complete of WANDS at the BEING studio

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 もっと強く抱きしめたなら 上杉昇&魚住勉 多々納好夫 葉山たけし 3rdシングル 最高1位 売上166.3万枚 
2 時の扉 上杉昇 大島康祐 明石昌夫 4thシングル 最高1位 売上144.3万枚
3 愛を語るより口づけをかわそう 上杉昇 織田哲郎 明石昌夫 5thシングル 最高1位 売上112.1万枚
4 世界が終るまでは… 上杉昇 織田哲郎 葉山たけし 8thシングル 最高1位 売上122.1万枚
5 恋せよ乙女 上杉昇 大島康祐 葉山たけし 6thシングル 最高1位 売上81.9万枚
6 Jumpin' Jack Boy 上杉昇 栗林誠一郎 葉山たけし 7thシングル 最高2位 売上82.7万枚
7 Secret Night〜It's My Treat〜 上杉昇&
栗林誠一郎
栗林誠一郎 池田大介 9thシングル 最高1位 売上63.1万枚
栗林誠一郎『It's My Treat』のカバー
8 DON'T TRY SO HARD 上杉昇 柴崎浩 葉山たけし 4thアルバム『PIECE OF MY SOUL』収録曲
9 錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう 小松未歩 小松未歩 池田大介 12thシングル 最高4位 売上21.3万枚
10 WORST CRIME
〜About a rock star who was a swindler〜
上杉昇 柴崎浩 柴崎浩 11thシングル 最高9位 売上13.5万枚
11 明日もし君が壊れても 坂井泉水 大野愛果 WANDS 14thシングル 最高8位 売上11.4万枚
12 このまま君だけを奪い去りたい 上杉昇 織田哲郎 葉山たけし 2ndアルバム『時の扉』収録曲
DEENへの歌詞提供曲 セルフカバー
13 Same Side 上杉昇 上杉昇&
柴崎浩
WANDS 10thシングル 最高2位 売上23.4万枚
14 世界中の誰よりきっと〜Album Version〜 上杉昇&
中山美穂
織田哲郎 明石昌夫 2ndアルバム『時の扉』収録Ver.
中山美穂&WANDS(最高1位 売上183.3万枚)のセルフカバー
15 声にならないほどに愛しい 上杉昇 織田哲郎 明石昌夫 4thシングルC/W
MANISHへの歌詞提供曲 セルフカバー
<Premium Tracks>
16 君が欲しくてたまらない〜WANDS Version〜 上杉昇 織田哲郎 葉山たけし 未発表音源 ZYYGへの歌詞提供曲 セルフカバー
17 寂しさは秋の色〜LIVE ACOUSTIC Version〜
(94.6.24 中野サンプラザより)
上杉昇 栗林誠一郎   未発表音源 1stシングルのライブバージョン(アコースティック)

1期=1、17(ただしライブ時は既に2期) 3期=9、11 2期=他全部

リリースデータ

2002年8月25日
2012年9月26日
初登場79位、最高47位 売上1.4万枚 Produced by DAIKOH NAGATO B-Gram Records

メンバー

Vocal 上杉昇(1期〜2期)
Guitar 柴崎浩(1期〜2期)
Keyboards 大島康祐(1期)
Keyboards 木村真也(2期〜3期)
Vocal 和久二郎(3期)
Guitar 杉元一生(3期)

WANDS4thベストアルバム。『at the BEING studio』シリーズ第2弾。3rd〜11thシングル、3期の12th、14thシングル、アルバム曲の「DON'T TRY SO HARD」、そしてセルフカバー3曲を収録。プレミアムトラックとしてZYYGの「君が欲しくてたまらない」のセルフカバー、「寂しさは秋の色」のライブバージョンが初収録されている。スリーブケース入り仕様で、ライナーノーツが封入されている。文章には問題ないが取材担当者に不備があるらしく、全ての情報が正確かどうかは不明。2012年には1680円の廉価盤として期間限定再発され、この際はスリーブケースが無くなっている。

今作の特徴
・「君が欲しくてたまらない」がWANDSバージョンで初収録
・「寂しさは秋の色」がアコースティックアレンジのライブバージョンで初公開
・王道の選曲が並ぶ中、長戸大幸の意向で収録されたという「DON'T TRY SO HARD」はベスト初登場

シングル曲のチョイスは『BEST OF WANDS HISTORY』と同じ。加えて今作には歌詞提供の「このまま君だけを奪い去りたい」や「声にならないほどに愛しい」セルフカバーが入っていたりもするけど、ベスト盤に入るような曲とはあまり思っていなかった「DON'T TRY SO HARD」が最も意外な選曲。3期が錆びついたマシンガンで今を撃ち抜いた直後に、"これ以上このこめかみを撃ち抜かないで"と歌う2期ラストの「WORST CRIME」が来たり、「このまま君だけを奪い去りたい」と「世界中の誰よりきっと」の間に激重な「Same Side」を挟んで来たりと曲順はかなり唐突な部分が気になるものの選曲自体は悪くない。

初収録の「君が欲しくてたまらない」はライナーノーツによると『Little bit...』への収録を悩みに悩んで結局外したと言うがZYYGバージョンのダイナミックさと違った魅力が出ている。当時既にC/Wになっていた「声にならないほど愛しい」をアルバムに入れるなら是非こっちを入れておいて欲しかったものである。まあ初めてWANDSを聞く人は買って損なし。初めてWANDSを聞くならこれか「BEST OF WANDS HISTORY」が決定盤になると思う。

complete of WANDS at the BEING studio   complete of WANDS at the BEING studio(期間限定スペシャルプライス盤) 2012廉価再発

印象度★★★★★

2015.10修正

戻る