とある魔術の禁書目録Ⅲ 26話

ラストオーダーが無事復活。しかし一方通行はベツレヘムの星からテレズマが降り注いだらみんなが危ないので守るために特攻を決意。黒い翼は白い翼に代わり、天使の輪が出現して傷も全て消えた一方通行は微笑みながら浮かんでいき…ってこれ完全に死んだ奴が天に召される時の演出じゃないか。

前回ラストでは確かに自信満々に俺様の勝利だとかのたまっていたはずのフィアンマだったがなんかもうすっかりうろたえていて、敗色濃厚に。今回はもう大した反撃もできずについには上条の突撃で撃沈。上条は最後の脱出ポッドでフィアンマを逃がしてしまい、ようやく助けに来た美琴もスルー。フィアンマが落としていったインデックスの意識を封じている霊装越しにインデックスの幻が出現して記憶喪失を告白して謝罪し、帰還を約束した後はベツレヘムの星を安全な場所に落とそうとステイルと連絡を取りながら実行していたが…。そこにガブリエルが復活。厄介なので上条はベツレヘムの星ごとガブリエルに特攻して北極海に突入すると水中越しにガブリエルごと粉砕。自身を犠牲にして事態を終結させた。

突っ込んだはずの一方通行は何故か学園都市に捕縛されていた。天使にまでなって突撃したのに結果が描写すらされないほど全く通じなかったのかなんなのか…。あまりに自信たっぷりな態度に捕縛者たちが心配になって電極のスイッチを切っているか確認してしまったのでそれでスイッチを入れさせた一方通行は能力を発動させてこのドマヌケな捕縛者たちを粉砕するという学園都市の闇世界を全部ぶち壊すと宣言。

浜面は再び追っ手に囲まれていたが、追っ手側のリーダー格の女が余裕ぶってペラペラ喋っている間にいつかの村人たちが助けに来てくれたので形勢逆転。女の腕と足を撃ち抜いて、女がしゃべりかけていた素養格付(パラメータリスト)という学園都市の重要機密の情報を引き出そうとしたところで出番終了。これが探していた交渉材料とやらで最後までラッキーマン&容赦しないときは本当に容赦しない恐ろしい男だった。

フィアンマは無事に着陸していたが突如現れたアレイスターに右腕を吹き飛ばされ瞬殺されてしまった。瀕死のところにまた新しいキャラ連中が出てきて意味深なセリフだけ吐いておしまい。

原作では上条の生死は確認されないままに「二度目の死」とされ、完結。巻数リセットで「新約」として再び物語が始まり、新約1巻は上条がいない学園都市が舞台という流れだったが、さすがに色々意味不明で投げっぱなしなこともあってか、ラストカットで北極海に浮かぶ上条を前回出てきたバードウェイが助けに来るというカットをオリジナルで差し込んで終了。

とても最終回とは思えないような上条・一方通行・浜面の3人とも途中で話が終わり、エピローグが全くないという…。全体に詰め込みすぎで半分くらいはOP/EDカットだったけど、消化不良のまま無理やり最終巻まで走破させた感じ。改変せずに新約への伏線を張りまくったのでそのうち本当にやるつもりなのだろうか。一方通行や超電磁砲をやる以上は本編を放置するわけにも…という理由で消化するためだけにやったような3期だったけど、新約が既に同じ22巻まで出ていてこっちはまだ終わる気配なし、という状態。4期どころか5期6期までやれるくらいのストックがあるだけにもうちょっとどうしようもないかもしれない。もう少しじっくりであれば続きも見たいけど、今回みたいな詰め込みじゃどうにもなぁ…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 25話

前回放置されっぱなしだった滝壺を探す浜面だったがなんか普通に出現。謎の武装をした学園都市の刺客3名の襲撃が始まるが、相変わらずのラッキーで無傷。しまいにはお得意の機転でウソ演技まで交えながら続けて2人を殺害。さらにもう1人も麦野の援護でふっ飛ばし、これまた殺害。けっこう容赦ない浜面、一気に3人殺害。今回学園都市側のレギュラーキャラで浜面が断トツで殺しまくってないか…。

一方通行は魔術を行使しての「歌」をついに実行。リアルに中の人の声が美声を。土御門と同じく科学の力を得た状態で魔術を使うと血管破裂の法則により流血しまくりながら絶唱する一方通行であった。

先週汗ダッラダラで焦りすぎだったフィアンマだったが、かなり立て直したのか再び余裕な態度に戻って戦闘を継続。一進一退であまり進展が無かったが、その頃世界各地で巨大な腕が噴き出すとそれが爆裂するという謎現象が発動。あまりの謎っぷりに戦っていた者たちは戦っている場合じゃない今はこれを何とかせねば!と共通の敵を認識して共闘し始める。ドサクサでバードウェイとかまた新たな結社とかキャラとか出てきたけど、新約もアニメ化するつもりなんだろうか…。

なんかロシアとローマが手を組んで、さらにイギリスも共闘したのでベツレヘムの星が崩壊し始めたが、これが爆発すれば地上が吹っ飛ぶためフィアンマは逆にさらに余裕になり勝利宣言。最早次クールに突入するというのに知らん顔で次回へ続く。

結局今週また余裕顔に戻るなら先週の焦りっぷりと文字通り滴り落ちる勢いの滝汗描写はやりすぎだったよな…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 24話

ヒューズ・カザキリは一方通行にラストオーダーを救う手段についてヒントを与えると活動時間の限界なのか消失してしまった。一夫通行のところでついに科学と魔術が交錯しそう

爆撃の余波でふっ飛ばされた浜面は滝壺を雪の中から救出しようと引きずり出したらなんか滝壺に化けた麦野が沸いて出た。何だこの人、滝壺に化けてこのドサクサで雪の中で待ってたのか。

麦野は体晶を使って力を暴走させて浜面に迫る。が、暴走しているのでコントロールが効かず、何よりラッキーマン浜面相手にはかなり逃げ場がないくらいにしっちゃかめっちゃかに攻撃を放ちまくってもかすりもしない。結局自滅してしまった麦野に対して浜面は和解を提案。フレ/ンダの墓の前で涙を流し、他のメンバーにも謝れ!というのはこんだけやっておいて…という気がしなくもないが奇跡的に和解。そこに新たな追っ手が迫りそうなところだったが…それより滝壺は無事なのか。どこいった。

置いて行かれていたレッサーはどうやったのか再登場してサーシャに合流。上条とフィアンマの戦いも始まったが、終始余裕なフィアンマはひとしきり魔術攻撃を行った後にあっさりと上条の右腕を切断奪取。自身の腕に吸収して「神上」になった、願っていた能力が完成したと喜んでいたフィアンマだったが…。

歓喜もつかの間、吸収したはずの力に異変が起こり、腕を失って大量出血していた上条はふいに立ち上がると謎の力があふれ出した。しかし上条はてめぇがどこの誰かなんて知らねぇとかここでは黙ってろ!とかこいつは俺が片付ける!とか、フィアンマではない他の誰かに言い放つ右腕が再生。驚愕しまくりのフィアンマはあれだけの力をわざわざ棒に振ってイマジンブレイカーを取り戻した!?とか言っていたので、なんかもっと巨大な何かが上条の体内に宿っていて上条はそれに向かって今は引っ込んでろみたいな事を言っていたらしい。

いずれにせよ先ほどまでの余裕顔とは打って変わって滝汗全開のフィアンマから一気に小物臭が漂う一方で上条はフィアンマに自信満々にお説教を開始して形成が逆転しそうなところで次回へ続く。

アニメなので分かりやすくしたとはいえ、ちょっとフィアンマの滝汗顔芸っぷりはやりすぎだったような…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 23話

ヒューズ・カザキリが飛来してきてガブリエルと戦い始め、一方通行も参戦。エイワスよりは強くないとかで初撃は押し気味で反射も通じたが、ガブリエルの上空からのレインフラッシュみたいな攻撃はカザキリ&一方通行にまとめて大ダメージを負わせる。

アックアがガブリエルの動力源(?)であるテレズマを吸収、代償として全身流血で倒れてしまうが力が大幅にダウンしたガブリエルを奮戦する一方通行&カザキリの協力で撃破。

浜面と復活した滝壺は助けてくれた村へ戻ってロシア軍が使おうとしている細菌兵器を叩き潰すとか何とかで移動していたはずだがその道中に倒れたアックアがいたのでお説教。もう死ぬから置いていけというアックアに待っててくれる人がいるはずだから勝手に死ぬんじゃねぇとかなんとか熱くなった浜面は重傷のアックアに「立てぇぇぇぇぇ」と言い出して、アックアは鼓舞されてウオオオオと立ち上がる…という謎の根性プレイが展開。

その後、軍の前で機をうかがっていた浜面だが学園都市の攻撃部隊が上空からやってきて勝手に協力してくれて片っ端から空襲始めちゃった。相変わらずのラッキーマンで目的を果たした浜面だったが爆撃の余波でふっ飛ばされて次回へ続く。自動モードのインデックスとステイルの戦いを冒頭、美琴とミサカがウロウロしているのは最後…とこれらの配置は固定。

ようやくフィアンマと上条の戦いが始まりそうだけど、幼女の為に戦う一方通行とお説教ポジを奪い去ったラッキーマンが主人公状態になっているのでそろそろ活躍を…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 22話

大天使ガブリエルが出現。上条は「ベツレヘムの星」にてサーシャと合流し、今回はサーシャに憑依してミーシャが出現したわけではなく独立して出現したらしいことを知る。

このガブリエルが出撃した事で一方通行やアックアがその気になっていたが戦闘は始まらず、キャーリサとフランスの人が最初にガブリエルに挑み始めて時間稼ぎしている間にヒューズ・カザキリが飛来してきておしまい。ローマ教皇が復活したり、フィアンマに協力していたロシア成教があっさり切り捨てられたりなんか色々各地で対策の為に動き回っているだけでほとんど終わってしまった。美琴なんて前回とほとんど同じ(最後に出てきただけ)。

滝壺は回復させてもらったので後は学園都市と交渉できる材料探しへ移行。とりあえず助けてくれた村が危なそうなので助けに行くとかなんとか浜面だけ違うところでラッキーマンしているだけになってるな…。