とある魔術の禁書目録Ⅲ 9話

今回もOP/EDをカットしてぶち抜いて詰め込み。

病院を抜け出して戦地へ向かおうとする上条を美琴は止めようとするが上条の揺るがない信念に見送る事しかできず、さらに上条への恋心を自覚。

アックアと戦い始めた神裂火織だったが、OP枠の間にあっという間に劣勢になってしまう。聖人VS聖人にしても力の差がありすぎで、神の右席として歳暮の力も使う二重聖人状態の力を行使できる事に疑問を感じた神裂は、天草式への復帰と仲間への助力を要請。前回失敗したものの「聖人崩し」が最大の弱点だと見抜いて全員協力+駆け付けた上条が攻撃を防いでいる間に今度こそ五和の聖人崩しが炸裂してアックアを撃破。

撃破直後にアックアの過去が差し込まれたが何だかよう分からず。確かこの後再登場するときにこの謎回想が活きてくるんだっけ…?さらに入院中の上条に五和とインデックスがヒロインヒロインする中で、挨拶をしようとドアの前でバタバタしていた神裂は土御門にからかわれて堕天使メイドコスプレを披露するというドタバタコメディも。

その頃、ついに最後の1人である右方のフィアンマが動き出すが学園都市はどうでもいい、イギリス清教を狙うとかなんとか個人的な野心を語り始める。ローマ正教のじいちゃんはフィアンマを止めようとするが失敗。重傷を負ってしまい、フィアンマを止めるために2期で上条に敗れていたが復帰した前方のヴェントへ後を託した。

という事で後半は今後の展開へ向けて色々仕込んでいたが今回だけだとなんか色々な奴らがそれぞれ目論んでいるなぁくらいしか分からずいよいよ複雑になってきた…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)