SPEED POP

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 SPEED POP(introduction)   佐久間正英 佐久間正英 インスト
2 HAPPY SWING TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
3 彼女の“Modern…” TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 3rdシングル 最高45位 売上2.1万枚
4 ずっと2人で… TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 5thシングル(カット) 最高34位 売上4.0万枚
アウトロがフェードアウトする
5 LOVE SLAVE TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
6 REGRET TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 4thシングルC/W
7 INNOCENCE TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 3rdシングルC/W
8 Freeze My Love TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 4thシングル 最高19位 売上7.2万枚
9 真夏の扉 TAKURO TAKURO GLAY/土屋昌巳 2ndシングル 最高24位 売上4.3万枚
10 Life〜遠い空の下で〜 TAKURO TAKURO GLAY/土屋昌巳 2ndシングルC/W
11 JUNK ART TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
12 RAIN YOSHIKI YOSHIKI/TAKURO YOSHIKI 1stシングル 最高26位 売上10.1万枚
シングルにあった冒頭の雨の音はカット

リリースデータ

1995年3月1日
2001年2月7日
2003年3月5日
初登場8位 売上32.0万枚 Produced by 佐久間正英、土屋昌巳(9,10)、YOSHIKI(12) PLATINUM RECORDS(ポリドール)
エクスタシーレコード
東芝EMI

メンバー

Electric and Acoustic Guitar TAKURO
Electric and Acoustic Guitar HISASHI
Electric Bass JIRO
Vocal TERU
Drums NOBUMASA(参加音源なし)

GLAY1stアルバム。インディーズでの前作『灰とダイヤモンド』と同日の94年5月25日に「RAIN」でメジャーデビュー。ここまでの4シングルをC/W含めて全曲収録(1stはC/Wなし)。「RAIN」は冒頭の雨の音がカットされた。「ずっと2人で…」は5thシングルとしてシングルカットされた。今作ではアウトロがフェードアウトで終わっているが、シングルでは最後まで演奏されており、以降のベスト盤では全てシングルバージョンが採用されている。1stシングルはX JAPANのYOSHIKI、2ndシングルで土屋昌巳がプロデュースを手がけたが3rdシングルでは佐久間正英がプロデューサーとなり、そのまま佐久間正英が継続してプロデューサーとなった。

AKIRA脱退後は新たなドラマーとしてNOBUMASAが加入。普通にジャケ写やブックレットにもNOBUMASAが映っていてドラムのメンバーとしてクレジットされているが、今作のレコーディングには不参加でこのアルバム発売直後に脱退した。このためNOBUMASAがレコーディングに参加した音源は1曲も無い。今作では「真夏の扉」「Life〜遠い空の下で〜」を前ドラマーのAKIRA、それ以外はそうる透と湊雅史がサポートでドラムを担当した。AKIRA、NOBUMASA以前にもドラマーは固定せずにすぐに脱退してしまっており、ドラムのメンバーが固定しない状態が長く続いたためか、そのままドラマー不在でGLAYの正式メンバーは4人で固定となった。01年にエクスタシーレコードで再発、03年には東芝EMIで再発されている。発売20周年を迎えた2015年にはリミックス&リマスターで『SPEED POP Anthology』がリリースされている。

当時はヴィジュアル系ロックバンドに近い風貌をしていてメイクが濃いめでTERUは長髪といういかにもな姿をしていた。ただかなり尖った印象の見た目に反して、内容はかなり優等生的というかブレイク以降に繋がっていくいい歌詞にいいメロディーを前提としたJ-POPなロックバンドの作風となっている。公式FC名にもなった「HAPPY SWING」やヒットはしなかったが盛り上げナンバーの代表作の1つにしてプロデューサー佐久間正英との始まりにもなった「彼女の“Modern…”」、90年代後半以降しばらくカラオケランキングの常連となった「ずっと2人で…」など長く愛される曲が早くも生まれているのも特筆すべき点だと思う。一方C/Wまで収録したためアルバムオリジナル曲が少なく、前述のような後々まで残った曲とそうでもないけっこう普通な曲との落差がやや激しい事もあり、今に通じていくGLAYを感じられる1作ではあるが、さすがにまだまだ伸びしろがあるというか、まとまらずにごちゃごちゃした印象もある。加えて主要な曲がほとんどベスト盤に収録されてしまっているため、後追いで改めて今作を聞く事もあまりない。

SPEED POP      SPEED POP01年再発盤  SPEED POP03年再発盤

印象度★★★☆☆

2018.9.28修正

戻る