勝手に2018音楽大賞~途中経過~

上半期が終わってないのに6月真ん中あたりから流行り始めてしまい6月後半の作品が不遇になりがちでお馴染みの上半期勝手にランキング。かつて上半期があるのに下半期だけが無いのは不公平だという話題が出たことから途中経過と題したはいいが、結局みんな散開して使ってるのほとんどここだけになってるじゃないか。

楽曲部門

1.シンクロニシティ/乃木坂46
2.雨あがりのステップ/新しい地図
3.嘘みたいな奇跡を/藍坊主
4.Journey/DEEN
5.ブラッドオレンジ/藍坊主
6.Lemon/米津玄師
7.Love me, Love you/Mrs. GREEN APPLE
8.お手上げサイキクス/Shiggy Jr.
9.スウィートテンプテーション/GOING UNDER GROUND
10.ドラえもん/星野源

候補曲一覧

Topaz Love/KinKi Kids
暗闇/STU48
ストロー/aiko
闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて/サザンオールスターズ
here comes my love/Mr.Children
KISS is my life./SingTuyo
ラストロマンス/東京女子流
ONE TIMES ONE/コブクロ
イッツ・オールライト・ママ/福耳
ハロー、ハロー/坂本真綾
浴びて!光/Every Little Thing
Live Fast Die Young/miwa
アウトマイヘッド/LUNKHEAD
kissはあげない/東京女子流

かなり慌てて短時間でざっと並べたところこんな感じに。いつもC/Wばかり上の方に並べているので乃木坂46の表題曲をこんな1番上に置いたのって初めてかもしれない(「君の名は希望」を3位に置いたのが最高だったと記憶しているが…)。何かこのタイミングで最高の高みと凄みと感動を覚えた1曲。

「雨あがりのステップ」はSMAPから含めても相当久々にストレートにいい曲だなぁと思えた1曲。

藍坊主は完全復活、DEENもベスト盤の新曲に外れ無しを継続。

「Love me, Love you」は最近あまり聞かないブラスポップナンバーとして本当にハッピーでインパクトがあったなと思う。

Shiggy Jr.はいつになくガツンとしていてロックバンドとしての意地を見た。

アルバム部門

1.木造の瞬間/藍坊主
2.二重螺旋のまさゆめ/Aqua Timez
3.KICK UP!! E.P./Shiggy Jr.
4.新空間アルゴリズム/スキマスイッチ
5.僕だけの君~Under Super Best~/乃木坂46
6.二十歳のモーニング娘。/モーニング娘。20th
7.ENSEMBLE/Mrs. GREEN APPLE
8.走り出す瞬間/けやき坂46
9.ROCK GOES ON/相川七瀬
10.BIG YELL/ゆず
11.BEST HIT AKG 2(2012-2018)/ASIAN KUNG-FU GENERATION

藍坊主は文句なしの名盤。上半期唯一の明確に名盤と言い切れる名盤

Aqua Timezはこれで最後というよりは次へ向けての1作といった印象があったので前作のようにやりきっての名作という印象にはもう1つ届かず。

Shiggy Jr.は色々やりすぎて正直迷走気味だったが、リード曲「お手上げサイキクス」でガツンとロックした後は、シティポップの範疇になんとなく収まりそうな感じの落ち着きつつオシャレな曲調でグッと印象が統一されてきたので、初めてちゃんとした軸を感じたアルバムになった。

Mrs. GREEN APPLEはこれで3rd、まだ進化が期待できる感じがよかった。

相川七瀬は前作に続いてパブリックイメージ通りのロックをそのままやっていて、全盛期からそのまま聞くとなんもかわってねーとか言われそうだが、何気にストレートにパブリックイメージのロックなオリジナルアルバムは10年前後出ていない時期があったので、今は聞きたいところを素直に聞かせてくれるのが嬉しい。

マイブレイク部門

1.藍坊主
2.Mrs. GREEN APPLE
3.Shiggy Jr.

藍坊主は完全復活による再ブレイク扱い。

Mrs. GREEN APPLEはこの上半期で唯一メジャーでのフルアルバム3作を全部聞くくらいには好感触な純然たる20代前半の若手バンド。電子音多用は少しついていけないところもあるが、そもそもずっと数歳以上年上のミュージシャンに共鳴・感動してきたわけで、今この年齢になって10歳以上年下のミュージシャンに対して全てがしっくりくることはもう未来永劫無いと思うのでこれでいい。

Shiggy Jr.はいいんだけど軸足が全く定まってなくてあまりになんでも節操なくやりすぎて印象が固まってこなかったんだけど、ようやくここで軸が固まってきた感じがする。ただなんか、いつの間にか注目の若手扱いから外されてるっぽいし、ネクストブレイク扱いしてたリスナーが総じて離れたっぽいのでかなり手遅れっぽい気も…。

サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」 ライブビューイング

40周年を迎えた6月25日、26日にNHKホールで行われたサザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」。2日間しか無い上にNHKホールというプレミアライブは速攻完売したが、2日目である26日公演は全国映画館でのライブビューイングが決定。

発売から数時間後、そういや埼玉近くであるのかな?と思ったら浦和と新都心であることが発覚。とりあえず購入を試みたところ、買えたので行ってみる事にした。サザンのライブは初めてだが、それ以前にライブビューイングというものが初めてだ。ライブビューイングとはいったいどのような空間なのか。 「サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」 ライブビューイング」の続きを読む…

斉木楠雄のψ難

2017年10月公開。
ジャンプ漫画の実写化。2015年夏に実写映画化が発表されるもそのまま続報が無くなり、やがて今度はアニメ化が発表され16年7月にはアニメ化された。実写映画は頓挫したかに思われたが話は進んでいるとされており、結局発表から2年以上経過した2017年10月公開となった。

原作の文化祭のエピソードを軸にしてオリジナル要素、原作の各要素を繋ぎ合わせたストーリー展開となっている。レギュラーキャラクターでも削減されたキャラクターがいて、映画公開に合わせて原作漫画にてネタ(映画に出れなった面々がインタビュー形式でその思いを語る)として扱われた。 「斉木楠雄のψ難」の続きを読む…

2018年6月チェック予定CD

※あくまで予定なので聞かない事もあります。数ヵ月経過しても取り上げる様子が無い場合はお察しください。

シングル

6/6

スウィートテンプテーション
スウィートテンプテーション/GOING UNDER GROUND
5月5日のライブで聞いたけど(去年からもっと未完成な状態で披露していたらしい)、サビだけ曲調が変わる不思議な曲だった。

Truth.(初回生産限定盤)(DVD付) Truth. Truth.(期間生産限定アニメ盤)
Truth./TrySail
安定して期待。

カタルシスト(通常盤)
カタルシスト/RADWIMPS
フジ系のサッカーW杯タイアップという事は久々に分かりやすい曲?

6/13

Are you Happy?/A gonna(初回生産限定盤SP)(DVD付) Are you Happy?/A gonna(初回生産限定盤A)(DVD付) Are you Happy?/A gonna(初回生産限定盤B)(DVD付)
Are you Happy?/A gonna(A) Are you Happy?/A gonna(B)
Are you Happy?/A gonna /モーニング娘。’18
もう単独A面出さないんだろうか…。

6/20

kissはあげない(CD+DVD)
kissはあげない/東京女子流
ここのところシングルリリースは順調だが…。

アルバム

6/6

湿った夏の始まり[初回限定仕様盤](特典ポスターなし)
湿った夏の始まり/aiko
安定して期待しつつさすがに少し期待は下がりつつはある。先行シングルは良かったけど。

Wake Up(初回限定盤)(DVD付) Wake Up(通常盤)
Wake Up/エレファントカシマシ
前作以降のシングルがあまり過去を越えていく感じが無かったので少し期待は低い。

Do me a favor(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付) Do me a favor(通常盤)
Do me a favor/鈴木愛理
単独でどれくらい人気と知名度があるのか実は良く分かってないんだけど継続的なソロ活動ができるくらいの人気はあるのだろうか。ていうかアップフロントはみんなシオシオになるんだよな…。

6/20

走り出す瞬間(Type-A)(Blu-ray Disc付) 走り出す瞬間(Type-B)(Blu-ray Disc付) 走り出す瞬間(通常盤)
走り出す瞬間/けやき坂46
まさかの新曲18曲。乃木坂46は最高12曲、欅坂46の去年の1stでも16曲なのでなんか越えてしまった。48系列はここのところシングル以下の数曲程度、AKB48でさえついに一桁になってしまっていたが、18曲というのは全盛期AKB48(1830~ロドスまでの3作)に続く新曲数なのでは。何が起きた?

SHISHAMO 5 NO SPECIAL BOX(完全生産限定盤)(グッズ付:Tシャツ+ビニールポーチ) SHISHAMO 5(通常盤)
SHISHAMO 5/SHISHAMO
「明日も」以上の曲どころか並ぶような勢いの曲が出てくる気配が…。

Fight & Kiss
Fight & Kiss/さかいゆう
2017年一切リリースが無いままだったのでオーガスタの乱(なんかユニバーサルに経営譲渡状態)に巻き込まれてひそかに契約切れかと思ったが無事にユニバーサルのオーガスタレーベルから復活。

6/27

Enjoy(初回限定盤A) Enjoy(初回限定盤B) Enjoy(通常盤)
Enjoy/大原櫻子
ここのところ部下の小名川高弘に丸投げしていたが、やはり亀田誠治は不参加(正確には最後に提供したシングル「ひらり」のみ)。部下に丸投げというか弟子に完全に譲った感じだろうか。

初恋
初恋/宇多田ヒカル
とりあえずチェック。

誕生(初回生産限定盤) 誕生(通常盤)
誕生/チャットモンチー
アルバムは全作聞いたものの2人以降の変化にさすがについていけずシングルをスルーしていたので全部初聞き。

OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労](初回生産限定盤)(DVD付) OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労](通常盤)
OH! MY RADIO+Live Tracks[UC30 若返る勤労]/ユニコーン
新曲にライブ盤つけたらアルバム扱いにされた。REBECCAとどこで差がついた?

MH/星村麻衣
あの酷い公式通販対応からリリースが停止して4年。

Blu-ray

6/20

DEEN at BUDOKAN FOREVER ~25th Anniversary~(完全生産限定盤) [Blu-ray] DEEN at BUDOKAN FOREVER ~25th Anniversary~ [DVD]
DEEN at BUDOKAN FOREVER ~25th Anniversary~/DEEN
完全原曲キー。3人最後の姿を焼き付けろ。