THE BEATLES 1962-1966

DISC-1
No タイトル 作詞作曲 備考 本国イギリス基準(解散後のシングル化は除く)
1 Love Me Do
ラヴ・ミー・ドゥ
Lennon/McCartney 1stシングル、1stアルバム『Please Please Me』収録曲 モノラル
ドラムをアンディ・ホワイト担当バージョン
2 Please Please Me
プリーズ・プリーズ・ミー
Lennon/McCartney 2ndシングル、1stアルバム『Please Please Me』収録曲 モノラル
3 From Me To You
フロム・ミー・トゥ・ユー
Lennon/McCartney 3rdシングル モノラル
4 She Loves You
シー・ラヴズ・ユー
Lennon/McCartney 4thシングル モノラル
5 I Want To Hold Your Hand
抱きしめたい
Lennon/McCartney 5thシングル
6 All My Loving
オール・マイ・ラヴィング
Lennon/McCartney 2ndアルバム『With the Beatles』収録曲
7 Can't Buy Me Love
キャント・バイ・ミー・ラヴ
Lennon/McCartney 6thシングル、3rdアルバム『A Hard Day's Night』収録曲
8 A Hard Day's Night
ハード・デイズ・ナイト
Lennon/McCartney 7thシングル、3rdアルバム『A Hard Day's Night』収録曲
9 And I Love Her
アンド・アイ・ラヴ・ハー
Lennon/McCartney 3rdアルバム『A Hard Day's Night』収録曲
10 Eight Days A Week
エイト・デイズ・ア・ウィーク
Lennon/McCartney 4thアルバム『Beatles For Sale』収録曲
11 I Feel Fine
アイ・フィール・ファイン
Lennon/McCartney 8thシングル
12 Ticket To Ride
涙の乗車券
Lennon/McCartney 9thシングル、5thアルバム『Help!』収録曲
13 Yesterday
イエスタデイ
Lennon/McCartney 5thアルバム『Help!』収録曲

 

DISC-2
No タイトル 作詞作曲 備考 本国イギリス基準(解散後のシングル化は除く)
1 Help!
ヘルプ
Lennon/McCartney 10thシングル、5thアルバム『Help!』収録曲
2 You've Got To Hide Your Love Away
悲しみはぶっとばせ
Lennon/McCartney 5thアルバム『Help!』収録曲
3 We Can Work It Out
恋を抱きしめよう
Lennon/McCartney 11thシングル
4 Day Tripper
デイ・トリッパー
Lennon/McCartney 11thシングル両A面曲
5 Drive My Car
ドライヴ・マイ・カー
Lennon/McCartney 6thアルバム『Rubber Soul』収録曲
6 Norwegian Wood(This Bird Has Flown)
ノーウェジアン・ウッド(ノルウェーの森)
Lennon/McCartney 6thアルバム『Rubber Soul』収録曲
7 Nowhere Man
ひとりぼっちのあいつ
Lennon/McCartney 6thアルバム『Rubber Soul』収録曲
8 Michelle
ミッシェル
Lennon/McCartney 6thアルバム『Rubber Soul』収録曲
9 In My Life
イン・マイ・ライフ
Lennon/McCartney 6thアルバム『Rubber Soul』収録曲
10 Girl
ガール
Lennon/McCartney 6thアルバム『Rubber Soul』収録曲
11 Paperback Writer
ペイパーバック・ライター
Lennon/McCartney 12thシングル
12 Eleanor Rigby
エリナー・リグビー
Lennon/McCartney 13thシングル
13 Yellow Submarine
イエロー・サブマリン
Lennon/McCartney 13thシングル両A面曲、7thアルバム『Revolver』収録曲
10thアルバム『Yellow Submarine』収録曲

リリースデータ

1973年5月20日(LP)
1973年5月20日(CT)
1978年11月5日(LP)
1993年9月20日(初CD化・リマスター)
1998年3月11日(93年盤再発/解説一新)
2007年10月31日(限定再発)
2010年10月18日(09年リマスター音源再発/解説一新)
2011年1月12日(2010年盤通常盤)
2011年12月14日(2010年盤限定再発)
2013年11月6日(2010年盤再発)
2014年6月25日(2010年盤限定再発)
2014年12月17日(2010年盤紙ジャケSHM-CD)
2017年12月6日(2014年紙ジャケSHM-CD再発)
2019年10月2日(2010年盤限定再発)
最高1位
最高42位
最高42位
初登場3位
初登場98位
初登場247位、最高208位
初登場4位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場70位
初登場220位
最高113位
売上54.5万枚
売上0.2万枚
売上0.3万枚
売上28.9万枚
売上0.3万枚
売上0.4万枚
売上7.6万枚
-
-
-
-
売上0.16万枚
売上0.03万枚
売上0.2万枚
Produced by George Martin アップルレコード
東芝EMI
EMIミュージック
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

THE BEALTLES公式前期ベストアルバム。通称「赤盤」。事実上解散となってから3年、海賊版ベストが市場を荒らしていたため、公式ベストとして前後期に分けた2作同時発売となった。ジャケットデザインが赤と青だったため、正式なタイトルは『THE BEATLES 1962-1966』『THE BEATLES 1967-1970』だが、通称「赤盤」「青盤」(「The Red Album」「The Blue Album」)として親しまれた。発売当時ジョージ・ハリスンが選曲したとされ、長らくジョージ・ハリスン選曲として認知されていたが後年になるにつれ選曲者の情報が曖昧になっており、現在は公式のライナーでもかつてはジョージ・ハリスン選曲と言われていたが正確に公表されていないので不明というような書き方に変わっている(当時のマネージャーであるアラン・クレインの選曲という説もあるが公式ライナーでは言及されていない)。

1987年に本国イギリス準拠でのオリジナルアルバム12作のCD化+『Magical Mystery Tour』のアメリカ盤公式昇格+『Past Masters』により、現役時代の公式音源が全てCD化されたが、今作はその6年後となる1993年に初CD化となった。この際は87年音源ではなく新規に93年リマスターが施された。冒頭4曲はモノラル音源、以降はステレオ音源となっているが、09年リマスター盤が発売されるまで1st〜4thアルバムはモノラル仕様でしかCD化されていなかったため、長らく2nd〜4thのアルバム曲は今作でのみステレオ音源が聞ける状態が続いた。

1998年再発盤は音源は93年のままだが日本語解説が一新されている。

2009年のオリジナルアルバム12作のCD化+『Magical Mystery Tour』のアメリカ盤公式昇格+『Past Masters』の一斉リマスターに続いて、2010年には今作もリマスター再発された。これは新規リマスターではなく、2009年のリマスター音源を使用している。日本未発売の輸入盤では赤盤と青盤をセットにした4枚組仕様のバージョンも流通した。2010年リマスター盤は当初期間限定盤がデジパック仕様廉価設定となっていたため、価格を元に戻して2011年に再発された。以降も何かあるたびに品番を改めて再発したり、SHM-CDにしたり、紙ジャケSHM-CDにしたりと、パッケージや価格を変えて何度も再発しているため、リマスター盤だけで大量の品番が存在する。

今作以降は『THE BEATLES 1』、アメリカ編集での当時のアルバムを復刻したアメリカ盤CD-BOX、同様に日本独自編集での当時のアルバムを復刻した日本盤CD-BOXが発売されたがこれらにも2009リマスター音源が使用された。

 

ビートルズと言えばまずは赤盤と青盤というくらい定番になっているので、初心者の入り口には最適な1作。シングルを中心に有名曲は網羅されており、曲名を知らなくてもどこかで聞いた事のあるスタンダードナンバーがたくさん入っている。2トラック録音やモノラルの時代からスタートしている音源はもはや古典ともいえるシンプルなものだが、現代の日本でもタイトルをビートルズの曲名から引用したり、ベスト盤を出すときに赤と青で出したりとビートルズの影響を受けているミュージシャンは数多い。この頃はライブ活動を行っていたためかシンプルな演奏が多く、勢いがある。2枚組だがこの頃の曲は2,3分で短いものが多く、2枚とも30分程度、合計60分程度とかなり聞きやすいボリュームもあって一気に聞き通せるのも魅力だ。

1962~1966【期間限定価格】 2010年2009リマスター期間限定生産デジパック盤    ザ・ビートルズ 1962年~1966年2019年再発盤(2009リマスター)

印象度★★★★★

戻る