LEGENDS

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 離したくはない 森友嵐士 森友嵐士 2ndシングル(カット) 最高15位 売上47.2万枚
2 Bye For Now 森友嵐士 森友嵐士 6thシングル 最高2位 売上118.3万枚
3 マリア 森友嵐士 森友嵐士 12thシングル 最高3位 売上78.2万枚
4 悲しみが痛いよ 川島だりあ 川島だりあ 1stシングル 最高46位 売上8.6万枚
5 サヨナラから始めよう 森友嵐士 織田哲郎 4thシングル 最高13位 売上21.6万枚
6 じれったい愛 森友嵐士 森友嵐士 5thシングル 最高2位 売上68.4万枚
7 おさえきれない この気持ち 森友嵐士 森友嵐士 7thシングル 最高1位 売上82.6万枚
8 すれ違いの純情 森友嵐士 織田哲郎 8thシングル 最高2位 売上74.3万枚
9 刹那さを消せやしない 森友嵐士 森友嵐士、
五味孝氏
9thシングル 最高1位 売上73.2万枚
10 傷だらけを抱きしめて 森友嵐士 森友嵐士 9thシングル両A面曲
11 わがままに抱き合えたなら 森友嵐士 森友嵐士 10thシングル 最高3位 売上40.4万枚
12 LOVE 森友嵐士 森友嵐士 11thシングル 最高3位 売上58.0万枚
13 SHAKE IT 森下桂人 森友嵐士 13thシングル 最高4位 売上26.3万枚 New Mix
14 愛のために 愛の中で 森友嵐士 森友嵐士 14thシングル 最高2位 売上24.4万枚
15 Be Myself 森友嵐士 森友嵐士、
五味孝氏
15thシングル 最高10位 売上9.4万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 満月の夜 森友嵐士 森友嵐士 未発表曲
2 Hold On My Beat 森友嵐士 森友嵐士 1stシングルC/W
3 Dreamin' 森友嵐士 五味孝氏 1stアルバム『T-BOLAN』収録曲
4 Heart Of Gold 森友嵐士 川島だりあ 2ndシングルC/W
5 Teenage Blue 森友嵐士 森友嵐士 3rdシングル『JUST ILLUSION』C/W
6 あふれでる感情 森友嵐士 森友嵐士 2ndアルバム『BABY BLUE』収録曲
7 BOY 森友嵐士、
青木和義
森友嵐士 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
8 My life is My way 森友嵐士 森友嵐士 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
9 鏡の中の嘘が微笑むよ 森友嵐士 森友嵐士 6thシングルC/W
10 遠い恋のリフレイン 森友嵐士 森友嵐士 1stミニアルバム『夏の終わりに』収録曲
11 Only Lonely Crazy Heart 森友嵐士 青木和義 4thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
12 泥だらけのエピローグ 森友嵐士 森友嵐士 4thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
13 Dear 森友嵐士 五味孝氏 5thアルバム『LOOZ』収録曲
14 No.1 Girl 森友嵐士 森友嵐士 11thシングルC/W
15 Smile 森友嵐士 森友嵐士 ベスト『FINAL BEST』収録曲

 

DVD
T-BOLAN History of 1991-1999
No タイトル 備考
1 History 1 メンバー個別インタビュー、結成〜1stアルバム(10分程度)
2 離したくはない Music Video 2ndシングル MV
3 History 2 〜3rdアルバム(30秒程度)
4 じれったい愛 Music Video 5thシングル MV
5 Bye For Now Music Video 6thシングル MV
6 History 3 〜4thアルバム(30秒程度)
7 すれ違いの純情
1993.7.2 4th Tour“HEART OF STONE”@渋谷公会堂
8thシングル LIVE映像
8 刹那さを消せやしない
1993.7.2 4th Tour“HEART OF STONE”@渋谷公会堂
9thシングル LIVE映像
9 My life is My way
1994.3.18 5th TOUR“LOOZ”@中野サンプラザ
3rdアルバム『SO BAD』収録曲 LIVE映像
10 History 4 5thアルバム〜2ndミニアルバム『夏の終わりにU』まで(30秒程度)
11 マリア
1995.2.4 Last Tour“LIVE HEAVEN”@NHKホール
12thシングル LIVE映像
12 History 5 LIVE HEAVEN '94-'95を最後に活動が止まるまで(30秒程度)
13 愛のために 愛の中で 14thシングル MV 序盤にナレーション、インタビュー挿入

リリースデータ

2010年3月24日 初登場32位 売上0.9万枚 ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN6thベストアルバム。同日に森友嵐士がトイズファクトリーから再始動シングル『抱きしめていたい/キズナ』を発売するのに合わせてリリースされた。両社協力の元でリリースされ、W購入者から抽選で100名にオルゴールがプレゼントされるキャンペーンも行われた。DISC-1は何故か1度もベスト盤に収録されない3rd「JUST ILLUSION」、リメイクの15th両A面「Heart of Gold 1996」、リミックスの16th「じれったい愛'98」以外の全シングルを網羅DISC-2は未発表曲とC/W、アルバムからのベスト選曲で構成されている。「Teenage Blue」「鏡の中の嘘が微笑むよ」はアルバム初収録となる。DVDは96年のファンクラブイベントで上映された映像を解散までを踏まえて再編集したもので時間は55分、ヒストリーとMVとライブ映像で構成されている。全曲デジタルリマスタリング。ブックレットにはスタッフクレジットが一切無いが、最終ページにディスコグラフィーが掲載されている。解散までの全作品が写真付で紹介されている(『at the BEING studio』『BEST OF BEST 1000』は記載されていない)。『SINGLES』『BALLADS』『1999 REMIXES』(中ジャケ)を踏襲した色違いのジャケットになっており、帯ではSINGLES』『BALLADS』も紹介されている。発売に合わせて消滅状態だった公式サイトが復活した。

特に表記は無いが「SHAKE IT」は最後のサビ前の森友の台詞"そんなんじゃ綺麗にはなれないぜぃ"の部分のバックでガヤガヤザワザワしていた音が消された新ミックスに変更されている。シングル盤と『SINGLES』ではガヤガヤありだったが、この後の『T-BOLAN THE COMPLETE』でも今作のガヤなし音源となっていてひっそり差し替えになった模様。

6作目のベスト盤にしてようやくの決定盤。リメイクとリミックスを除くと両A面の「傷だらけを抱きしめて」までしっかり収録しているのに「JUST ILLUSION」だけ露骨に外されているのでもうこの曲に何か問題があるとしか思えないが、それでもこれまでのベスト盤は常にいくつかのシングルが抜け落ちていたためここまで一気に網羅できるのは今作のみである。さらにC/Wやアルバムから代表的な曲が聞けて未発表曲までついてくるのだから文句は無い。DVDで簡単なヒストリーもおさらいできるので初心者にも入りやすい。打ち込みっぽい曲が多い上に時代性の強いシンセ音が鳴りまくるので今となってみると時代を感じやすいという点はあるが、森友の歌声とメロディーはひたすらに熱く色あせてはいない。お値段3990円この内容なら安いといえる価格だが、02年『at the BEING studio』の2100円、07年『BEST OF BEST 1000』の1050円と価格崩壊状態だったので何か複雑な気持ちになるのはしょうがないか。

DISC-1
まず代表作を3曲先に聞かせてから、リリース順に並べるという構成。初めて聞くリスナー向けに決定盤的内容であり、基本的にこれを聞いた後はこれ以前のベスト盤の大部分が用済みとなるレベル。短期間にヒットを連発したので似たような曲が多くなっていてあまり大きな変化はないが、試行錯誤していく終盤には変化の兆しが感じられると同時に生音志向になって時代性の強さが薄れていく。この先があればさらに変化していったと思えるだけに惜しい。

DISC-2
未発表曲はいつの頃の曲なのか不明だが歌声が若干違う。なんとなく若い感じだが、初期の歌声とも違っており、森友らしさに欠けるというか抜いて歌っているような薄い印象。喉に異変をきたした後の録音なのか、ここまで未発表だっただけに本テイクではなかったのか。曲の方はシンセストリングスも入ったミディアムナンバー。『FINAL BEST』に収録された未発表曲「Smile」は生音全開のロックだったがこの曲とはサウンドの方向性が違っている。2曲目以降はリリース順になっていて代表的な曲は一通り押さえながらもアルバム初収録のC/Wがあったりと、バランスの良い選曲になっている印象。

DVD
冒頭10分は結成に至るまでをけっこう詳しくメンバー個別のインタビューを繰り返しながら10分もかけて紹介。しかし以降はPVとライブ映像が中心となり、ヒストリーは合間におまけ程度にナレーションされるだけになる。96年のファンクラブイベントで流した映像の再編集ということだが、ヒストリーの最後では森友の声が出なくなったことや解散にも触れているのでその辺は新たに追加したものと思われる。MVはまあいいとして、注目はやはり4曲のライブ映像。彼らが圧倒的にライブバンドだった事を感じる。明らかに森友の歌声には生のバンドサウンドがマッチしていると思う。

T-BOLAN FINAL BEST LIVE HEAVEN LIVE&CLIPS』や後にリリースされた『T-BOLAN BEST LIVE&CLIPS』ではさらに多くの曲のMVやライブ映像を見れるので今作はあくまで1時間弱にまとめたヒストリー映像集である。もう少しMVやライブ映像を見たいと思ったら『T-BOLAN BEST LIVE&CLIPS』が決定盤と言える。

B003683924

印象度★★★★★

2022.1.14修正

戻る