きらりらり/KANA-BOON

2022年11月2日
初登場34位 売上0.1万枚(初回盤、アルバム扱い)
初登場69位 売上0.04万枚(通常盤、シングル扱い)

B0BFHLRNP7

3月のアルバム以来、シングルは1年ぶり。ベースサポートとして参加していた遠藤昌巳の正式メンバー加入が4月に発表されてからは初のCD作品

初回盤は「きらりらり(Anime Size)」「きらりらり(Anime Size Instrumental)」追加収録、過去の「NARUTO」タイアップ4曲とASIAN KUNG-FU GENERATIONの「遥か彼方」のカバーと新曲「Everlong」を収録した6曲収録DISC-2が付属する2枚組。

初回盤の内容がO社シングル基準の4曲を余裕で超えておりアルバム扱いされたため、初回盤がアルバムチャート、通常盤がシングルチャートへと分断してのランクインとなった。

「きらりらり」は8月26日に先行配信、今作の配信版は通常盤準拠で先行配信と通常盤はジャケ写も共通。

1.きらりらり

2022年8月の配信シングル(後編)
2022年8月の配信シングル(後編) プラチナ-from CrosSing/竹達彩奈 2022年8月24日 声優のカバーソングプロジェクト「CrosSing」の一環。カラオケバージョンとの2曲バンドル配信。1999年の坂本...

8月の先行配信の時にも感想を書いているが改めて聞いて改めて今のKANA-BOONいいなと思った。全体にサウンドにも歌詞にも深みが増していて若手バンド的なイメージからは脱却しているし、メンバー脱退前のもがいているような感じも抜けて新メンバーも加えて新生KANA-BOONとしていい状態になったんじゃないかと思う。
★★★★☆

2.摩訶不思議

ダンサブルなロックナンバー。どうしても甲高いボーカルのイメージが強かったが全体に低めのキーで歌っていてサビも低めに畳みかけるのが新鮮。
★★★☆☆

3.またね

ピアノも導入したロックナンバー。これも甲高く突き抜けるのではなく抑えた雰囲気の楽曲になっていて、落ち着きつつもそれなりにポップでもあってけっこう好印象。
★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました