Very6 BEST(あなたのお名前入りスペシャルBOX盤)

DISC 1,2,3,4
全シングルA面+新曲2曲

DISC 5,6
C/W、アルバム曲ファンセレクトベスト

DISC 7
20th Centuryファンセレクトベスト

DISC 8
Coming Centuryファンセレクトベスト

DISC 9
ユニット、ソロ曲ファンセレクトベスト

DISC 10,11,12(Blu-ray)
ほぼ全ミュージックビデオ集

※下から順に1/2以降に順次更新予定

リリースデータ

2021年10月26日 初登場1位 売上22.8万枚 Produced by JULIE K. avex trax

メンバー

Coming Century 20th Century
森田剛 坂本昌行
三宅健 長野博
岡田准一 井ノ原快彦

V6、4thベストアルバムmu-mo限定予約生産盤。Blu-ray付とDVD付の2種発売。当初発売告知が出た9月4日から9日までの5日間で予約を打ち切ってしまったが、10月9日から追加販売が開始され、発売前に売り切れて終売となり、販売ページも速攻で閉じられた。一般発売3種(初回盤A,B,通常盤)とは収録内容が大きく異なる。今作では基本的に全シングルA面が網羅され、DISC-1,2,3,4に収録。DISC-3〜9はファンクラブ会員限定に緊急でアンケートを行った結果を元にしたファンセレクトベストとなっていて、C/WとアルバムのV6楽曲(DISC-3,4)、20th Century(DISC-5)、Coming Century(DISC-6)、企画&ユニット&ソロ(DISC-7)となっている。初回盤AのC/Wアルバム、初回盤Bのトニセン、カミセンのメンバーセレクトとの被りは意識されていないため初回A,BのDISC-3,4とは重複した曲も混在した選曲となっている。DISC-10,11,12はほぼ全MVを網羅したMV集。収録容量の関係でDVDはDISC-13まであって4枚に収録されている。これも初回盤AのBlu-ray/2DVDの拡大版となるが「Full Circle」のメイキングは収録されていない。

これらが巨大なBOXケースに収納されているが、実際にはBOXスペースの半分は特典グッズのキャンバスマグネット全15種類、缶バッジ全15種類の収納箱が占めている。またタイトルにあるように購入時に入力した英字が「あなたのお名前」としてスリーブに印字される1人1枚ずつの受注限定生産仕様。予約の速さには一切関係なく、発売日以降にランダムに(?)順次配送された(公式発表は11月中)。

またブックレットはBOXと同サイズでズラッと歌詞、歴代の写真も散りばめられて巻末に全ディスコグラフィーを通常盤準拠でシングル/アルバム/映像をカミセントニセン別名義含めて全てリリース順に掲載しているが、各楽曲の作詞作曲編曲以外には一切のスタッフクレジット掲載が無く、リマスターされているのかも公式に明言しておらず不明。DISC-1,4はCD限界の80分を越えて無理やり詰め込んでいて、正直音質にはあまり気を遣っていない感はある。

このBOXに関してはシングルが網羅できる事とMVが網羅できる事の2点がメインといえる。何ならそれだけで良かったくらいだし、それならもう少し価格もサイズも収まっただろうし、もっと高需要な決定盤になっていただろうに…。DISC-5〜8は初回盤との混在もあってかなり分かりにくくゴチャゴチャしてしまっているのでこうなるならいっそC/W集と企画シングル集に振り切った方がまとまったとは思う。全シングル集を通常盤として、MV集付C/W&企画シングル集付とか『Very6 Best』という作品自体を今作のDISC1〜4をベースにして上位互換で色々くっつけていけばスマートだったのに何故予約限定販売にした上にここまで分かりにくくしたのか。ファン投票だって26年もやっているんだからファンの間でも思い入れのある時期はズレるし、何故あの曲が無いとかこの曲は何故入っているんだとかみんなが納得する選曲になっているのかはかなり疑問だ。

まあこういうやり方をした以上、将来的にシングルボックスやらアルバムボックスやら出す気も無く、あるとすればサブスクで全部出すくらいになるんだろうなとは思うんだけど、それでも今入手しないと入手できないという事で急遽予約。今作発売までに全アルバムを聞き終えていたのである程度はなるほどなぁという選曲として聞けたがそれでもアルバム未収録のC/Wも多いのでまだまだ聞いてない曲が大量に残っているのも実感。膨大すぎて聞くのにも時間がかかった。改めていい曲が多いなとは思ったものの、一般発売3種とのダブりなど極めて無駄が多いし、オリジナルアルバムだったら聞き返すこともあるだろうけどシングルとMV以外のDISC-5〜9は果たして生涯にあと何回通しで聞き返すことがあるだろうか…とちょっと考えるレベルではあり、持て余し気味のアイテムだったのは否めない。

印象度★★★★☆

2021.1.1更新

戻る