とある魔術の禁書目録Ⅲ 21話

もう何度目かというOP/ED全カットで詰め込むだけ詰め込んで進行。フィアンマにやられてしまったローマ教皇が冒頭で復活。風斬氷華とエイワスも会話した後、風斬氷華もロシアへ飛行。

浜面はアックアに助けられ、村人からも感謝されて車を提供されて離脱。学園都市の追っ手に襲撃されてまたしても絶体絶命になるがそこに一方通行が登場して合流。エリザリーナによれば滝壺は助けられそうだが、ラストオーダーは無理めとのこと。一方通行は生き残るために番外個体と契約して協力して手がかりを追う事に。

上条はレッサーが離れたタイミングでフィアンマの「ベツレヘムの星」発動により、立っていた場所ごと空中に形成された空間に運ばれてしまう。パイロットを脅して近くまでやってきていた美琴は通りがかった風斬氷華に飛行機を両断されてしまい能力を使って着地。そこに都合よくシスターズの1人(初登場のシスターズ)が出てきて次回へ続く。

と、何が起きているのかは良く分からないが主要キャラが続々集結してきたが、いかんせんダイジェストすぎてどうにもこうにも。一方通行と番外個体の会話には時間を使っていたので、今まで悪を極めようとしていた一方通行が考え方を変えた、というのは割と強調されていたような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)