いつも何処かで

DISC 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 若い広場 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 5thアルバム『がらくた』収録曲
2 いつか何処かで(I FEEL THE ECHO) 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史 with 桑田佳祐,藤井丈司 2ndシングル 最高2位 売上26.4万枚
3 波乗りジョニー 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 6thシングル 最高1位 売上111.1万枚
4 ほととぎす[杜鵑草] 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 5thアルバム『がらくた』収録曲
5 明日へのマーチ 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 14thシングル3A面1曲目 最高2位 売上14.4万枚
6 可愛いミーナ 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 8thシングル『東京』C/W
7 悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE) 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史 with 桑田佳祐,藤井丈司 1stシングル 最高2位 売上34.9万枚
8 JOURNEY 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 2ndアルバム『孤独の太陽』収録曲
9 Soulコブラツイスト〜魂の悶絶 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 3rd配信シングル、1stEP『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』収録曲
10 君にサヨナラを 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 12thシングル 最高1位 売上10.9万枚
11 MERRY X'MAS IN SUMMER 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND KUWATA BAND 3rdシングル(2nd同発) 最高3位 売上31.5万枚
12 風の詩を聴かせて 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 10thシングル 最高1位 売上18.3万枚
13 SMILE〜晴れ渡る空のように〜 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 1st配信シングル、1stEP『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』収録曲
14 平和の街 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 新曲
15 DEAR MY FRIEND 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 ライブDVD+CD『桑田さんのお仕事 07/08〜魅惑のAVマリアージュ〜』収録曲
16 NUMBER WONDA GIRL〜恋するワンダ〜 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 10thシングルC/W
17 誰かの風の跡 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史 with 桑田佳祐,藤井丈司 1stアルバム『Keisuke Kuwata』収録曲

弦編曲:片山敦夫(1)、島健(3,6)、佐橋佳幸(10)、斎藤ネコ(15)
管編曲:山本拓夫(3)
弦・管編曲:片山敦夫(9)

DISC 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 時代遅れのRock'n'Roll Band
feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎
桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 2022/5/23配信シングル 初CD化
2 明日晴れるかな 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 9thシングル 最高1位 売上36.6万枚
3 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 2ndアルバム『孤独の太陽』収録曲
4 Yin Yang 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 16thシングル 最高3位 売上9.9万枚
5 銀河の星屑 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 4thアルバム『MUSICMAN』収録曲
6 ダーリン 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 11thシングル 最高1位 売上14.4万枚
7 BAN BAN BAN 桑田佳祐 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND 1stシングル 最高3位 売上45.1万枚
8 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 4thシングル 最高4位 売上34.9万枚
9 炎の聖歌隊[Choir] 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 2nd配信シングル、1stEP『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』収録曲
10 ヨシ子さん 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 17thシングル 最高2位 売上13.1万枚
11 現代東京奇譚 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 11thシングルC/W
12 100万年の幸せ!! さくらももこ 桑田佳祐 桑田佳祐 3rdベスト『I LOVE YOU-now&forever-』収録曲
13 ROCK AND ROLL HERO 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&
THE BALDING COMPANY
3rdアルバム『ROCK AND ROLL HERO』収録曲
14 それ行けベイビー!! 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 4thアルバム『MUSICMAN』収録曲
15 白い恋人達 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 7thシングル 最高1位 売上123.1万枚
16 EALRY IN THE MORNING〜旅立ちの朝〜 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 13thシングルC/W、4thアルバム『MUSICMAN』収録曲
17 傷だらけの天使 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 4thアルバム『MUSICMAN』収録曲
18 なぎさホテル 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 新曲

弦・管編曲:島健(2,15)、斎藤ネコ(11)
弦編曲:桑田佳祐&片山敦夫(6)
管編曲:桑田佳祐&山本拓夫(6)、山本拓夫(13)
英語補作詞:TOMMY SNYDER(13)

リリースデータ

2022年11月23日 初登場1位 売上23.5万枚 ビクター

桑田佳祐4thベストアルバム。1987年のソロデビューから35周年を記念して1992年『フロム イエスタデイ』、2002年『TOP OF THE POPS』、2012年『I LOVE YOU-now&forever-』ときっかり10年おき4度目のベスト盤。今回はストレートに"Best Album"と銘打たれている。前ベストではKUWATA BANDの楽曲は対象外となったが今作では再度対象となっているため、厳密には35周年の起点となるソロデビュー1987年ではなくその前のKUWATA BANDで活動していた1986年以降からの選曲となっている。前3作と異なり、対象となっている時期のシングルを網羅する形ではなく今作はシングル全ては選曲されていない桑田佳祐&The Pin Boys名義での「レッツゴーボウリング」「悲しきプロボウラー」は未収録のまで、5月に配信リリースされた「時代遅れのRock'n'Roll Band feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎」と新曲2曲がアルバム初収録。また「DEAR MY FRIEND」は2008年にリリースされたライブDVDと2007年のシングル収録曲をまとめたCDの2枚組『桑田さんのお仕事 07/08〜魅惑のAVマリアージュ〜』CD収録曲で同作唯一の初収録の新曲だった楽曲。このためCDメインの作品には初収録となる。「NUMBER WONDA GIRL〜恋するワンダ〜」も『桑田さんのお仕事 07/08〜魅惑のAVマリアージュ〜』には収録されていたがCDメインのアルバムには初収録となる。

完全生産限定盤A,B,C,DTシャツ付でA〜Dでサイズ違いS、M、L、XLとなっている。通常盤とCDケースが異なり、スリーブ&紙ケース仕様
通常盤はCDのみ。初回盤と異なり、こちらは前ベスト『I LOVE YOU-now&forever-』と同様のDUOケース仕様

KUWATA BANDの2曲には編曲以外にKUWATA BAND名義である表記は一切ないがこれは『TOP OF THE POPS』でも同様。しかし今作はブックレットに1曲ごと全曲の演奏クレジットと録音ミックスエンジニアの表記があるが、KUWATA BANDの2曲のみ演奏クレジットが完全カットされ録音ミックスの今井邦彦しか表記されていない。「時代遅れのRock'n'Roll Band」は普通に演奏者を明かしており、ゲスト4人はMVではギターを弾いていたが、実際の演奏参加はCharのエレキギターのみ(斎藤誠と桑田もエレキを弾いているのでChar単独ではない)で残りは桑田サイドのいつもの制作陣で、佐野、世良、野口の3人はボーカルコーラスのみの参加だった事が正式に明らかとなった。MVで演奏していたリズム隊2人(ハマオカモト、大友康平)はMVのみの参加であり、実際にはベースも桑田、ドラムは打ち込み。MVに出ていた原由子はエレクトリックピアノでレコーディングにも参加している。

特にリマスターと宣伝されていないが、初参加の吉良武男によるリマスターが施されている模様。しかし一部楽曲に過去のマスタリング担当者が表記されており、一部楽曲は新規にリマスターを行わずに過去のマスタリング音源をそのまま収録していると思われる。

TED JENSEN
「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」「銀河の星屑」「傷だらけの天使」
=『I LOVE YOU-now&forever-』リマスター音源、「傷だらけの天使」は『MUSICMAN』音源そのまま

Hakkaman
「若い広場」「ほととぎす[杜鵑草]
=『がらくた』音源そのまま

宮本茂男
「JOURNEY」
=『TOP OF THE POPS』リマスター音源

吉良武男
→それ以外全曲
=初めて登場した人物なので新規リマスター。

読み解くとたぶんこんな感じ。厳密には「銀河の星屑」は『I LOVE YOU-now&forever-』『MUSICMAN』どちらか不明、「JOURNEY」も2001年リマスター盤『孤独の太陽』の可能性はあるが、それ以外はその時その担当者で1回限りなので間違いないだろう。Ted Jensenでも早10年前だが「JOURNEY」は20年前のマスタリング音源という事に…。ひとまず吉良氏に全部リマスターしてもらって実際に聞いてみて前の方がいいと感じたものは前の音源を採用したみたいな感じか?

今回はシングル網羅ではなく抜粋となっており、前回のような趣味で20分近くある文学メドレーをぶち込んで4,5曲分を圧迫するような事はしていないものの、2枚とも恐怖の80分越え。特にDISC-1は81分22秒に達しており、CD容量限界突破状態であり全く余裕はない。「スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)」「ONE DAY」「クリといつまでも」「奇跡の地球」「真夜中のダンディー」「祭りのあと」「東京」「本当は怖い愛とロマンス」「Let's try again〜kuwata keisuke ver.〜」「ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜」「涙をぶっとばせ!!」「おいしい秘密」「君への手紙」「レッツゴーボウリング」「悲しきプロボウラー」が未収録。けっこう多いが2枚組ではもうどうにもならない。このうち「ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜」「涙をぶっとばせ!!」「おいしい秘密」「レッツゴーボウリング」「悲しきプロボウラー」はアルバム未収録のままだ。

C/Wやアルバムからの新たな選曲が多いのかと思えば、発売以降3連続ベスト皆勤「可愛いミーナ」を筆頭に、「現代東京奇譚」とか「銀河の星屑」とか「ROCK AND ROLL HERO」とか連続収録した曲もあって桑田さんが相当お好きなんだな…と。前ベストからの連続収録以外にも「JOURNEY」「誰かの風の跡」「鏡」と『TOP OF THE POPS』からの復活収録もあったりする。なんか個人的にこれはマストだろうという曲ばかりいなくなり、これはもういいだろとか復活させるほどではないだろうという曲ばかりことごとく収録されているような感じが…。いや「可愛いミーナ」いい曲だけどさ、王道だし。なんかサザンでも王道ポップで桑田さんが嫌っているのか明らかに意図的にベスト盤に収録されない曲が出てくるけど、ソロでも同様で、同じような王道なのに桑田さんが嫌いな曲と好きな曲の差がマジで分からん…。「夏の日の少年」とか1回も選ばれないし、「月」を選んで「真夜中のダンディー」「祭りのあと」を選ばないとか、『めざましテレビ』側が断れないような立場からシャレが分かってもらえるはずとか言ってひっでぇエロ曲に仕上げた「EALRY IN THE MORNING〜旅立ちの朝〜」を選んでしまうとか、時を経てやはり朝の情報番組にコレは申し訳なかった…調子乗ってすんませんでした…くらいの気持ちも持ち合わせていなさそうでちょっとなぁ…。ユーミンのようにリクエストスタイルにすれば被りまくりでも仕方ないねになったかもしれないけど、今作はちょっと選曲が出た段階では35周年のベストアルバムとしてもあまり魅力的には感じられなかった。「平和の街」「DEAR MY FRIEND」「時代遅れのRock'n'Roll Band」「なぎさホテル」を聞く用という形で割り切り、あまり今後も長く聞いていくベスト盤にはならないかもしれないなと。

あと『フロム イエスタデイ』は当時曲数が無かったというのもあって収録されているけど、『TOP OF THE POPS』にも今作にもKUWATA BANDのアルバム『NIPPON NO ROCK BAND』から1曲も選ばなかったり、今作で「真夜中のダンディー」「祭りのあと」「東京」といったシングル、『ROCK AND ROLL HERO』から『I LOVE YOU-now&forever-』に続いて表題曲だけ…と憧れの洋楽ロックへの思いを日本のロックとして表現する事を試みたような時期の楽曲群は集中的に回避。『NIPPON NO ROCK BAND』はシングルヒット曲の収録を外して、全英語詞で攻めたロックアルバムだったし、シングル「東京」、『ROCK AND ROLL HERO』も前年の「波乗りジョニー」「白い恋人たち」のミリオンヒットの流れを断ち切ってあえてTHE BALDING COMPANYと名付けたロックバンド編成で挑んだ作品群。いずれも当時それなりにこだわりと信念を持ってサザンオールスターズではない新バンドを結成して桑田佳祐なりのロックサウンドに挑んだ作品だったものの、年齢を重ねた今の桑田佳祐にとってあの2つの時期のロックへの挑戦はあまりここで選曲する気にならないようなそんな記憶になっているのかなとは思った。

今作には36年の桑田佳祐のポップスシンガーとしての魅力はそれなりに網羅されているのかなとは思う。『I LOVE YOU-now&forever-』は完全に時系列で、『フロム イエスタデイ』と『TOP OF THE POPS』は時系列ではないがある程度固まって収録されていたが今作は色々な時代の楽曲が完全にバラバラになった曲順になっている。2枚ともヒット曲やそれと真逆の比較的地味なあまりベストっぽくない曲が程よくブレンドされていて全く偏りが無く、自然な流れで聞いていくことができる。色々な側面を見せながら飽きさせない構成はこれまでのベスト盤とは異なる傾向だと思う。なので聞き終えた時に「真夜中のダンディー」「祭りのあと」なんかが無いのがさほど気にならないというか思い返すとやはり入れてほしかったとは思うんだけど、物足りない感覚はほとんどない

そんなわけで『TOP OF THE POPS』『I LOVE YOU-now&forever-』の方が好きかなという感じではあるものの実際に聞いてみると思ったよりは良かった

新曲2曲はどちらも打ち込みで「時代遅れのRock'n'Roll Band」含めて新たに収録された3曲はベースドラムのサポート無し。ここのところ片山敦夫を共同アレンジに招いて、片山敦夫がシンセ(シンセベースも)、角谷仁宣がプログラミングという片山・角谷ラインの鉄壁のラインナップで生演奏を起用しない曲がちょっと増えてきたけど、最近でも打ち込みの「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」よりも生演奏の「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」、古くは「ダーリン」みたいな豪華生演奏感がある曲の方がやはり聞いていて編曲がいいよなぁ…とは思ってしまうんだよな。なお「なぎさホテル」では原由子のアルバムで全面参加した流れで久々に復帰したと思われる曽我淳一が参加。一時期曽我淳一が多用された時期では片山・角谷コンビの仕事(鍵盤・シンセとプログラミング)を曽我淳一は1人で行っていたが、「なぎさホテル」では角谷仁宣の仕事を曽我淳一が担当するような形になっていて片山・曽我コンビが爆誕。新たなパターンになるのか。

B0BCVBQMG6完全生産限定盤A(TシャツS) B0BCV1LP82完全生産限定盤B(TシャツM) B0BCTWGTKV完全生産限定盤C(TシャツL) B0BCVL2KCF完全生産限定盤D(TシャツXL)

B0BCVHN6XQ通常盤 

印象度★★★★☆

2022.12.18更新

戻る