Re:Mind 全12話

けやき坂46(ひらがなけやき)主演。閉じ込められたメンバーが脱出を図るドラマ…って先日何もかも投げっぱなしで終わった『残酷な観客達』と大枠が一緒じゃないか。『残酷な観客達』は日テレだったが、今回はテレビ東京。かつてマジすかシリーズがテレビ東京から日テレへ移籍した事はあったし、『残酷な観客達』唯一のオチがメンバーがけやき坂46に変わって始めからやり直しというものだったとはいえさすがにストーリーに繋がりは無いようだ。

放送前に長濱ねるが欅坂46専任になる事が決定。元々最終オーディション前に親に連れ帰された事で最終オーディションを受けられなかった長濱ねるだったがその逸材っぷりを見込まれていた事と、反省した親が再コンタクトを取ったところ、特例加入が決定。最終オーディションを受けていないので、「けやき坂46」として加入させるという形でけやき坂46のメンバーを集める事になった。いわば長濱ねる加入の建前のために作ったのが「けやき坂46」で、たぶんあまり先の事を考えずに、従来の枠(アンダーグループ)と外れた形の事をやろうという着想だったと思われる。

欅坂46の全員選抜、全員揃ってのフルパフォーマンスというのが固まり、欅坂46に選抜、アンダーは存在しない路線で突き進む中、ひとまず11人追加して12人になったけやき坂46は単独でのライブ等を行いつつも楽曲発表の場はあくまでC/W

未だどうするつもりなのか不明の中、欅坂46ではなくけやき坂46の2期生を募集して9人追加。21人になったところで長濱ねるが抜ける事になり現在20人

今作はけやき坂46の1期生12人の主演予定だったが、長濱ねるがいなくなったので急遽2期生から1人をオーディションで選抜されたという。そのメンバーは直前まで伏せられていた。 「Re:Mind 全12話」の続きを読む…

世にも奇妙な物語 秋の特別編(2017)

90年代後半からほぼ欠かさず見ているこのシリーズだが、前回の春の特別編をまさかの録画ミスで見逃してしまった。原因は「世にも奇妙な物語」の文字だけを見て「この番組を予約する」ボタンを押したわけだが…これが…その前の昼間に番宣でやってた過去回の再放送だったというわけだ…。なんだか見たことのある話が始まり、開始1分で事態を理解した。奇妙な世界をリアルに一瞬体感したが何のことは無い、単なる録画ミスである。

というわけでミスらなかったぜ今回。
「世にも奇妙な物語 秋の特別編(2017)」の続きを読む…

明日の約束 1話

井上真央主演。「この世でいちばん謎が残る死」をした男子生徒の死の真相をスクールカウンセラーの井上真央が解明していき、その母親の仲間由紀恵と対立する…というストーリーらしい。

…が、初回はけっこうのんびり話が進む。丁寧といえば丁寧で日向(井上真央)の母親が過干渉であり、仲間由紀恵もまた死ぬことになる男子生徒に過干渉なである事をじんわり描写したり、恐らく後で見返すと繋がっていくところなんだろうけど正直かったるい。

男子生徒の不登校がまずあって、様子を見に日向が男子生徒の担任の霧島(及川光博)と家庭訪問に行くのは比較的序盤にあり、不自然に笑顔を絶やさない…やたら仲間由紀恵の顔色を見ている男子生徒、そして仲間由紀恵からの学校でイジメがあるはずだという敵意などようやく話の種がばらまかれたと思いきや、今度はまた別の女子生徒の毒親問題で、女子生徒が母に攻撃して騒動に。

酷い母親のバーゲンセールだな…。

ていうか公式の人物紹介でも日向の母を演じる手塚里美と仲間由紀恵のところに「毒親」マークが張り付けられているなど、公式に毒親押しだった。謎自体は気になるが映画で2時間で終わらせるならまだしも10話もかけて遠回りしながら真相を待ち続けるのは正直しんどい。最初からある程度サイコな人像ならまだしも一見普通なのに理不尽・身勝手っていう「毒親」描写もストレスフルな不快感があるし…。あまり見たことないけど「スカッとジャパン」の「スカッと」部分が無いまま延々10週間ほど耐えなきゃいけないって事になるわけで…。

初回延長時間になると男子生徒が家出したとしてようやく話がスタート地点へ向かう気配を見せるも…。非常にしんどい話になりそう。

これは1話離脱で。