One Night

No タイトル 作詞 作曲 編曲 Strings Arr Brass Arr 備考
1 もう少しがんばってみよう。 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎      
2 青空 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎、
中西長谷雄
織田哲郎、
竹上良成
15thシングル 最高49位 売上2.1万枚
3 瞳閉じれば〜Let's dance〜 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎、
中西長谷雄
   
4 TONIGHT 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎      
5 インソムニア 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎      
6 最後の恋 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎、
中西長谷雄
   
7 真夏の夜の甘い夢 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎   織田哲郎、
竹上良成
 
8 キズナ 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎     16thシングル 最高32位 売上1.7万枚
9 Sunrise Sunset 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎     18thシングルC/W
10 祈り 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎、
長田直也
  18thシングル 200位圏外
11 真夜中の虹 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎、
四家卯大
  17thシングル 200位圏外
12 明日へ 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎、
長田直也
   

リリースデータ

2007年5月23日 初登場100位 売上0.36万枚 Produced by 織田哲郎 ユニバーサル

織田哲郎12thアルバム。セルフカバーアルバム『MELODIES』から8ヵ月、オリジナルアルバムとしては93年の『T』以来14年ぶり。『T』以降のシングルのうちビーイングでの94年の「君の笑顔を守りたい」は未収録(非公認ベスト『complete of 織田哲郎 at the BEING studio』に収録済み)で、エイベックスに自身のレーベルZOOTRECを設立した98年「青空」以降のシングル4作5曲を収録。最新シングルである「祈り」が03年10月、『MELODIES』はセルフカバーだったため、新曲発売はほぼ3年半ぶりとなった。00年にスペインで強盗に襲われて声帯を歪められて以降声質が変わったこともあり、それ以前の「青空」「キズナ」は大幅なリアレンジ、キー下げが施されている。それ以外の曲も演奏の差し替え、ボーカルリテイク、ミックス変更など何かしらの変更が施されている模様。またZOOTRECレーベルは復帰後の「真夜中の虹」「祈り」ではインディーズレーベル扱いとなっておりエイベックスから離脱していたが、今作では『MELODIES』に続いてユニバーサルからの発売となった。今作についてはここで詳しく語られている。

アコースティック編成の曲が中心で、派手めな曲やロック系は皆無。生音にこだわっているもののドラムよりパーカッションを駆使した曲も多く、かなりゆったりと落ち着いた作風になっている。かなり派手なサウンドでソロでは珍しいヒット曲っぽい風格のシングル曲だった「キズナ」も相当落ち着いていて別の曲のようになっていて驚いた。タイトル通り夜の印象が強く、ラストで静かに夜明けを迎えていくようなイメージ。じっくり静かに聞かせるので、派手なヒット曲に疲れたときなどに聞くと物凄くこれが心地よかったりする人生の浮き沈みを乗り越えてたどり着いた境地のような歌詞も説得力がある。特に1曲目の「もう少しがんばってみよう。」に表れているような穏やかさは色々乗り越えたから出てきたような曲で、ヒット性は薄いが包み込むような優しさが最高だ。声が変化したという事で全体的にハスキーでやたら低めで狭く感じられるが、サウンドをそれに合わせたのか、激動の時を経てこういうモードになったのかは分からないが、これまでの歩みを踏まえると凄くハマっていると思う。

One Night

印象度★★★★☆

2019.6.14修正

戻る