SICK’S~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~覇乃抄

SPECサーガ完結篇と銘打たれた最終作シリーズの3分割のうちの6~10話までで1~5話の恕乃抄の7ヵ月ぶり続編。2019年3~5月にかけてParavi限定で配信され、その後12月末にはTBSチャンネル(CS)で恕乃抄、「サトリの恋」と合わせて一挙放送された。

今作の配信に合わせて「恕乃抄」を各回40分の放送枠に短縮させた特別濃縮版をTBS地上波深夜でも放送、加えてBlu-ray/DVD発売、レンタル開始も行われた。

今作に関しては続編公開に合わせてではなく、Blu-ray/DVD発売は2020年2月となった。

「恕乃抄」が戦闘終了後に主人公一派が謎の自衛隊集団に襲撃されるところで終わるという中途半端な終わり方だったがその続きから。今作では『ケイゾク』で柴田を演じていた中谷美紀を一切出さずに柴田をこれまで以上に動かしているので、柴田の出演シーンは全て台詞なし、顔映さずの影武者で乗り切るという力技で押し切る始末…。

序盤は政治的なドタバタが繰り広げられるが、途中からは宗教団体インナープラネッツとの戦いへと話が向かっていき、そのラスボスは『サトリの恋』でサトリと戦った邑瀬(山口紗弥加)。内閣の記録にはサトリと戦ったことも記録され、サトリがその後殺された(『SPEC~翔~』)事も記録されており、当時の関係者の生き残りも出てくるため最も『サトリの恋』と話が密接に関わっていく。『サトリの恋』を先に見ておいたので時を越えての繋がりと終盤の展開はけっこう熱かった。

一方で新たな謎「ホリック」が示され、その謎は最終章へおあずけで今回も終了。結局謎が増えるばかりとなり、『SPEC』の世界観とのつながりも良く分からないままだがサトリの運命が変わっていない事からも、『SPEC』での当麻絡みの事件は起きなかったか、起きて違う顛末を辿ったかは不明だが、当麻と瀬文が存在せず、ニノマエも存在せず、野々村も殉職してミショウが消滅した以外は概ね『SPEC』と同じような権力争いが起きている世界って事でいいのか。

どうにも今回も完結しそうにない予感しかないが…。

DASADA 1話

日本テレビ水曜深夜30分枠ドラマ。日向坂46主演。けやき坂46時代の「Re:Mind」に続く2作目の主演作。

撮影は2019年夏に行われたと明言されている。このため当時休業に入ったばかりの濱岸ひよりは出演していないが、主題歌制作時には復帰していたため主題歌「青春の馬」には参加してMVにも出演している。

逆に8月下旬に謎の後ろ姿写真が一部で流出すると同時に姿を消し、詳細が一切報じられないままにあれは自分だと認めて9月に自粛を発表した井口眞緒は出演とされているが主題歌には参加していない。

自分をかわいいと言っちゃう系のゆりあ(小坂菜緒)が主人公で実家の洋裁店が借金1000万円の肩代わりで半年以内に1000万円を用意しなくてはならなくなる。あまり仲が良くないクラスメイトの沙織(渡邉美穂)のデザイン画を偶然目にしたゆりあはブランドを立ち上げて金儲けしよう!と提案するもダサいからと拒否されて物語が始まった。

全員クラスメイトではなく所属もバラバラ、生徒じゃない人もいるのでひとまず初回は顔見せ程度。問題の井口に至っては設定では中華料理屋のバイトのグラビアモデルのはずが、中華料理屋のビールのポスターのキャンペーンガールとしてポスターが出てくるだけで済まされ、OP映像でも姿を確認できず。元から他メンバーとの接点が無い独立した役だったっぽいが、昨夏撮影というのが8月下旬から9月以降にまで及んでいたのだとすれば、井口は撮影途中で離脱した事になるので出番が大幅に削られてちょっと出てくる程度になっているなんて事もあるのか…?

ただ番組公式LINEスタンプの井口がまさかのこんなん(1番右下)なので、しれっと復帰してもいいと思うんだよなぁ…。

ハイポジ~1986年、二度目の青春。~ 1~2話

テレビ大阪土曜深夜30分枠、関東ではBSテレ東での放送となるローカル枠だがTVerでの配信があるので一応全国で視聴可能。きらたかしの漫画『ハイポジ』の実写化。

1話

離婚寸前&リストラされてどん底の46歳のオッサン光彦(柳憂怜)はヤケクソで訪れた風俗店で滑って転倒して頭部を強打して死亡…したかと思われたが次の瞬間に1986年高校時代の自分(今井悠貴)として目覚める。当初死ぬ前に昔の夢を見ていると思った光彦はとりあえず当時一言もしゃべれなかった憧れの人さつき(黒崎レイナ)と会話したり、高校生当時はお互い知らなかったが実は別のクラスにいた後の妻となる幸子(鈴木絢音)と遭遇するなどしていたが不良に絡まれた際に、当時も同じようにカツアゲされた事と殴られた痛みがリアルだった事から夢ではない、本当に魂が1986年に戻っている事態を認識、人生をやり直してやる!と奮起するのだった…。が、別に戦闘力が高くなったわけではなく、態度がデカくなったわけでもないので不良相手には太刀打ちできずに意外と武闘派なさつきに助けられる始末で物語が始まった。

乃木坂46鈴木絢音が出ているというので見てみたが、1986年設定なので鈴木絢音は聖子ちゃんカットみたいになっていてちょっとビミョー…。魂だけ学生時代の自分に戻って人生やり直すという超絶ベタな物語な上に、1986年だとリアルタイムの実感が無いので主人公がもう10歳若ければなぁ…。ドラマタイトルの由来にもなっているカセットテープのハイポジの話なんかは、カセットからMDやCD-Rへ切り替わっていくギリギリの世代だったので何とか懐かしさも感じられた。

基本的には今井悠貴が変顔&気持ち悪い中年オッサンノリでドタバタする要素が強くていかにもなテンプレ中年っぷりがこれまた微妙ではあるが…最後まで見れるくらい面白くなるかどうかは…ちょっと分からない…。

2話

引き続き自宅での家族の人物紹介&86年あるある紹介。けっこう頻繁に今井悠貴から柳憂怜に切り替わってメタ的に時代背景を解説したりと柳憂怜の出番も多く、86年の説明も丁寧になってきた。また光彦視点では鈴木絢音まで現代のいしのようこに切り替わるため制服姿のいしのようこと柳憂怜の会話という中年地獄絵図が…。

家庭内では懐かしさと後悔と気のゆるみもあってか、光彦はブツブツ過去を回想したり泣き出したりと家族からすれば相当な情緒不安定。今回は結局さつきに助けられた光彦が、光彦の高校の数少ない不良生徒にお前があいつらを倒したのかと聞かれ、名前を出してさつきに迷惑をかけたくなかった光彦は自分が倒したことにして黙っているように言うがあっさり広まってしまい、不良校の不良を一蹴した救世主のように扱われてしまう。さつきに謝ろうと苦悶しているだけで時間を浪費して屋上に呼び出して次回へ続く。30分しかないのにスローすぎる。まだまだ若さに嬉しがっている様子ばかりでなかなか物語が進まない状態が続く…。

ゆるキャン△ 1~2話

テレビ東京木曜深夜(金曜)「木ドラ25」枠(30分)。2015年から連載されている漫画原作で2018年1~3月にアニメ化もされていた作品の実写化。

1話

オフシーズンの冬のソロキャンプが趣味のリン(福原遥)が本栖湖の浩庵キャンプ場で黙々とソロキャンプをするという内容。そんな中引っ越してきて富士山を見るために延々自転車でやってきたものの疲れ果てて爆睡して暗くなってしまい遭難しかけていたなでしこ(大原優乃)を助ける事になる。その後高校でなでしこが転校してきたらしき事が判明(リンはまだ気づいてない)し、後の主要メンバーたちの様子が出てきたところで次回へ続く。

女子高生がキャンプするというゆる~い感じの作品のようで、まあ「けいおん!」のアウトドア版みたいなものか(考え方が古いかつ安直)。昨年の『チート』での福原遥が好印象だったので見てみたけど、1人ソロキャンプしているだけでも絵になるかわいさはさすが。冬のアウトドアは風景も良さそうだし(といっても初回放送前の大晦日に福原遥が「先日オールアップ」したとインスタに上げていたので年内で撮影終わってて冬というより晩秋の景色っぽいけど)、ゆるい系の話ならこじれたような展開もなさそうでほのぼの路線だろうし、ゆるく楽しめそうかも。

2話

転校してきたなでしこは野外活動サークルに入部するが、部員は大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)の2人しかいなくて焚火しているだけだった。あからさまに残念そうな顔をするなでしこに慌てた2人は昨夏オークションで980円で購入するも届いたのが秋になってからだったので1度も開いていないテントを引っ張り出してきて校庭で組み立て始める。図書委員をしていたリンは友人の斉藤(志田彩良)とそれを眺めていてなでしこが転校してきたことを知る。

テント設営に失敗してポールを折ってしまった3人はリンが持っていた修繕アイテムを斉藤経由で譲ってもらいテントを完成。この過程でなでしこも気づいてサークルに誘うが1人キャンプが好きなリンは露骨に嫌な顔をしてしまい…。

CM明けにはふもとっぱらキャンプ場でソロキャンプを始めるリン…という先週と似たようなまったりしたソロ映像が続くが、LINEを受け取った斉藤がなでしこにリンの居場所を教えた事でリンが何やら鍋道具一式を持って駆けつけて驚愕したところで次回へ続く。

1人が好きなリンと人懐っこくて明るいなでしこの2人のバランスがなかなか楽しい。期待通り富士山をバックにした自然風景も癒される。一方で大垣のメガネツインテール前髪パッツンな容姿はいかにも漫画キャラのコスプレ感が全開で変なインパクトが…。アニメ版の大垣を見てみたらもう少しかわいらしいビジュアルになってるし、他の4人もナチュラルに寄せているのに、何故大垣だけ変に髪形とメガネが強調されて超個性派な人みたいになってしまったのか。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 1話

日テレ日曜22時30分枠。2015年に始まったこの枠は今作から読売テレビ制作に切り替わったらしい。

かつては天才少女棋士として注目されたが10年前のとある事件をきっかけに弱気になってしまい近年はさえない棋士になってしまったレン(清野菜名)だったが、メンタリスト森島(横浜流星)の催眠により覚醒した際はパンダ風メイクと異様な身体能力により世の中のグレーゾーンを暴いて白黒ハッキリさせる動画を公開するミスパンダとして活躍していた、というかなり荒唐無稽な話。

理不尽な事件とそれをスカッと解決して成敗するという黄金パターンを現代風に色々脚色した結果なんだかとんでもない設定のドラマが出来上がったような…。主人公なのにレンがミスパンダの自覚が無い(完全に別人格状態で互いを認識してない)のも凄い。言うなればレンが眠っている間に派手に立ち回って事件を解決しているので派手に変装して派手にアクションする眠りの小五郎みたいなもんである。

またミスパンダにまつわる関係者全員が過去の事件による何らかの精神的な問題を抱えていて、レンと母親は10年前に何かあったらしく、レンの性格が変わったのもこれが原因で母親の方はもっと状態が悪いらしく入院したまま。森島も過去に警官だった父親(田中圭)が失踪の末に白骨死体で発見された事件を追っていて復讐を考えているようだし、森島に事件解決を依頼する大臣(佐藤二朗)に至っては言動が既に危ない状態な上に、自らを「Mr.ノーコンプライアンス」と名乗る始末。しかも佐藤二朗なのでなんかふざけているのか本気でやっているのか良く分からないという…。福田監督作品ではないのでふざけているのではなく本気で演技しているだけだとは思うが。

相当ぶっ飛んだ設定ではあるけど、適度な謎をふりまきながら面白くはなりそう。

1話のゲスト(被害者)があの真相一切不明のまま泥沼化している事でお馴染みのNGT騒動で知られる山口真帆で、役柄が整形美人なのは良かったが社長の歪んだ行為(本当は好きなんだけどブスだなんだと暴言を浴びせてよく触っていた)を苦痛として整形後に訴えようとしたら殺されたというなんだかどこか彷彿とさせるような設定の数々。ホワイト企業として知られていた社長に対してブラックだと言い放ってみたり、読売テレビ側がNGT事件の構造をトレースして反映させたかのようで何だか複雑だった。