ユーミン万歳!〜松任谷由実50周年記念ベストアルバム〜(初回盤A)

DISC 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 真夏の夜の夢 Yuming Yuming 松任谷正隆 24thシングル 最高1位 売上143.2万枚、25thアルバム『U-miz』収録曲
2 中央フリーウェイ Yuming Yuming 松任谷正隆 4thアルバム『14番目の月』収録曲
3 ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ Yuming Yuming 松任谷正隆 19thシングル 最高9位 売上17.1万枚、15thアルバム『VOYAGER』収録曲
4 ひこうき雲 Yuming Yuming 荒井由実&
キャラメルママ
2ndシングル『きっと言える』C/W、1stアルバム『ひこうき雲』収録曲
5 緑の町に舞い降りて Yuming Yuming 松任谷正隆 8thアルバム『悲しいほどお天気』収録曲
6 青春のリグレット Yuming Yuming 松任谷正隆 17thアルバム『DA・DI・DA』収録曲
7 DOWNTOWN BOY Yuming Yuming 松任谷正隆 16thアルバム『NO SIDE』収録曲
8 瞳を閉じて Yuming Yuming 松任谷正隆 4thシングル『12月の雨』C/W(同発)、2ndアルバム『MISSLIM』収録曲
9 卒業写真 Yuming Yuming 松任谷正隆 3rdアルバム『COBALT HOUR』収録曲
10 最後の春休み Yuming Yuming 松任谷正隆 7thアルバム『OLIVE』収録曲
11 リフレインが叫んでる Yuming Yuming 松任谷正隆 20thアルバム『Delight Slight Light KISS』収録曲
12 よそゆき顔で Yuming Yuming 松任谷正隆 9thアルバム『時のないホテル』収録曲、14thシングル『ESPER』C/W
13 輪舞曲 Yuming Yuming 松任谷正隆 27thシングル 最高2位 売上58.5万枚、27thアルバム『KATHMANDU』収録曲
14 サーフ天国、スキー天国 Yuming Yuming 松任谷正隆 10thアルバム『SURF&SNOW』収録曲
15 海を見ていた午後 Yuming Yuming 松任谷正隆 2ndアルバム『MISSLIM』収録曲
16 情熱に届かない〜Don't Let Me Go Yuming Yuming 松任谷正隆 23rdアルバム『DAWN PURPLE』収録曲
17 カンナ8号線 Yuming Yuming 松任谷正隆 12thアルバム『昨晩お会いしましょう』収録曲

 

DISC 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Hello,my friend Yuming Yuming 松任谷正隆 25thシングル 最高1位 売上135.7万枚、26thアルバム『THE DANCING SUN』収録曲
2 やさしさに包まれたなら Yuming Yuming 松任谷正隆 2ndアルバム『MISSLIM』収録アレンジ、3rdシングル 100位圏外
3 5cmの向う岸 Yuming Yuming 松任谷正隆 9thアルバム『時のないホテル』収録曲
4 ダイアモンドダストが消えぬまに Yuming Yuming 松任谷正隆 19thアルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』収録曲
5 恋人がサンタクロース Yuming Yuming 松任谷正隆 10thアルバム『SURF&SNOW』収録曲
6 WANDERERS Yuming Yuming 松任谷正隆 21stアルバム『LOVE WARS』収録曲
7 シンデレラ・エクスプレス Yuming Yuming 松任谷正隆 17thアルバム『DA・DI・DA』収録曲
8 ノーサイド Yuming Yuming 松任谷正隆 16thアルバム『NO SIDE』収録曲
9 ダンスのように抱き寄せたい Yuming Yuming 松任谷正隆 40thシングル 最高15位 売上1.4万枚、36thアルバム『Road Show』収録曲
10 DESTINIY Yuming Yuming 松任谷正隆 8thアルバム『悲しいほどお天気』収録曲
11 満月のフォーチュン Yuming Yuming 松任谷正隆 22ndアルバム『天国のドア』収録曲
12 消灯飛行 Yuming Yuming 松任谷正隆 8thシングル『潮風にちぎれて』C/W
13 ホライズンを追いかけて〜L'aventure au desert Yuming Yuming 松任谷正隆 18thアルバム『ALARM a la mode』収録曲
14 星空の誘惑 Yuming Yuming 松任谷正隆 14thアルバム『REINCARNATION』収録曲
15 セシルの週末 Yuming Yuming 松任谷正隆 9thアルバム『時のないホテル』収録曲
16 花紀行 Yuming Yuming 松任谷正隆 3rdアルバム『COBALT HOUR』収録曲
17 春よ、来い Yuming Yuming 松任谷正隆 26thシングル 最高1位 売上116.4万枚

 

DISC 3
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Valentine's RADIO Yuming Yuming 松任谷正隆 21stアルバム『LOVE WARS』収録曲
2 真珠のピアス Yuming Yuming 松任谷正隆 13thアルバム『PEARL PIERCE』収録曲
3 翳りゆく部屋 Yuming Yuming 松任谷正隆 7thシングル 最高10位 売上25.6万枚、1stベスト『YUMING BRAND』収録曲
4 SWEET DREAMS Yuming Yuming 松任谷正隆 22ndシングル 最高7位 売上7.6万枚、19thアルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』収録曲
5 潮風にちぎれて Yuming Yuming 松任谷正隆 8thシングル 最高31位 売上5.8万枚
6 Forgiveness Yuming Yuming 松任谷正隆 34thアルバム『A GIRL IN SUMMER』収録曲
7 冬の終り Yuming Yuming 松任谷正隆 24thアルバム『TEARS AND REASONS』収録曲
8 あの日にかえりたい Yuming Yuming 松任谷正隆 6thシングル 最高1位 売上61.5万枚、1stベスト『YUMING BRAND』収録曲
9 ルージュの伝言 Yuming Yuming 松任谷正隆 5thシングル 最高45位 売上6.9万枚、3rdアルバム『COBALT HOUR』収録曲
10 埠頭を渡る風 Yuming Yuming 松任谷正隆 12thシングル 最高71位 売上1.9万枚、6thアルバム『流線形'80』収録曲
11 ベルベット・イースター Yuming Yuming 荒井由実&
キャラメルママ
1stアルバム『ひこうき雲』収録曲、7thシングルC/W(カット)
12 VOYAGER〜日付のない墓標〜 Yuming Yuming 松任谷正隆 20thシングル 最高9位 売上15.8万枚
13 守ってあげたい Yuming Yuming 松任谷正隆 17thシングル 最高2位 売上69.5万枚、12thアルバム『昨晩お会いしましょう』収録曲
14 宇宙図書館 Yuming Yuming 松任谷正隆 38thアルバム『宇宙図書館』収録曲
15 ANNIVERSARY Yuming Yuming 松任谷正隆 23rdシングル 最高2位 売上35.3万枚、21stアルバム『LOVE WARS』収録曲
16 青いエアメイル Yuming Yuming 松任谷正隆 7thアルバム『OLIVE』収録曲
17 Call me back 松任谷由実 呉田軽穂 松任谷正隆 新曲

初回盤A(Blu-ray)/B(DVD)
"Call me back" Music Video
荒井由実×松任谷由実 ダイアローグ

リリースデータ

2022年10月4日 初登場1位(2週連続) 売上42.7万枚 All Songs Produced and Arranged by 松任谷由実
Produced by 村井邦彦(DISC1_4,8,15、,DISC2_2、DISC3_3,8,11)
Produced by 村井邦彦/川添象郎/下河辺晴三(DISC1_9、DISC2_16、DISC3_9)
ユニバーサル

松任谷由実50周年記念ベストアルバム。10th公認ベストアルバム(ただし2nd『ALBUM』が公式から消されたので香港限定『Yuming The Greatest Hits』を除くと9作目となる)。『民放ラジオ99局“スピーカーでラジオを聴こう”キャンペーンWE LOVE RADIO 松任谷由実 50th ANNIVERSARY〜日本中、ユーミンに包まれたなら〜』企画の一環で「ユーミンリクエストWEEK」に寄せられたリスナーからのリクエストと約2万通のエピソードを元にして全国のラジオスタッフ、松任谷由実が選考、厳選した50曲+1980年の未発売曲に新たに歌詞をつけAI荒井由実と共演した新曲「Call me back」を収録。『ユーミンからの、恋のうた。』に続く1位を獲得、同作の売上を上回った。これにより1970年代から2020年代史上初6年代での1位獲得を達成した。これに続くのが桑田佳祐の1980年代〜2020年代での5年代となるが、既に2020年代を達成しているため、桑田佳祐が追いつくには最短8年後、2030年代以降での1位獲得が条件となる。また1990年代からの4年代達成者は多いものの、6年代を突破するのは最短18年後、2040年代以降となる。このため越える事は当面不可能な前人未踏の記録となった。

初回盤「Call me back」MVと、AI荒井由実と現在の松任谷由実が時空を越えて対談する「荒井由実×松任谷由実 ダイアローグ」を収録。AがBlu-ray、BがDVD
通常盤はCDのみ。
3種合わせてランダムに500セット「24K GOLD DISC」(Gold Disc version)で出荷されており、さらにそのうち限定10枚には松任谷由実本人がプレス工場で直筆サインを入れている。Twitterではでこれに当たったファンのツイートを公式Twitterがピックアップしてリプライを送っていた。配信ではApple Music(の事実上スマホ版限定)で空間オーディオ用のミックスで配信されている。ハイレゾでも配信されており、Apple Music、Amazon Musicではハイレゾでのストリーミング配信となる。

パッケージ上の曲目には表記は無いが、配信やCDデータベースでは新曲以外の全曲に2022 mixの表記があり、全曲GOH HOTODAがオリジナルマルチよりリミックス&リマスタリングとされ、クレジットにもThis album Mixed & Mastering by Goh Hotodaという記載がある。また一部楽曲は松任谷正隆がオリジナルマルチまで遡りエディットを施したとされているが、こちらに関してはブックレット上ではどの曲が該当するのかは表記されていない。この2022 mixは実際には全てリミックスではなく、3段階存在(リマスターのみ、リミックス、松任谷正隆による一部演奏差し替え)することが明かされている。何故か公式サイトよりもキョードー西日本のインフォページで詳しく解説されている。

新曲「Call me back」は1980年の未発表トラックを元に新たに歌詞を書き下ろしたと説明されているが、この曲のみ演奏クレジットがあり、ギターが2016年に亡くなった松原正樹となっている。よって演奏も1980年当時のバンドメンバーによる録音をそのまま使用している模様。またこの曲自体は完全な未発表のままではなく、1982年に白石まるみに「恋人がいても」という曲に改作して提供していた。この情報も公式サイトには載っていないがキョードー西日本のインフォページで詳しく解説されていた。今作は発表順では「恋人がいても」の歌詞違いセルフカバーという事にもなるが、「恋人がいても」になる前のあくまで1980年の未発表トラックを基にして制作されているためかセルフカバーという扱いにはなっていないようだ。

選曲だけ見ると『日本の恋とユーミンと。』と大半が重複。「緑の町に舞い降りて」「瞳を閉じて」「満月のフォーチュン」「セシルの週末」は前ベスト『ユーミンからの、恋のうた。』に続いての収録、「Forgiveness」「冬の終り」は『SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-』以来、「最後の春休み」「花紀行」「潮風にちぎれて」は『SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-』以来、「よそゆき顔で」は『sweet,bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST』以来、「サーフ天国、スキー天国」「Valentine's RADIO」「VOYAGER〜日付のない墓標〜」は『Neue Musik』以来の選曲となる。

ベスト初選曲は「情熱に届かない〜Don't Let Me Go」「5cmの向う岸」「ホライズンを追いかけて〜L'aventure au desert」「星空の誘惑」「宇宙図書館」の5曲、そしてアルバム初収録は「消灯飛行」で当時のシングルはレコード、1989年に8センチCD化されて以来のCD収録となる。

民放ラジオ99局で2万通とされているが募集期間は5月9日〜29日(OA期間はある程度募集が溜まった16日〜)。99局2万通となると1局あたり合計約202通1日1局10通くらい。地方のローカル局も含むとはいえいくらなんでも1日に1局あたり10件しかリクエスト来ないのは少なすぎるが、"約2万通のエピソード"とあるように自身の思い出エピソード作文まで添えたリクエストは2万通という事だろう。それなら妥当なのかもしれない。正直それでも民放ラジオ99局総力を結集してエピソード募集してこの数字というのはちょっと少ないかなとは思うが、今はこんなものなのか(一昔前は人気番組への投稿は毎週数千枚とか普通に言われていた記憶があるだけに…)。選曲は作文なしのリクエストも考慮されているとは思うが、作文付2万通が選曲において優先されているのは確かでそうなるとけっこう対象が狭い感じもする。

とはいえ大半の選曲が今までと変わらず、代表曲ってもうだいぶ固まってきているなと思うような選曲だ。といっても「acasia[アカシア]」とか「BLIZZARD」など必須かと思われる曲がさらっと抜け落ちていたりと全てが全ていつもと同じような感じでも無く、前述のように初選曲や久々の選出もチラホラある。「サーフ天国、スキー天国」は「BLIZZARD」と入れ替わった感じだろうか。元々この辺りのゲレンデソングは映画『私をスキーに連れてって』の思い出があるリスナーが多そうで、この映画の主題歌は「サーフ天国、スキー天国」だったりするので、この辺りは2万通作文が効いたところかもしれない。

いずれにせよ選曲だけだと全体には今までのベスト盤で散々聞いた事のある曲にチラホラ馴染みが薄い曲が混ざっている程度ではあるんだけど今作のポイントはやはりGO HOTODAによりリミックス&リマスターだろう。これは松任谷正隆が長年固定でマスタリングを任せていたバーニー・グランドマンをあっさり切り捨ててGOH HOTODAをべた褒め心酔するほどの近年の様子から明らか。GO HOTODAによって過去の曲が新鮮に生まれ変わる感覚が素晴らしいものだった事から実現したのは明白だ。特に80年代特有の打ち込みサウンドに強い後悔を語っていた松任谷正隆はストリーミング配信の際のリマスターの時でもリマスターで少しでも何とかしてほしい旨を語っていたが、深まった信頼はついにマスタリングに留まらずにミックス変更にも及んだ。80's打ち込みサウンドが目立っていた「リフレインが叫んでる」「ダイアモンドダストが消えぬまに」なんかはごっそりドラムの音が差し替えになっていて対応が実に分かりやすい。思い出があるリスナーには余計な事かもしれないが、既存音源でのリマスターはストリーミング用全曲リマスターでもう済んでいるので、今作では新たな解釈として新鮮に聞けるのが最大の魅力だろう。全く変えていないリマスターだけの曲もあるようだけど、特に筆頭で有名で聞き慣れたような曲は軒並み何かしらの変更はされているように聞こえる。

アルバム単位でビートルズみたいに50thエディションを出していくには数が膨大過ぎるのであまり現実的ではない(毎年オリジナルアルバム発売50周年で出していくのは時間的に不可能で本人含めた関係者どころかリスナーも大半が途中であの世行きである)、既存音源のリマスターが完了している今、新たなベスト盤をただ出すのではなく、新規のミックス変更での編集盤は今後もありかもしれない。

ブックレットには1曲ごとにリスナー1人の作文が採用されていて様々な人生の側にユーミンの曲が会った事が改めて分かるが、内容自体は全て個人的なエピソードであって曲解説とかではないのでそこまで興味深い内容ではなく、個人的にはそれこそラジオで紹介するか別冊にしていただいてブックレット本編のページを割くのはちょっとしんどいなという感じではあった。

初回盤の「Call me back」はハイセンスな近未来合成映像が炸裂。これも珍妙と言えば珍妙だが、「荒井由実×松任谷由実 ダイアローグ」はAI荒井由実と現在の松任谷由実が画面を通じてのトークを繰り広げるというさらに斜め上を行くシュールな内容。まずもって両者の声が違い過ぎで現在のユーミンの声が低すぎるのか、AIが高すぎ&機械音声すぎるのか。荒井由実時代の普段の声なんて聞ける機会が無いのでさっぱり分からない。50年の加齢でここまで声変わったの…?

B0B5G4LKMB初回盤A(Blu-ray付)  B0B5GC3P4C初回盤B(DVD付)  B0B5G7H3KN通常盤 

印象度★★★★★

2022.11.27更新

戻る