今が思い出になるまで

No No No No No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
A B 配=配信限定CompleteEdition、初=初回生産限定盤、A=初回仕様限定盤Type-A、B=初回仕様限定盤Type-B、通=通常盤
1 1 1 1 1 ありがちな恋愛 秋元康 杉山勝彦 野中“まさ”雄一 共通新曲 選抜曲
2 2 2 2 2 逃げ水 秋元康 谷村庸平 谷村庸平 18thシングル 最高1位 売上106.7万枚
3 3 3 3 3 いつかできるから今日できる 秋元康 Akira Sunset、京田誠一 京田誠一、Akira Sunset 19thシングル 最高1位 売上110.7万枚
4 4 4 4 4 シンクロニシティ 秋元康 シライシ紗トリ シライシ紗トリ 20thシングル 最高1位 売上131.6万枚
5 5 5 5 5 ジコチューで行こう! 秋元康 ナスカ 野中“まさ”雄一 21stシングル 最高1位 売上132.9万枚
6 6 6 6 6 帰り道は遠回りしたくなる 秋元康 渡邉俊彦 渡邉俊彦、早川博隆 22ndシングル 最高1位 売上136.6万枚
7 7 7 7 7 アンダー 秋元康 白土亨 遠藤ナオキ 18thシングルType-BのみC/W
アンダーアルバム『僕だけの君』収録曲 アンダー曲
8 8 8 8 8 My rule 秋元康 藤田卓也 藤田卓也 19thシングルType-CのみC/W
アンダーアルバム『僕だけの君』収録曲 アンダー曲
9 9 9 9 9 新しい世界 秋元康 古川貴浩 古川貴浩 20thシングルType-BのみC/W アンダー曲
10 10 10 10 10 三角の空き地 秋元康 Hiroki Sagawa/Yasutaka.Ishio Yasutaka.Ishio 21stシングルType-AのみC/W アンダー曲
11 11 11 11 11 日常 秋元康 Akira Sunset、野口大志 Akira Sunset、野口大志 22ndシングルType-BのみC/W アンダー曲
12 12       もし君がいなければ 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、有木竜郎 初回生産限定盤のみ新曲 衛藤美彩ソロ曲
13 13       キスの手裏剣 秋元康 山田智和 住谷翔平 初回生産限定盤のみ新曲 4期生曲
14 14       Against 秋元康 古川貴浩 古川貴浩 20thシングルC/W 1期生曲
15 15       つづく 秋元康 若田部誠 若田部誠 22ndシングルType-AのみC/W 西野七瀬ソロ曲
16   12     頬杖をついては眠れない 秋元康 Super Mahirock Huge M Type-Aのみ新曲
17   13     ぼっち党 秋元康 庄司裕 庄司裕 Type-Aのみ新曲
18   14     僕の衝動 秋元康 石井伸昂 石井伸昂 19thシングルType-DのみC/W 3期生曲
19   15     スカウトマン 秋元康 SaSA SaSA 20thシングルType-CのみC/W 2期生曲
20     12   さゆりんご募集中 秋元康 浦島健太、菊池博人 浦島健太、菊池博人 Type-Bのみ新曲
21     13   ゴルゴンゾーラ 秋元康 BASEMINT BASEMINT Type-Bのみ新曲
22     14   トキトキメキメキ 秋元康 中山聡、足立優 中山聡、足立優 20thシングルType-DのみC/W 3期生曲
23     15   未来の答え 秋元康 板垣祐介 板垣祐介 18thシングルType-DのみC/W 3期生曲
24       12 もうすぐ〜ザンビ伝説〜 秋元康 渡辺剛 渡辺剛 通常盤のみ新曲
25       13 キャラバンは眠らない 秋元康 CottON CottON 22ndシングルC/W
26       14 ライブ神 秋元康 SaSA SaSA 18thシングルType-CのみC/W 2期生曲
27       15 自分じゃない感じ 秋元康 ツキダタダシ ツキダタダシ 21stシングルType-BのみC/W 3期生曲

初回生産限定盤のみBlu-ray
Last Songs

初回仕様限定盤Type-AのみBlu-ray
真夏の全国ツアー2018"ジコチュープロデュース"福岡編・大阪編

初回仕様限定盤Type-BのみBlu-ray
真夏の全国ツアー2018"ジコチュープロデュース"愛知編・宮城編

リリースデータ

2019年4月17日 初登場1位 売上51.4万枚 Total Produce:秋元康 Sony Records

メンバー

1期生 秋元真夏、生田絵梨花、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、樋口日奈、星野みなみ、松村沙友理、和田まあや
2期生 伊藤かりん、伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山ア怜奈、渡辺みり愛
3期生 伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希
4期生 遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒
 
元メンバー 生駒里奈、伊藤万理華、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、中元日芽香、西野七瀬、能條愛未、若月佑美、相楽伊織

乃木坂46、4thアルバム。1年11ヶ月ぶりのオリジナルアルバム。アンダーアルバム『僕だけの君』からは1年3ヵ月ぶり。前作以降のシングル表題5曲、C/Wからアンダー5曲、その他C/Wから9曲、新曲8曲を収録。シングル表題5曲、アンダー5曲と新曲「ありがちな恋愛」の1〜11曲目は全種共通収録で、C/W9曲と残りの新曲7曲は4種の12〜15曲目に分散収録されている。『僕だけの君』に先に収録されていた「アンダー」「My rule」はそのままもう1度収録された。配信限定のComplete Edition(圧縮・ハイレゾ)では全27曲が揃っている

前作以降で生駒里奈、伊藤万理華、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、中元日芽香、西野七瀬、能條愛未、若月佑美、相楽伊織が卒業。このうち伊藤万理華、中元日芽香は2017年で卒業したため、2018年以降卒業という括りの初回BD「Last Songs」では取り上げられていない。ただし2人のラストライブは『真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME』であり既に発売済み。

卒業したメンバーは各自芸能活動を継続しているが、中元のみは芸能界を引退した。ただし事務所には残留しており、カウンセラーとしての活動を開始して公式サイトをオープンしたため、近影は公式に公開されており、完全に一般人になったわけではない。川村は韓国のグループ"Z-GIRLS"のメンバーとして再デビューした。斎藤ちはるは19年4月よりテレビ朝日のアナウンサーとして採用され、『モーニングショー』に毎朝レギュラー出演している。

衛藤美彩は3月にソロコンサートを行い卒業という扱い(4月になった途端に交際報道が出たが相手も4月になってグループを卒業したので正式に交際を申し込んだ、と説明)となっているが、今作には最後となるソロでの新曲が収録されていてフォトブックでもメンバーとして取り上げられている。ただし本来参加しているはずの22ndシングル選抜メンバーによる新曲「ありがちな恋愛」には参加しておらず、新曲にはソロ曲のみの参加。また斉藤優里、伊藤かりんが既に卒業を表明しており、最終参加作品となる(2人ともユニット曲での新曲に参加していてそれが最終参加曲)。

4期生はまだ楽曲参加はしていなかったため、「キスの手裏剣」が4期生初参加楽曲となる。参加曲はこの1曲のみ。各特典Blu-rayは加入前の映像なので出てこない。

シングルに続いて今作よりBlu-ray付属へ移行した。シングル同様にDVD付属での発売はいきなり無くなった
初回生産限定盤は2018年以降に卒業した生駒里奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、西野七瀬、能條愛未、若月佑美、相楽伊織それぞれのラストライブの模様を1〜5曲ずつ収録したライブBlu-ray『Last Songs』付。これまで同様に初回生産限定盤のみパッケージがDVDサイズのパッケージで、スリーブケース入り、フォトブック付属仕様(フォトブックもこれのみDVDサイズ)。
Type-Aは「真夏の全国ツアー2018」で行われた各メンバーがそれぞれ歌唱メンバーの指定も含めてやりたい曲をセルフプロデュースで披露した"ジコチュープロデュース"企画の福岡・大阪公演の分を8曲ずつ16曲収録したBlu-ray付。
Type-B
は同じく愛知・宮城公演の分を8曲、9曲の17曲収録したBlu-ray付。やはりこれまで同様にA,BはCDサイズのスリーブケース仕様、フォトブック付属。

 

今作には全員曲が無いがそれどころかアンダーの新曲も無い。また新曲8曲とこれまでより新曲数が減った(1stと同じ)が、タイプ数が前作と同じなのでどうしても内容が薄くなった感は否めない(前作から1種1曲ずつ4曲新曲を減らした構成)。リード曲の「ありがちな恋愛」は選抜曲でこれまで通りに最新シングルの選抜メンバーから卒業メンバーを除いた編成(衛藤・西野・若月が抜けている)扱いで、これと初の4期生曲以外の残り6曲はユニット曲。当然これだけでは全メンバーをカバーできないので、アルバム制作にあたって新曲レコーディングに呼ばれずにフォトブックの撮影しかしていないメンバーがアンダー中心に出てしまう…という初の事態となった。もう放っておいてもある程度売れるので省エネモードに突入してしまったのかこれは率直に残念だ。

一方でアンダーを除くC/W枠は若手選抜だった「キャラバンは眠らない」と西野ソロ「つづく」を例外として、残り全部は期生曲のみコンプリート。新曲がユニット曲ばかりなので、期生曲だけピックアップして参加曲のバランスを取ったのか理由は分からないが、かなり意図的にそうしたものと思われる。

適度なバラエティ感はあっていいにはいいんだけど、どうにもこうにもこれまで以上に残る曲は少なくなってきた。リード曲の「ありがちな恋愛」もいいにはいいし、いかにも乃木坂46っぽい感じなんだけど、過去の提供曲から評判のいい杉山勝彦、そして"○○っぽい"アレンジをさらっと仕上げてしまうのに長けている野中“まさ”雄一という両名の起用も完全に置きに来ている感じで期待通りではあっても期待以上にはどうしてももうならない。ユニット曲もユニークなものが多くて面白いが、ただでさえ面倒な複数商法が展開している前作のフォーマットをそのまま薄めただけなので物足りなさは残る。良くも悪くも組織が大きくなりすぎた弊害として色々と行き着いてしまっていて来るところまで来ているのかなという感じはかなりしてきた。「シンクロニシティ」が到達点になりそうな感じは出た時からしていたけど、個人的に楽曲面ではピークの終わりに差し掛かってきた予感漂う1作になった。若手も有力なメンバーがまだまだ揃っていると思うのでグループ自体の勢いはまだ続くと思う。

今が思い出になるまで(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典無し)初回生産限定盤BD付  今が思い出になるまで(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典無し)Type-A(BD付)  今が思い出になるまで(TYPE-B)(Blu-ray Disc付)(特典無し)Type-B(BD付)  今が思い出になるまで(通常盤)(特典無し)通常盤  

今が思い出になるまで (Complete Edition)配信限定Complete Edition

印象度★★★☆☆

戻る