独りごと

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ひとりごと 小高芳太朗 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の4thシングル
2 この剣斬れる 小高芳太朗 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の1stミニアルバム『影と煙草と僕と青』収録曲
3 灰空 小高芳太朗 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の1stアルバム『地図』収録曲
4 オルゴール   小高芳太朗 LUNKHEAD Instrumental
5 夕暮れの。 小高芳太朗 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の1stシングル『千川通りは夕風だった』C/W
6 山下壮 小高芳太朗 山下壮 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の3rdシングル『プリズム』C/W(「桜子」に改題)
7 東京にて 小高芳太朗 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の1stミニアルバム『影と煙草と僕と青』収録曲
8 僕と樹 小高芳太朗 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の1stミニアルバム『影と煙草と僕と青』収録曲
9 金木犀 小高芳太朗 小高芳太朗 LUNKHEAD 後の1stアルバム『地図』収録曲

リリースデータ

2002年3月9日(CD-R)
2018年8月18日(復刻盤)
ライブ会場販売
ライブ会場・公式通販限定
all songs produced by LUNKHEAD -
直球

メンバー

Vo.Gtr.Key.Cho. 小高芳太朗
Gtr.Vo.Cho. 山下壮
Bass.Cho. 合田悟
Drms.Cho. 石川龍

LUNKHEADデビュー前の幻の作品。03年のデビュー前となる02年に初めてちゃんとした形でレコーディングを行ってアルバムとしてまとめた最初の作品が今作だったという。2002年2月7,8日の2日間でレコーディングされ、出来上がった音源はメンバーが各自CD-Rに焼いてライブ時の物販で販売していたようだ。これがきっかけで事務所社長となるボビー湯浅と出会えたという。一方でレコーディングを行ったクロスロードスタジオやエンジニアの井上勇司との関係は現在まで継続していて、デビュー以降は長らくビクターのスタジオや別のエンジニアがついていたが、2011年の『REACT』、2012年の『青に染まる白』、2016年の『アリアル』、2017年の『REACT 2』など近年はこの環境でレコーディングされている作品が再び増えている。公式のディスコグラフィーにも掲載されていなかったため、当時を知る人しか知らない文字通り幻の作品となっていたが2018年に復刻発売が発表され、ライブ会場で販売され、ツアー終了後に公式通販でも販売が開始された。復刻に当たっては現在のメンバー4人(現ドラマー桜井雄一含む)+脱退した当時のメンバー石川龍、エンジニアの井上勇司それぞれのコメントが新たに掲載されている。

全ての曲がデビュー以降に改めて発表されているため曲自体はあまり幻になっていない。デビュー前で最初のレコーディングだという事、そして『影と煙草と僕と青』は正直ちょっと音が悪い感じがしていたので、今作はもっと拙かったり音がガタガタなのかと思っていたら、思ったよりも音がしっかりしていた。『影と煙草と僕と青』は後にボーカル小高がリリース元のレーベルへかなり悪印象を抱いていたことを語っていたし、そっちの方が環境が悪かったのかもしれない。歌や演奏そのものもそんなに言うほど拙い感じは無く、いい意味でLUNKHEADの芯の部分って最初からしっかりしていたんだなと改めて思った。さすがに暗い印象が先行する曲が多く、それ以上に突き抜けていく景色が見えてくるような曲はまだ生まれていない時期だとは思うんだけど(2ndアルバム辺りまでは概ねこんな感じな印象)、大事な始まりを感じられる1作だ。

公式通販

印象度★★★☆☆

戻る