とある魔術の禁書目録Ⅲ 22話

大天使ガブリエルが出現。上条は「ベツレヘムの星」にてサーシャと合流し、今回はサーシャに憑依してミーシャが出現したわけではなく独立して出現したらしいことを知る。

このガブリエルが出撃した事で一方通行やアックアがその気になっていたが戦闘は始まらず、キャーリサとフランスの人が最初にガブリエルに挑み始めて時間稼ぎしている間にヒューズ・カザキリが飛来してきておしまい。ローマ教皇が復活したり、フィアンマに協力していたロシア成教があっさり切り捨てられたりなんか色々各地で対策の為に動き回っているだけでほとんど終わってしまった。美琴なんて前回とほとんど同じ(最後に出てきただけ)。

滝壺は回復させてもらったので後は学園都市と交渉できる材料探しへ移行。とりあえず助けてくれた村が危なそうなので助けに行くとかなんとか浜面だけ違うところでラッキーマンしているだけになってるな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)