナルアルバムはどうあるべきかの1つの回答が今作といっても過言ではない。

正直なところシングルだけでもかなり難解でワケ分からない部分が大きいし、数少ない新曲は特に難解でいわゆるアルバムの名曲なんて事にはならない完全なる実験曲にしか聞こえないので、前2作以上になんか凄い気がするけどよく分からないし好きにはなれない曲ばかりだなという感じではあるんだけど、アルバムとしての構成力は見事だと感じた。好きなアルバムではないが、良いアルバムなのかと言えば確かに良いオリジナルアルバムだ。

B0CHJDMYS4初回盤Blu-ray付  B0CHJD9T1X通常盤 

印象度★★★☆☆

※今作はAmazon Musicのみで視聴したためCD(ブックレット)を手に取っていません。

戻る