OH MY LOVE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Oh My Love 坂井泉水 織田哲郎 明石昌夫  
2 Top Secret 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  
3 きっと忘れない 坂井泉水 織田哲郎 明石昌夫 10thシングル 最高1位 売上87.2万枚
4 もう少し あと少し… 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫 9thシングル 最高2位 売上84.4万枚
5 雨に濡れて 坂井泉水・
上杉昇
栗林誠一郎 明石昌夫 ZYYG,REV,ZARD&WANDS シングル『果てしない夢を』C/W
ZARDオンリーのセルフカバーバージョン
6 この愛に泳ぎ疲れても 坂井泉水 織田哲郎 明石昌夫 11thシングル 最高1位 売上88.7万枚
7 I still remember 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  
8 If you gimme smile 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  
9 来年の夏も 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  
10 あなたに帰りたい 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  

リリースデータ

1994年6月4日
2021年9月15日(リマスター)
初登場1位
初登場35位
初動58.0万枚、売上200.2万枚
売上0.1万枚
Produced by B.M.F B-Gram Records

ZARD5thアルバム。前作から11ヶ月ぶり。前作以降の3シングルとコラボシングルC/Wだった「雨に濡れて」のZARD単独セルフカバーを収録。表記はないが「きっと忘れない」は冒頭サビがシングル時よりスローなバラード風味に変更されたアルバムバージョン。シングル3作はいずれも80万枚台の高値安定のヒットを連発、今作も前作には及ばなかったものの2作連続200万枚突破を果たした。また当時の100位以内登場週数75週は自身最長であった。2021年に30周年を記念してオリジナルアルバム10作のリマスター盤がと『時間の翼』のリアレンジ盤が一斉発売。『ZARD ALBUM COLLECTION』以来、単独では初のリマスターとなる。

長戸大幸が引退したため今作に限らず同時期のビーイングで長戸大幸プロデュース名義だったアーティストも全て会社名義でのプロデュースへ変更になった。耳の持病が悪化したためと当時は言われており、実際に織田哲郎も本人から直接聞いたと振り返っており、長戸大幸本人は大阪へ行ってプロデュースを続けたとも語っているが、ZARD30周年に向けてのオフィシャルブックやドキュメントではZARDはずっと一緒に坂井泉水と二人三脚で作り続けていた事になっていたり、形式上の引退後のデビューであり関わっていないはずのFIELD OF VIEWを最初だけはプロデュースしていた事になっていたりと当時の長戸大幸引退には謎が多い。名前を出さなくなったのと大阪で何やら新しいことを始めていた(後の不動産とかGIZAとか)のは確かなようだが、ZARDに関しては最後までつきっきりで関わったいたようだ。

今作のみ作曲が織田・栗林、編曲が全部明石昌夫と作家3名のみで綺麗に統一。シングル2作と表題曲に織田哲郎、シングル1作「もう少し あと少し…」とC/W「雨に濡れて」と残り全部栗林誠一郎と、けっこうあからさまに織田哲郎が1番手でおいしいところを担当、栗林誠一郎は2番手扱いで働かせまくり…となっている。ただ織田哲郎は大量のデモを長戸大幸に渡していてシングルにするか、シングルにならない出来なら没でいいというような事を伝えていたそうなのでアルバムやC/Wで織田曲がほとんど使われないという起用方針はそれも反映されていたとは思う。

基本的に前作の延長線上の内容でブルーっぽいイメージのジャケットから何からファンじゃない人はたぶん区別つかないレベルで前作の方向性を踏襲。このため普通にいい曲がそろっている印象だが後追いで聞くとどれも同じような感じにも思えるところもある。ZARD王道はここに完全に極まり、これ以上同じことをしてもこれ以上はないというところまで達したのが今作だと思う。シングル曲が前作のミリオンほど大ヒットしてない事もあるが、代わりに今作はアルバム曲が前作以上に充実。前作というか1st〜4thまで全て既出シングルが表題曲となっていたが今作では初めて表題曲「Oh My Love」がアルバム新曲。リード曲としてシングルと遜色ない確かな存在感を放っているし、「I still remember」「来年の夏も」「あなたに帰りたい」など後にベスト盤やコンピ盤に選曲されるのは何気に今作からの方が多く、個々の楽曲単位では前作より残ってくる曲が多い。1度もベスト盤に選曲されないが「If you gimme smile」のカラッとした感じのギターロック系もけっこう好みだ。

B00005F58K   B099C5LMHP2021年リマスター盤

印象度★★★★☆

2021.4.20修正

戻る