とある魔術の禁書目録Ⅲ 19話

ヴェントがなんかでっかい船を召還してフィアンマを攻撃するがあっさり反撃されて敗北。舌ピぶち抜くのは見てても痛い…。上条も記憶喪失の件を突きつけられて言い返せなくなり、サーシャを回収してフィアンマは去ってしまった。

一方通行の元には番外個体(ミサカワースト)が登場。美琴のクローンだけど声優はシスターズ(量産型なので全員同じ声優)、ラストオーダーに続いて番外個体も違う人だったようだ。ただシスターズが見た目が似ている割に感情の差でかなり声が違ったのに対して、憎しみという感情がハッキリしているためか番外個体の声は1番美琴に近いというかグレた美琴みたいな印象。

ミサカネットワークの負の感情を優先して拾うよう調整されている上に、司令塔であるラストオーダーの命令は拒否できるので一方通行への悪意と殺意のみで行動。ミサカ関連ではシスターズ2万人殺しでレベル6へ進化するという実験で既に1万人を殺害している段階で上条や美琴と交戦し実験が停止になったが、以降残ったシスターズは全員守ることを決めていた一方通行は戦えずに逃げ惑うばかり。

しかし番外個体がラストオーダーを殺そうとすると、どちらも殺さない選択肢は無い事を痛感。精神崩壊しながら番外個体を撃破して激しく苦悩しながら次回へ続く。

話が話だけにいつもより流血全開でけっこう血みどろな展開に。元より番外個体というか美琴の電撃の能力は一方通行の反射の能力とは相性が悪く、最強必殺の超電磁砲も反射を使ってそのまま跳ね返せば一直線に跳ね返ってくるので自分が直撃喰らう事になり一瞬でカタがつくほど。なので美琴より劣る(設定上はレベル3相当のシスターズよりは強いレベル4相当とされる)番外個体は普通に戦えば確実に勝てない。

一方通行が能力使用できず
→殺して終わり

一方通行が反射で反撃
→番外個体が死んで終わりor死ななかったら学園都市側が遠隔操作で殺して死を見せつける

と、どう転んでもいいようになっていて学園都市側が最初から一方通行を精神崩壊で追い込むのが目的…というのが実にエグい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)