永遠より長い一瞬〜あの頃、確かに存在した私たち〜(Type-A,B)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Overture   渡辺尚 渡辺尚 Instrumental 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』収録曲
2 サイレントマジョリティー 秋元康 バグベア 久下真音 1stシングル 最高1位 売上45.2万枚
3 世界には愛しかない 秋元康 白戸佑輔 野中“まさ”雄一 2ndシングル 最高1位 売上45.6万枚
4 二人セゾン 秋元康 SoichiroK、Nozomu.S Soulife 3rdシングル 最高1位 売上62.1万枚
5 不協和音 秋元康 バグベア バグベア 4thシングル 最高1位 売上80.8万枚
6 風に吹かれても 秋元康 シライシ紗トリ シライシ紗トリ 5thシングル 最高1位 売上84.8万枚
7 ガラスを割れ! 秋元康 前迫潤哉、Yasutaka.Ishio APAZZI 6thシングル 最高1位 売上103.6万枚
8 アンビバレント 秋元康 浦島健太、TETTA 浦島健太、TETTA 7thシングル 最高1位 売上101.8万枚
9 黒い羊 秋元康 ナスカ ナスカ 8thシングル 最高1位 売上93.4万枚
10 誰がその鐘を鳴らすのか? 秋元康 辻村有記、伊藤賢 辻村有記、伊藤賢 配信シングル 初CD化
11 W-KEYAKIZAKAの詩 秋元康 前迫潤哉、Yasutaka.Ishio 佐々木裕 4thシングルC/W
12 月曜日の朝、スカートを切られた 秋元康 饗庭純 若田部誠 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』収録曲
13 危なっかしい計画 秋元康 ナスカ 佐々木裕 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』Type-A,Bのみ収録曲
14 避雷針 秋元康 ナスカ 野中“まさ”雄一 5thシングルType-CのみC/W
15 もう森へ帰ろうか? 秋元康 河原健介 河原健介 6thシングルC/W
16 Student Dance 秋元康 SaSA SaSA 7thシングルC/W
17 Nobody 秋元康 Dr.Kay、Gold Driver、
BonoBono
APAZZI 8thシングルType-AのみC/W

 

Type-A
DISC 2
No No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
A A=Type-A、配=配信限定Complete Edition
1 18 手を繋いで帰ろうか 秋元康 Akira Sunset Akira Sunset 1stシングルC/W
2 19 キミガイナイ 秋元康 SoichiroK、Nozomu.S Soulife、後藤勇一郎 1stシングル通常盤のみC/W
3 20 語るなら未来を… 秋元康 PENGUINS PROJECT(CWF) 佐々木望 2ndシングルType-A,B,CのみC/W
4 21 大人は信じてくれない 秋元康 Masayoshi Kawabata Masayoshi Kawabata 3rdシングルC/W
5 22 制服と太陽 秋元康 aokado aokado 3rdシングルType-AのみC/W
6 23 エキセントリック 秋元康 ナスカ the Third 4thシングル通常盤のみC/W
7 24 太陽は見上げる人を選ばない 秋元康 池澤聡 池澤聡 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』Type-Aのみ収録曲
8 25 東京タワーはどこから見える? 秋元康 本田光史郎 APAZZI 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』Type-Aのみ収録曲
9 26 君をもう探さない 秋元康 片桐周太郎 若田部誠 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』Type-Bのみ収録曲
10 27 I'm out 秋元康 湊貴大 湊貴大 7thシングルType-AのみC/W
11 28 10月のプールに飛び込んだ 秋元康 BASEMINT BASEMINT Type-Aのみ未発表曲
発売中止になった9th選抜表題予定曲(平手除く)
12 29 砂塵 秋元康 TAKU Tanaka、LINDY TAKU Tanaka Type-Aのみ未発表曲
新2期生を除く全員曲(9th予定時から石森・織田・鈴本・長沢・平手除く)
13 30 コンセントレーション 秋元康 佐々木裕 佐々木裕 Type-Aのみ未発表曲
発売中止になった9thアンダー予定曲(織田・鈴本除く)

 

Type-B
DISC 2
No No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
B B=Type-B、配=配信限定Complete Edition
1 31 渋谷川 秋元康 中村泰輔 松浦晃久 1stシングルType-BのみC/W
2 32 青空が違う 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、有木竜郎 2ndシングルType-CのみC/W
3 33 渋谷からPARCOが消えた日 秋元康 原田アツシ
(Dream Monster)
原田アツシ
(Dream Monster)
2ndシングルType-AのみC/W
4 34 僕たちの戦争 秋元康 バグベア 久下真音 3rdシングルType-CのみC/W
5 35 100年待てば 秋元康 坂本麗衣 坂本麗衣、ツタナオヒコ 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』Type-Aのみ収録曲
6 36 AM1:27 秋元康 Linia Linia 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』Type-Bのみ収録曲
7 37 バレエと少年 秋元康 中村泰輔 中村泰輔 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』Type-Bのみ収録曲
8 38 再生する細胞 秋元康 若田部誠 若田部誠 5thシングル通常盤のみC/W
9 39 バスルームトラベル 秋元康 ふるっぺ(ケラケラ) ふるっぺ(ケラケラ) 6thシングルType-DのみC/W
10 40 302号室 秋元康 小田切大 小田切大 7thシングルType-CのみC/W
11 41 ヒールの高さ 秋元康 鶴ア輝一 鶴ア輝一 8thシングルType-CのみC/W
12 42 角を曲がる 秋元康 ナスカ the Third You Tube(MV)、ストリーミング配信限定曲 初CD&初DL化
13 43 カレイドスコープ 秋元康 白須賀悟 白須賀悟、河原レオ Type-Bのみ未発表曲
14 44 Deadline 秋元康 嶋田啓介 嶋田啓介 Type-Bのみ未発表曲

Type-A Blu-ray
欅坂46 ANNIVERSARY LIVE Director's Cut Collection

Type-B Blu-ray
欅坂46 ARENA TOUR Director's Cut Collection

リリースデータ

2020年10月7日 初登場1位 売上18.2万枚 Total Produce:秋元康 ソニー

メンバー表記なし(各楽曲歌唱メンバー表記のみ)

1期生 上村莉菜、尾関梨香、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、菅井友香、土生瑞穂、原田葵、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐
2期生 井上梨名、関有美子、武元唯衣、田村保乃、藤吉夏鈴、松田里奈、松平璃子、森田ひかる、山ア天
新2期生 遠藤光莉、大園玲、大沼晶保、幸阪茉里乃、増本綺良、守屋麗奈
元メンバー 今泉佑唯志田愛佳米谷奈々未長濱ねる
平手友梨奈織田奈那 鈴本美愉長沢菜々香石森虹花
 
けやき坂46 井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

欅坂46ベストアルバム。1stアルバムから3年3ヵ月ぶり、通算2作目にしてラストアルバム。前作以降5th〜8thシングルを2019年2月までにリリースし、2019年秋には9thシングル発売を発表初の選抜制として選抜メンバー発表まで行ったが詳細が発表されないままトーンダウンし、やがて年内発売は延期となるも、紅白歌合戦出演後2020年年明けに平手友梨奈が脱退。同時にスキャンダルにより休止していた織田奈那、年末頃から姿を消していた鈴本美愉同時に卒業を、佐藤詩織が留学のために活動休止を発表。3月末には長沢菜々香が卒業した。そのまま新コロ自粛に突入したため活動が出来なくなり、7月の配信ライブにて10月のラストライブで欅坂46を活動休止として新グループで再始動すると発表。9thシングル発売は完全に中止され、ラストシングルとして「誰がその鐘を鳴らすのか?」を配信限定で発売し、ラストアルバムとして今作がリリースされた。新グループは櫻坂46と発表され、10月のラストライブでは早くも12月の1stシングル発売が発表されて、翌週には冠番組もリニューアルされてすぐに活動が開始された。

石森虹花は8月半ば過ぎから姿を消していたが9月に文春スキャンダルを喰らい、そのまま一切姿を見せずにコメント文書発表のみで9月末で即日卒業を発表した(冠番組でもナレーションによる代読)。このためラストライブも不参加。佐藤詩織は新コロにより留学が不可能となり、5月の自粛期間途中より冠番組に合流し復帰を果たしていたが、欅坂46のラストライブを持って欅坂46終了と同時に卒業すると発表し、櫻坂46には参加しない。

Type-AはDVDサイズのパッケージで三方背BOX仕様、フォトブック封入。2017〜2019年に行われたアニバーサリーライブから抜粋した「欅坂46 ANNIVERSARY LIVE Director's Cut Collection」Blu-ray付属。
Type-B
は分厚いCDサイズのパッケージで三方背BOX仕様、フォトブック封入。2017〜2019年の夏のアリーナツアーから抜粋した「欅坂46 ARENA TOUR Director's Cut Collection」Blu-ray付属。当初ラインナップに含まれていた「Discord Short Act」「不協和音」は内容が過激として収録中止となった。
通常盤
はDISC-1のみ。通常盤のみの収録楽曲は無いため、Type-A,Bのいずれかを入手した場合は全て重複する。
配信限定のComplete Edition
では全44曲が網羅されていて曲順はそのままDISC-1→A→Bのまま。こちらではハイレゾでも配信されている。

共通のDISC-1は全シングル+けやき坂46含めた全員曲「W-KEYAKIZAKAの詩」+1stアルバムからリード曲的な2曲+5thシングル以降の準A面的なC/Wを1曲ずつ収録。
Type-AのみDISC-2全員曲ベストとなっていて1stアルバムまで+7thシングルから全員曲10曲+未発表3曲を収録。
Type-BのみDISC-2ソロ&ユニット曲べストとなっていて未発表2曲もユニット曲となっている

基本的に1st〜4thシングルまでは1stアルバムに収録されなかった曲がC/W3曲しかなく今作にその3曲が含まれていないため、今作に収録された1st〜4thシングル収録曲は全て1stアルバムに収録済みでアルバム初収録は無い。5thシングル以降の曲が全曲アルバム初収録となる。

5曲の未発表曲が収録され、この5曲は発売中止になった9thシングル予定曲とされている。ただし曲によってメンバー参加状況が異なり、「10月のプールに飛び込んだ」は表題曲予定で当時発表されていた選抜メンバーから脱退した平手を除くメンバーで歌唱。「コンセントレーション」は選抜メンバーに入らなかったメンバー(いわゆるアンダー)による歌唱で織田・鈴本は不参加だが3月に卒業していた長沢、そして石森は参加している。一方で「砂塵」は新2期生を除く全メンバーとなっているが、織田・鈴本・長沢だけでなく発売直前の9月30日まで在籍していたはずの石森まで不参加となっている。
「砂塵」に新2期生が参加していないため、新2期生の参加は「誰がその鐘を鳴らすのか?」1曲ポッキリとなる。また2期生の参加もこれに加えて未発表5曲のみとなっている。Blu-rayにおいては新2期生は加入前なので不参加、2期生は2019年のライブには参加している。けやき坂46は日向坂46として独立したこともあって、1stアルバムと異なりけやき坂46単独の楽曲は選曲されていないが、"欅&けやき坂組"名義で当時のメンバー全員で歌唱した「W-KEYAKIZAKAの詩」「太陽は見上げる人を選ばない」は2曲とも収録されているため、この2曲はけやき坂46も参加している。

今作は1stとの重複が24曲と半数以上に及ぶ上に曲数が多くて値段が跳ね上がっているため、Complete Editionハイレゾ版の購入はスルーし、Type-A,Bのみを入手した。

前作と同じパッケージ構成となっているものの、前作、乃木坂46、日向坂46含めてフォトブックは全メンバー1人ずつの最新写真が掲載されるのがフォーマットになっていが、今作ではType-A,B2種とも各Blu-ray収録のライブ写真で構成されており、その他ジャケットや歌詞ブックレットもアートワークのみのため、最新のメンバー写真が一切掲載されていない。ライブにも参加していないため新2期生は欅坂46の作品に写真が一切掲載される事なく欅坂46としての活動を終える事となった(2期生は「黒い羊」に音源参加はしていないがブックレットの写真と特典映像で特集されていた)。

共通DISC-1
ベスト盤という事でシングルコレクション+準A面的なC/Wや1stアルバムのリード曲を収録。概ね世間が思う欅坂46がそのまま並んでいるといった印象。どんどん重苦しさを増すシングル曲はやはり聞いていてしんどくなってくるものがある。1曲1曲はいい曲ではあるとは思うんだけど、「黒い羊」まで行ってしまうともうどうすんの?っていう。「誰がその鐘を鳴らすのか?」を挟んでいるとはいえその後も暗黒な曲が続くので「W-KEYAKIZAKAの詩」だけ明るくて浮きすぎているのは気になる。Type-Aの「エキセントリック」と位置が逆だったんじゃないかと思う。

Type-AのみDISC-2
欅坂46には選抜制度が無かったため、全員曲かソロ&ユニットしかなく、こちらは全員曲ベスト。厳密にはDISC-1に入らなかった曲から選曲されていてDISC-1に準リード的な曲は軒並み入ってしまったのでシングル、アルバム共に概ね当時の3番手以下の曲が並んでいる感じではある。ただ「エキセントリック」はドラマ主題歌にも起用されたのでこっちに回されたのは意外なところではある。初出の収録位置だとこっちに回されるのが自然で発売時点ではMVも無い「不協和音」通常盤のみC/Wというポジションで、MVが制作されたのはその後のドラマ『残酷な観客達』主題歌起用後に遅れてMVが制作されてそこからWikipediaで単独ページが作られるくらいの存在になった曲だったのでもう少し柔軟に判断してもよかったのでは。

1曲目の「手を繋いで帰ろうか」はDISC-1を聞いた後には驚くくらいの純粋なアイドルポップ。最初はもっとバランスよくやっていたのがどんどん反抗路線に振り切れていったんだなぁというのが良く分かる時系列収録だ。とはいえ本格的にグループがダークな色に染まってからのC/WはDISC-1の方に入っていて、今作はまだ後戻り出来た頃の1stアルバムまで+「I'm out」、そして後はダーク路線を吹っ切ろうとした未発表曲群になるのでそこまでダークに染まってはいない。絶妙なバランスの欅坂46を楽しめるのがこのディスクだと思う。このくらいで進んでいけたらな…とはどうしても思うところがある。

「10月のプールに飛び込んだ」は「黒い羊」で行きついた後に2期生を中心にシフトチェンジを図る1発目としては割と良い感じで反抗心を残しつつも爽やかな雰囲気も戻していて重さが無くなっているのは良かった。これを表現できないなどと言ってMV撮影を拒否してしまうほどになってしまった平手にはもう辞める以外の選択肢は無かったと思う。準リードになっていたであろう「砂塵」も同様の良さがある。初の選抜制という事で事実上のアンダーとなった「コンセントレーション」も2軍感は無く、明らかに選抜級の人気を得ていたようなメンバーも一部こちらに回している事から一定の意図はあったものと思われる。これが出せない時点でこのグループはもう詰みだった。

Type-BのみDISC-2
ソロ&ユニット曲ベスト。1stアルバムの存在もあってDISC-1とType-AはC/Wの選曲にそれぞれ時期的な偏りがあったが、こちらは全期間から満遍なく選曲されている。1曲目のゆいちゃんずは昭和を感じさせるフォークデュオ風。デビューシングルからここまで色のハッキリしたユニットをやるというのは他では見られず、順調であればユニットで様々な色を見せるハイブリッドなアイドルグループになれていたかもしれないとつくづく感じる。ただ今泉がグループのどんどん険しさを増す芸風になじめずメンタルも弱くて活動1年で1番最初に突如離脱休止のちすぐ復帰するも当初はセンターを目指したいなど強い決意を語っていたもののさらに暗黒に変異したグループにますます馴染めずに今度は正式に卒業…となってしまい、恐らく相方の小林にもかなり不義理な形で去ってしまう事になってしまったのは残念だった。優遇されてソロ曲を与えられていたものの、離脱後は歌手辞めちゃうし、けっこういい声してたのになぁ…。

ゆいちゃんず以外ではどう頑張ってもクールにはならない長濱ねるのほわほわボイスを生かしたソロや参加ユニットは後期でもほわほわしたアイドル色を残しているが徐々に本体のダークさに当てられたようにクール系に染まっていき、グループ本体のダーク化に引っ張られていくのが他の2枚よりも時系列で鮮明になっている。平手だけではない他のメンバーの色を見られるのが良かったのに逆に自由を失っていくようでもあり、最後の砦のようになっていたねるまで離脱してこの先があってもどうなっていたことか…。2期生に可能性があったとはいえやはりどん詰まりだったように思う。若いうちにもっとかわいい路線をやりたかったメンバーも少なくはなかっただろうに。

「角を曲がる」は事実上平手最後の曲。ドーム公演をこのソロ1人で締めるという救いの無い曲。秋元康と懇意にしていたようなので当時の平手の心情を歌詞にしたのがこれだと思うんだけど本当にどうして1人の少女がこんなになるまで放置したんだこの策士家

残り2曲は2期生も交えたユニット曲。「角を曲がる」で落ちたテンションをある程度明るく持ち上げ、来る櫻坂46へ前向きに進んでいけそうな「カレイドスコープ」、決意を感じさせる「Deadline」。文字通りのグループとしてのデッドラインを迎え、新グループ櫻坂46では引きずらない事を願う。

というわけで印象に残る曲は多いには多いんだけどエンターテイメントとして受け取れない部分が多くて正直何度も聞こうとも思わないのが欅坂46だったなと思う。名前も変わるし個人的にもこれを区切りに当分は封印することになるかもしれない。

B08GRKMWHTType-A   B08GSBSP5YType-B  B08GRQB2VL通常盤 

印象度★★★☆☆

2020.11.23更新

戻る