電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 特別編

2018年冬クールで放送された「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」のスピンオフ特別編。清水(村上淳)の策略でアイ(西野七瀬)が奪われてしまい記憶を失って清水の元でアイドル活動を開始して色々あったが清水の元からアイを取り返した直後、洋太(戸次重幸)は翔(野村周平)を放置してアイを自宅へ連れ去ってしまった。そこには原作で人間になったあい(西野七瀬)がいた…という10話ラスト~11話序前半の間の話を膨らませた内容。

連ドラでは残りの時間を有意義に過ごしてもらうために、人間あいとアイが話をして、洋太は翔と話をすることでお互いの気持ちをいったん整理してもらってから2人は再会するという流れだったが、今回アイがあいと話した後、帰還する前に自身の運命と翔との別れを受け入れるエピソードという触れ込み。

あいとの話を終えて外出していたアイは飼い犬を探す少年と遭遇。少年との交流を経て好きな女の子と犬への愛情の違いや、実はその探していた犬が余命間近である事、別れをちゃんと伝えたいという少年の思いを見たアイは気持ちの整理をつける…みたいな話。正直別にあってもなくてもあまり問題が無いというか無理やり付け足したような話だった。

こんなんよりも終盤謎のキャラ変で最早何を言っても聞く耳を持たない超絶不機嫌・人間不信モードになって当たり散らした奈々美(飯豊まりえ)の心情をもう少し補完・救済してほしかった。終盤になって急にアイを一方的に敵対視してキツい言葉ばかり浴びせていたのが手紙1枚で無理やり和解済んだ感じに持って行った上に、気まずくなった翔との接点は最後まで無いままという放り投げっぱなしで出番終了だっただけに補完が必要だったのは明らかに奈々美の人間関係回りだったでしょう…。

随所に回想が挟まれたが、新キャストの少年以外は戸次重幸が出ただけで野村周平、飯豊まりえ、清水尋也のクレジットが全部「(回想)」になっていて完全不参加だった。ほぼ西野七瀬の個人PV状態で、むしろ戸次重幸だけよく出てくれた…。

ラストシーンでは洋太が回収してきたすべてのビデオガールのテープの中に1本抜けがあり、これが再生される事を2人が危惧しているという謎カット、その抜け落ちているビデオガール・マイ(パッケージに出ているのは乃木坂46山下美月)が何者かに再生され、4月から新シリーズが開始されることが告知されて終了。マイというのは原作2部ではなく、あいの敵として暗躍したビデオガールのようで前回同様に設定を再利用して新展開で話を進めるようだが、危惧する2人のカットを入れたという事は戸次重幸や西野七瀬もサブキャストで続投するのか…?

3年A組-今から皆さんは、人質です- 2話

2日目、柊(菅田将暉)から自殺した景山澪奈(上白石萌歌)のドーピング疑惑をネット上に巻いて中傷していた投稿者は名乗り出ろという課題が出される。既に初回の段階で澪奈とさくら(永野芽郁)が親しくなるのを宇佐美香帆(川栄李奈)が面白くなさそうに見ているというカットがあってかなりバッレバレだったが、やはり犯人は香帆だった。視聴者や一部生徒(さくらや唯月(今田美桜))にはバレバレなのにギリギリまで黙っていた上にさくらが代わりに名乗り出てようやく開き直って自白する始末だったがそこからはなんか熱い学園モノっぽい柊の説教展開に。

動機としては澪奈にプレゼントを突き返されたのとさくらと親しくなるのを見て怒りに支配されてストーキング、上履きビッチョビチョ、水着切り裂く、家のガラス割る(ここからは自ら顔出しして行っていた)、直接対決で死んでくれ!と叫ぶ…等々なかなかサイコさん。エスカレートした行為そのものへの反省に焦点が置かれていたが何故こうなったかには言及されず。そもそも澪奈がプレゼントを拒んだ原因は元々香帆が人気者の澪奈と友人でいることにファッション的価値を見出していてそれを隠そうともせずに澪奈の前で堂々無自覚に語っていた(写真撮った直後にフォロワーが増えるとか平気で発言)せいだとかなり分かりやすく描かれていたんだけど何故か柊はそこに言及しないという。澪奈は本当の友達になりたがっていたという事だけはさくらを通しても伝えられたが果たして香帆にそこまで到達する思考があの状況であったのか…。

なお前回殺した生徒が生きているのでは?疑惑が持ち上がった事で主に男子勢がイキりまくって、柊を度々殺る気で襲撃したためさすがに全て無傷で済ます事も出来なくなり、早くも頭部から流血したり殴られまくったりと柊にもダメージの蓄積が…。偽の手首を見せたことで殺害に信憑性を持たせてイキり男子勢をおとなしくさせていたが、そうなるとやはり生きているのか。

初回冒頭で教師勢が踊っていた謎の朝礼ダンスだが、今回は柊が強要して生徒全員でダンシングしていたのでどうやら校風らしい。

3年A組-今から皆さんは、人質です- 1話

3月10日の卒業式まで10日後に迫った3月1日。3年A組の担任教師の柊(菅田将暉)は突如クラス全員を人質にすると宣言。事前に仕掛けていた爆弾で廊下を破壊して自身の拠点である美術室と準備室、トイレと教室を孤立させる。目的は半年前に自殺した景山澪奈(上白石萌歌)の自殺の真相を探し出せというものだった。

さくら(永野芽郁)と澪奈の友人関係が回想を交えて描かれ、水泳の全国クラスのエースだった澪奈がドーピング疑惑でクラスからイジメに遭っていた事や、澪奈が本心ではないが絶縁の手紙をさくらに送った事でさくらもイジメを黙認していた後悔などが語られた。クラスからは学級委員ながら気弱な性格から(好きな事には饒舌になる)奴隷呼ばわりされていたさくらは澪奈をバカにする男子に飛び膝蹴りを喰らわせて激昂するなど覚醒。自殺は自分のせいだと結論付けるが柊は違うと言い放ち、宣言通りに生徒1人(中尾(三船海斗))を殺害(?)。1日目が終了した。

3月10日、すべてを終えて飛び降りる柊という結末から見せる意味深な冒頭から、先生全員の朝礼が謎にダンサブルなダンス(校長が終わった後にハアハアしている)というシュールさが妙に印象的だった。

柊は2年前に赴任してきたばかりで、美術の講師で澪奈をモデルにして絵を描いていた事が他生徒にも目撃されていたが、A組の担任になったのは澪奈の自殺で前担任が降りてからだったという。このため生徒たちは2人のアヤしい関係を疑っていたが目的は不明のままで徐々に明らかになる模様。またあまり主張せず生徒たちにもからかわれ放題という生徒にはナメられた存在だったらしいが全てはこの時のための演技だったようで実際は格闘技に長けていて襲い掛かってきた生徒複数を一蹴していた。アクション俳優を目指していたというセリフもあったが、中の人が元仮面ライダー

これから徐々に真相と生徒たちの内面・改心が描かれていくようでなかなか面白いドラマになりそうだ。

SUITS/スーツ 最終話

自身が有罪にしてしまい13年ぶち込んだ男の冤罪を晴らすという目的で再審請求に挑むことにした甲斐(織田裕二)は幸村(鈴木保奈美)の許可を取り付けてこれが最後という条件で鈴木(中島裕翔)にも協力を要請。

真犯人の証拠をつかむために追い詰められながらも疫病神遊星(磯村勇斗)も最後の最後に貢献。真犯人がかつてクスリに手を出していた事から売人経験のある遊星の人脈が役に立ち、さらに完全に違法行為ながら真犯人のうち気の弱そうな1人を襲撃して無理やり自白させる実行犯の役回りを引き受けてくれた。まあ今まで犯罪実行は鈴木にやらせるばかりだったのでこれくらいはしてくれないとな

全てが片付き、最後に鈴木の処遇が残ったが、甲斐は事務所の不正を部下たちに調べさせそれを突き付けて何らかの取引を行った。明言されなかったが鈴木のクビは撤回された…が、甲斐はボストン行きのチケットを渡して休職しろ2年やると告げるが、別に2年で資格を取って来いというわけでもなく今のうちに遊んで来いと告げ何がなんだか分からないいままに終了。

詐称のままで向こうで経験を積んでもっと使えるようになって来いという事だったのか、ねぎらいだったのか何だかよく分からなかった。前回の玉井のテープレコーダーといい、唐突なところがいくつか分からないままだったな…。

砂里(今田美桜)と真琴(新木優子)との女性関係も最後はあまり盛り上がらず、真琴には理由を語らずにやめるとだけ告げていた鈴木。砂里は真琴の言葉なら思いとどまるはずだから説得してほしいと真琴に頼んできて、真琴が最後の仕事を終えて戻ってきた鈴木に声をかけたものの、すぐに甲斐がやってきてしまった。そのまま辞めないことになってしまったので嬉しそうににんまり笑って去っていくだけで真琴の出番が終わってしまった。説得託されたのに説得不要で片付くとかナンダソレ。

とりあえずボストン行きで終わったので、戻ってきましたというところから続編の制作は可能っぽい。原作である海外ドラマ版のストックは膨大にあるようだし、これは続きが見たいドラマではあった。前半は甲斐が理不尽に見えすぎたところがあったのとコンビ感が皆無で2人のエピソードがほとんど別進行だったので何ともハマり切れなかった。しかし後半から急に甲斐が人徳者になって信頼を見せるようになり、それからの方が見やすかったし、急にコンビっぽくなった。コンビになっていく様子をじっくりという感じでもなくテコ入れされたかのように急に態度変わった感じがしたけどそういう原作だったのだろうか。蟹江の憎たらしさはコミカルな感じを醸し出して嫌な奴だけどどこか憎めないみたいなポジションぽかったけど、そのさじ加減が微妙すぎた感じはある。なんか邪魔ばっかりしてた印象になってしまった。いずれにせよ後半コンビになってからの2人の物語はとても良かった。

SUITS/スーツ 10話

以前もちょろっと出てきた甲斐(織田裕二)の検事時代の上司柳(國村隼)が再度登場。柳は裁判を有利に進めるために証拠隠しをしており、それを知った甲斐は検事を辞めて弁護士へ転職した。柳はあと少しで検察のトップに立とうとしていたがそれを良く思わない派閥により汚職疑惑を週刊誌に報じられていたが、さらに甲斐の後輩だった澤田(市川海老蔵)も柳の不正を証言してほしいとやってくる。

権力争いだとにらんだ甲斐はどっちつかずな態度を取って決定的な証拠が無いのか様子を伺っていたが、澤田が提出してきた資料の中にかつて自分が有罪判決を出した13年前の事件を発見。その事件が冤罪であった証拠が柳によって甲斐の元に届いていなかった。自分の担当事件でまで不正があったことが判明したため、速やかに柳にトップの座をあきらめてほしいと進言する甲斐だが決裂。苦悩する甲斐だったが、見かねた玉井(中村アン)が突如幸村(鈴木保奈美)にこれで終わらさせてくださいと謎の音声レコーダーを渡すと、幸村がそれを持って柳の元へ向かって脅し、柳はあきらめてしまい事態は甲斐の知らないところで終結してしまった。

長年仕えていたとはいえ玉井が何故そんな決定打になるようなレコーダーを持っていたのかは謎のまま。けっこう甲斐が苦悩し続けた末に急に便利アイテムみたいに出てきたレコーダーで終わってしまったのでビックリ。てっきり最終回と続く話かと思ったら、続きではあるんだけど別の案件に移る展開だったとは斬新な…。しかし柳の元に甲斐が出向いた際にこっそり盗聴器として仕込んでいたのか…?

しかし甲斐が思い悩んでいたのは柳の不正が自分の担当事件にまで及んでいた事=確実に無罪な人を13年ぶち込んだままという事であり、この事件を解決したいと幸村に告げるという形で最終回へ続く。

一方の鈴木(中島裕翔)は疫病神遊星(磯村勇斗)の密告で幸村に詐称がバレていた。疫病神遊星が持ってきたのは替え玉受験で捕まった際の新聞記事1枚だけだったがこんなんしっかりストックしていたのだろうか…。

即刻クビを訴える幸村に対して甲斐は今訴えれば事務所が終わると告げるが、幸村は蟹江(小手伸也)と遺産相続の件で争う姉妹を姉と妹それぞれにあてがい、どっちの主張を通せるかの勝負をさせる事に。蟹江に勝てるような事があればクビを撤回するという状況だったが、どちらかというと辞めさせる理由づくりといった装い。途中で砂里(今田美桜)の泣きながらの電話で幸村にバレている事を知った鈴木は卑怯な蟹江の騙しあいを何とか交わして騙し討ちして勝ったかに思われたが、蟹江の卑怯さは想像以上で蟹江の勝ち。鈴木はクビを待つのみとなってしまった。

『黄昏流星群』に出演中だったはずの本仮屋ユイカがこの姉妹の妹役で出演。『コンフィデンスマンJP』に続いて今年は月9に2回ゲスト出演となったが、月9に出ると扱いが軽くて出番が少ないのは何故だろう…。