IT'S ALL RIGHT SELECTIONV 1984-1987

No タイトル 作詩 作曲 編曲 備考
1 IT'S ALL RIGHT(ANYTHING FOR YOU) 小田和正 小田和正 オフコース 32ndシングル 最高20位 売上2.7万枚
2 君が、嘘を、ついた 小田和正 小田和正 オフコース 25thシングル 最高2位 売上31.6万枚
3 夏の日 小田和正 小田和正 オフコース 26thシングル(カット) 最高15位 売上6.9万枚
4 君の倖せを祈れない 小田和正 松尾一彦 オフコース 26thシングルC/W
5 緑の日々 小田和正 小田和正 オフコース 27thシングル(カット) 最高14位 売上8.3万枚
6 call 小田和正 小田和正 オフコース 28thシングル 最高7位 売上12.7万枚
7 たそがれ 小田和正・
Randy Goodrum
小田和正 オフコース 29thシングル 最高7位 売上12.0万枚
8 LAST NIGHT 秋元康 松尾一彦 オフコース 29thシングルC/W
9 夏から夏まで 小田和正 小田和正 オフコース 30thシングル 最高9位 売上6.5万枚
10 ぜんまいじかけの嘘 秋元康 松尾一彦 オフコース 30thシングルC/W
11 時代のかたすみで(せめて、今だけ) 小田和正 小田和正 オフコース サントラ盤『RONIN〜ORIGINAL SOUND TRACK〜』収録曲

リリースデータ

1987年7月5日(LP)
1987年7月5日(CT)
1987年7月5日(CD)
1988年12月10日(ピュアゴールドCD)
最高11位
最高25位
最高13位
-
売上1.5万枚
売上1.0万枚
売上3.1万枚
-
ファンハウス

メンバー(表記無し)

Keyboards 小田和正
Bass 清水仁
Guitars 松尾一彦
Drums&Percussion 大間"ジロー"仁世

オフコース3rdベストアルバム。78年『SELECTION 1973-78』、81年『SELECTION 1978-81』に続く、メンバー自選のベストアルバムSELECTIONシリーズの第3弾。厳密には『SELECTION 1978-81』の続編にはなっておらず、『SELECTION 1978-81』以降にリリースされた東芝EMI(5人時代)での残りのシングルとアルバム『over』『I LOVE YOU』『NEXT SOUND TRACK』は対象外となっており、84年のファンハウス移籍以降のシングル曲からの選曲となっている。アルバム未収録だったシングル曲が多かったため4,6〜10が一挙アルバム初収録となった。シングルバージョンとしては1〜3も初収録で、映画のサントラにのみ収録されていた「時代のかたすみで(せめて、今だけ)」もオフコースのアルバムには初収録となるため、オフコースのアルバムに既に収録済みなのは「緑の日々」だけであった。

公認のベストアルバムながら前後のオリジナルアルバムの売上を大幅に下回り、LP/CT/CD全てでトップ10入りを逃すなど売上は不振だった。88年のピュアゴールドCDで再発されたのを最後に再発されていない。また結果的に今作の後アルバム1枚で解散となってしまったため、ファンハウス時代のベスト盤としても中途半端になってしまい、解散時に公式のベスト盤がリリースされずじまいとなった。解散を受けてのベスト盤はレコード会社主導で『君住む街へ 1984→1988』がリリースされた。

前2作のSELECTIONシリーズに比べると単なる不完全なシングルコレクションになっていて、メンバー自選という感じがしない。メンバーがタイトル文字の一部になるというジャケットなので一応全く関わっていないわけではなさそうだが…こだわりは正直見えない1作だ。ヒット曲もほとんどなければ、バンド感の薄い淡々とした機械的なアレンジの曲が続くので味気無さもハンパ無く強い。松尾ボーカルも曲自体は悪くは無いんだけど、なんかもうオフコースという集合体でいる必要性がほとんど無いように感じてしまうばかりで…。

とはいえ英語アルバムを挟んだりしていたのでアルバム未収録のままになっていたシングルが多かった上に、アルバム収録済みの冒頭3曲もシングルバージョンで初収録となっているので、今回はどちらかというとここまでのオリジナルアルバムの補完的な内容でもあると思う。現在でもB面曲や「時代のかたすみで(せめて、今だけ)」があるので資料的価値は高い解散とのタイミングが非常に悪かったのでファンハウス時代の総括にはならず解散手前まで、という中途半端さが惜しい。あと少しベスト盤を待っていられれば…とも思うが、前ベストの時も鈴木脱退や移籍を前にした半端な時期で出してしまっていたのでこういった間の悪さは前からだったか…。

結局ファンハウス時代10作のシングルA面を聞くには今作と『君住む街へ 1984→1988』を組み合わせるか、98年の全シングルA面コレクション『オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989』で一気に全部行くかしかない。現役時代3作しかない公認ベストアルバムの1作とはいえ今作が現在ほとんど忘れ去られてしまっているのも仕方ないか。

IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987  

印象度★★★☆☆

2019.9.26更新

戻る