とある科学の超電磁砲T 1~2話

『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品の第3期。1期『とある科学の超電磁砲』が09~10年、2期『とある科学の超電磁砲S』が13年だったのでなんと1期から丸10年2期からも7年…と歳月が流れすぎた…。

シリーズ全体のアニメ化が2013年の映画を最後に5年くらい停止していたのが原因だが2018~2019年の禁書3期、スピンオフ『とある科学の一方通行』と今作までは一気に制作が決定した模様で、実質1番人気なのは今作なので堂々のトリを飾るみたいな。禁書3期が相当不評だったみたいなので最悪これでシリーズのアニメ化が最後になるか、今作だけは4期もあるか…といったところになるのかもしれない。

『とある科学の一方通行』と時期はほぼ同じ時期で、本編である禁書では大昔に通過した禁書2期7話『残骸』の後の大覇星祭の開催期という設定。あと2013年の映画『エンデュミオンの奇蹟』も同時期

『残骸』事件では黒子が戦闘により重傷を負い、続く『大覇星祭』に登場した際もまだ退院したばかりで車椅子だったので、今作では『とある科学の超電磁砲S』の直接の続きではなく、いきなり黒子が入院しているところからスタート。実際に禁書2期7話が放送されたのは2010年末くらいだったので、ほぼ10年前。10年も前に放送された本編(禁書2期)の前半頃に放送された話なんてとうに忘却の彼方か若い子は最早知らない勢いじゃないかと思うんだけどしれっと放送されている辺り、リアルタイム視聴者はそのまま残っていると判断されているのだろうか。円盤化も配信も違法なのも進んでいるのでまあいつでもアクセスできるしみたいなところもあるのかも。

1話

顔見せのように色々なキャラクターが登場したが、2018年末くらいに放送された禁書3期6話で麦野に両断殺害されてフレ/ンダになってしまったフレンダがまだ生きててエロ水着要員になって麦野とコントを繰り広げていたり、第2位垣根も原型を留めていたり、彼らの今後を思うとやるせない部分も。特にこれ以上フレンダの人気を上げてしまうとマジで禁書3期無かったことにしようぜ論が過熱しそう。フレ/ンダを知った後によりによって麦野とわちゃわちゃやってても正直笑えな

禁書には出てこなかった第7位のレベル5の少年が出てきたりはしたけど、とりあえず今回しばらくは大覇星祭の間の事件が描かれる模様。禁書本編では大覇星祭の時に上条さんはオリアナとバトルを繰り広げていたがその裏では別の事件がという事になるのか。相変わらず治安やべぇな学園都市

2話

今のところ平和に大覇星祭が進行。美琴がアイツことツンツン頭の少年こと上条と約束した事に触れるくだりと美琴の母がツンツン頭の少年を見かけたという話も出てきたがさすがに10年近く前にやった話を回想シーンも無しに台詞だけでやられても覚えてねぇ…。うろついていたシスターズが美琴に間違われて競技に出る事になり(関係者以外にはシスターズの存在は伏せているため美琴が出ていけなくなった)、美琴だと勘違いしているらしい相手チームが何か企んでいそうなところで次回へ続く。