STANDARD

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Brand new wave TOMOMI、山田智和 山田智和 川口圭太  
2 OVER DRIVE 中田ヤスタカ 中田ヤスタカ 中田ヤスタカ、nishi-ken 17thシングル 最高7位 売上1.9万枚
3 打ち上げ花火 一色徳保 一色徳保、シライシ紗トリ シライシ紗トリ  
4 オレンジジュース TOMOMI、田鹿祐一 田鹿祐一 川口圭太  
5 メトロノーム 山口高始 山口高始 川口圭太  
6 Weather report RINA、西川響 西川響 西川響  
7 8月 HARUNA MAMI 西川響  
8 会わないつもりの、元気でね 柳沢亮太 柳沢亮太 川口圭太 15thシングル 最高4位 売上3.9万枚
9 下弦の月 山口高始 山口高始 山口高始 16thシングル 最高5位 売上3.4万枚
10 恋のゲシュタルト崩壊 RINA RINA、ハジメタル A×S×E  
11 キミと未来と完全同期 TOMOMI 篤志 篤志 16thシングルC/W
12 涙よ光れ MAMI、田中秀典 田中秀典 シライシ紗トリ  
13 STANDARD SCANDAL MAMI SCANDAL  

 

初回盤DVD
No タイトル 備考
1 会わないつもりの、元気でね-MUSIC VIDEO- 15thシングル PV 
2 下弦の月-MUSIC VIDEO- 16thシングル PV
3 SCANDAL IN THE HOUSE-MUSIC VIDEO- 17thシングルC/W PV

リリースデータ

2013年10月2日 初登場3位 初動4.3万枚、売上5.4万枚 Epic Records

メンバー

Vocal&Guitar HARUNA
Guitar&Vocal MAMI
Bass&Vocal TOMOMI
Drums&Vocal RINA

SCANDAL5thアルバム。C/W集を挟んでいるが、オリジナルアルバムとしてはきっかり1年ぶり。8月から「下弦の月」、「OVER DRIVE」、今作と3ヵ月連続でリリースされた。完全限定生産盤はTシャツ付、初回盤はPV3曲を収録したDVD付、通常盤の初回プレスには4種のソロステッカーのうち1種封入。サウンドスキャンでの初動は初回盤DVD付が3位2.5万、完全限定生産盤が6位1.0万、通常盤が14位0.5万の合計4.0万枚。

スタンダードというわりには表題曲は完全自作曲ながらMAMIのラップがほぼメインという異色曲。全くスタンダードな気がしないが、全体的にはいつものSCANDALらしいロックナンバーが大半。中田ヤスタカに曲提供を依頼したり、意外と無かったパンク調の「涙よ光れ」などところどころに今までになかった新しさがある。バンドとしての到達点(目標だった大阪城ホール公演達成)に達した事もあり、少し自由になったというか、佇まいがより自然になった感じはする。無理に作詞に参加する事にもこだわらなくなったようで、作曲家との作詞共作は減り、完全提供にしてもらうか、しっかり単独作詞するかに変わってきた感じも。シングルA面の作詞に一切参加してないアルバムって初めてなんだけど、そういう選択肢が自然に取れるようになったのは悪い事じゃないと思う。その一方で作曲までしたのが共作含めて3曲と増えてるわけだし。そんなわけで今作も適度にロックでキャッチーで聞きやすい1作。どれが最高傑作という事も無いけどここまでのオリジナルアルバム5作毎回安定して外さないなという印象だ。

C/W集には完全限定生産盤が無かったが、ベスト盤含めて5作続いていた完全限定生産盤のフォトマガジンもしくは写真集付属が廃止され、今作では完全限定生産盤の特典はTシャツになっているようだ。値段は今までの完全限定生産盤と同じ(4500円)。これは入手していないので分からないが、Tシャツの方がライブに着て行けるなどの理由で好評なのかサウンドスキャンでの完全限定生産盤の売上は前作0.8万から1.0万枚に上昇(全体の初動も前作より上がっている)。

初回盤はPV3曲収録だが、何故か「OVER DRIVE」のPVは収録せずにC/Wのほうを収録している。メイキングも何も無く、単にシングルのPVしか入っていないのはこれが初めて。これでは2ndPV集が出た時に用済みになってしまいそうだが…。PV限定で楽器ダンスするという変な路線も2011年(1stPV集、ベスト盤収録範囲まで)で終わり、基本的にシンプルに演奏しているバンドのPVになっている。一方で初の完全打ち込みメンバー紹介ラップ曲となった「SCANDAL IN THE HOUSE」ではメンバーがアイドルのように飛び跳ねまくる。年齢的には初期の頃の方が似合いそうなはしゃぎっぷりだけど、初期の頃はここまでアイドルっぽい事はやりたくないと一線を引いている感じもあったので、こういうことをやれるようになったのもバンドとして地盤を築いた自信からなのかもしれない。

あと今作には過去最大の難点があり、それはブックレットの見難さ。デザイン的にはシンプルなんだけどとにかく文字が極小。今までのブックレットの文字サイズと比べると一回り以上小さい感じなんだけど何でこんな細かくする必要があったんだ?SCANDALリスナーに老眼の人はそんなにいないとは思うけど、ここまで小さいと老眼の人は老眼鏡が必要になるレベル。嫌がらせにしか思えない。

STANDARD(完全生産限定盤)完全生産限定盤  STANDARD (初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  STANDARD (初回仕様限定盤)通常盤 

印象度★★★★☆

戻る