とある魔術の禁書目録Ⅲ 20話

フィアンマを追って移動中だった上条&レッサーだったが、黒い翼全開で絶賛発狂中(死にかけていた番外個体の救命処置するくらいは理性もある)一方通行がいる場所がたまたま通り道だったので遭遇。2人が実際に遭遇するのは1期の直接対決以来で、ヒーローだったらラストオーダーも救えなどと最早完全な八つ当たりで全力攻撃を仕掛けてくる一方通行。

上条は強力な黒い翼の攻撃もものともせずに立ち上がり続け、強行突破でお説教&勝利。自分が救いたいなら救えという言葉は上条自身にも刺さる言葉だった。悪を極めて悪党としてラストオーダーを守ろうとしていた一方通行は冷静さを取り戻してその考えではダメだったと気づく…。

というそれなりに深い話だったはずが、戦闘は単調、右腕どころか一方通行の攻撃自体をほぼ全身で無効化しているんじゃないかと思えてしまうような圧縮しすぎた戦闘は最後の言葉の応酬以外はなんだかなぁ…。

浜面は村の急襲に対して村人たちと戦っていて相変わらずの機転で一矢報いるがどうにもならなくなったところでなんかアックアが登場。火事場の馬鹿力というか火事場の超機転&超幸運1人ラッキー街道を爆走中

その他、イギリスとフランスの戦いやら美琴も現地入りしようと動き出す、麦野もロシアへ向かうなど色々動いている模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)