SUITS/スーツ 8話

建設会社の有害塗料による健康被害の集団訴訟の控訴審を受けることになった甲斐(織田裕二)は幸村(鈴木保奈美)から鈴木(中島裕翔)だけでなく、真琴(新木優子)、蟹江(小手伸也)にいつも苛められているアソシエイトの健斗(岩井拳士朗)と組む事に。健斗はモブまみれのアソシエイト勢の中では初期から目立っていた人物で、大“輔”呼びを聞いていて幸村に匿名で密告した事もある人物。今回も真琴に大”輔”と呼ばれていた事を告げてあいつ何か秘密があるなどと不穏な事を言っていたが…。

なんと早々に鈴木の記憶能力に圧倒されてほとんど役に立たないままに相手側への情報漏えい騒動を起こしてそれを真琴に押し付ける真犯人という散々な役どころに…。しかも一応謝罪はしたが真琴を下に見る発言をするなど蟹江ゆずりの外道っぷりを発揮。ここまでの悪党っぷりを見せておいて蟹江が保身のために(辞められると蟹江の責任になるので)クビにしなかったので無傷で済んでしまう始末。

また今回の相手側弁護士は以前も出てきた甲斐の後輩の山本未來。原告の弱みを握って脅迫して訴訟を辞めさせるという手段の選ばない手法でどんどんと追い込んでいく。周囲が甲斐のやり方を真似ているとか、蟹江もまるで甲斐を相手にしているようだとか評していたけど、ここのところの甲斐は割と人情味のあるところを見せることも多いので、明らかに山本未來の方がえげつないような…。その辺、甲斐との違いを誰か言及するのかと思ったら誰もしないし…。

結局最後まで残った矢田亜希子を突破口に別の悪事を暴くことで大逆転勝利。今回も締めは鈴木との名タッグwith復帰した真琴でチームワークも見せてきた。

必死に真琴をかばって玉井(中村アン)の協力もあって犯行を暴いた鈴木は先週失った真琴の信頼を取り戻すことにも成功。しかし砂里(今田美桜)との三角関係も複雑になってきた。通常どっちかはあんまり魅力的に描かないようなところなのに、どっちも魅力的で凄く難しい三角関係になってないかこれ。

そして遊星(磯村勇斗)も早くも再上京。鈴木は冷たく追い返してしまったが、何故か「東京でもう1度勝負したいんだ」とか謎の勝負許可を請うてきただけだったので勝手にやってくれよで丁重に追い返したほうが良かったのでは…。

それにしても矢田亜希子の出番の少なさが…。ここ1,2年は連ドラにはゲスト出演しかしてないし、去年の『未満都市』でも出番少なかった。ストーリーの展開上完全に山本未來の方が目立ちまくりで格上の扱いになっていたが、織田裕二とは04年の月9『ラストクリスマス』で主演カップルだっただけに格落ち感がハンパ無かったのは切なかった。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 8話

上条は意識不明の重傷で入院。回復魔術もあるので全員無事だった天草式はアックアが提示した期限よりも遥かに早く再戦を挑み、圧倒的な力の差を切り札の「聖人崩し」をぶつけることで逆転を狙う。天草式十字凄教の主要メンバーの大半が日本人名であるからなのか、「聖人崩し」と書いてなんか横文字の技名がつく事は無くまさかのそのまま「せいじんくずし」。

無事に炸裂させた五和だったが、アックアは聖人なだけでなく神の右席でもあるからとかなんとかいう理由でノーダメージ。打つ手が無くなり全滅必至の天草御一行だったがそこにかつてのトップであり、今作には物語の1番最初にステイルやインデックスと一緒に最初に出てきた魔術師にして聖人の神裂火織が久々に参戦。戦闘を開始し、さらに病院で目覚めた上条も満身創痍の中抜け出して次回へ続く。

原作の文章だと天草御一行がアックアに対抗するために高度な作戦を展開していたのがツラツラと書いてあったんだろうけど圧縮してアニメ化すると、終始理屈こねがらなんかいろいろやっているけど結局何言ってるのか分からないし、聖人崩しとやらは全く効きませんでした…という感じで今回ほとんど話が進まなかったように見えてしまうのは仕方ないか…。

souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~

竹内まりやデビュー40周年企画の1つとして2018年11月23日(金・祝)~12月7日(金)の期間限定で劇場公開された映画「souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」を見てきた。

両親がほぼ同世代で元々『Souvenir~Mariya Takeuchi Live』以降のアルバムが全て現物で家に置いてあるのは両親が聞いていたというのも大きく、『Denim』なんかはリリース当時22歳の俺にはちょっと渋すぎてさっぱりだったが両親の方が世代的に響くものがあったらしい(「人生の扉」とか)。

そんなわけで良いタイミングなので見てきた。やはり来ているのは両親前後の世代が多かったが、一応自分と同世代のいわゆるドラマ『眠れる森』世代(カムフラージュ)もいるにはいた。 「souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」の続きを読む…

SUITS/スーツ 7話

甲斐(織田裕二)のクライアントであるリゾートホテル社長が海外ホテルからの合併話を受けようとするが、その条件はほとんど吸収だった。社長本人は乗り気だったが、ホテルのブランドや経営方針もほとんど残らない合併条件は弁護士として飲めないとする甲斐。その相手弁護士は1話の替え玉受験息子の親だった弁護士の橋本さとし…だったが、彼は所属事務所を移籍しただけで、担当弁護士として登場したのは聖澤(竹中直人)。真琴(新木優子)の父だった。

ここに来て色々な人間関係を一挙公開。

・橋本さとしと蟹江(小手伸也)は友人同士で橋本さとしが好条件の移籍が出来たと移籍を勧めたので、甲斐と幸村(鈴木保奈美)が最近親しげで甲斐の昇進が近そうなことに焦った蟹江はあっさり裏切ろうとするフラグとなり、聖澤と接触。それを真琴が目撃して玉井(中村アン)に伝えたシーンまで描かれたが、その後出番は無く、幸村が最後に給料を上げた(それで裏切りを阻止した)とコメントしていたのでそれで処理された模様。前回も使えないっぷりを披露した蟹江だが、今回も新人面接でパワハラを行いネットで苦情を書かれ、幸村にガッカリされるという使えなさっぷり。初期の頃は鈴木含む若手へのウザ絡みを笑いのポイントにしようとしている感じもあったけど、ここのところは単なるパワハラと失態ばかり。もう少し優秀なところも出してくれないとマジで目障りな存在になってきた…。

・事務所の「幸村・上杉法律事務所」の「上杉」とは何なのかの謎が明らかになった。上杉本人は一切登場しなかったが、幸村が上杉を半ば追放する形で現在は休職扱いにしているが実質幸村1人で事務所を引っ張っている状態らしい。そして上杉と聖澤が親友同士だったため、幸村は今回は甲斐をむしろそそのかして対抗させようとしていた。

・さらに蟹江が面接でパワハラした新人候補の1人が真琴の親友にしてかつて鈴木(中島裕翔)が女装して替え玉してあげた子だった。なかなか事務所に受からないこの子は真琴に替え玉をバラして、真琴にも替え玉(鈴木)を斡旋しようとする。真琴も本番のテストが苦手で鈴木に対策を教えてもらいつつも悩んでいたので話を受けてしまい、鈴木はバレてはいけないと焦る。約束の場所に偶然現れたフリして励ましの言葉をかけるが、最後は結局替え玉の人=鈴木とバレてしまった

最終的に聖澤の強引な乗っ取り攻撃に対して甲斐も奇策でぶち返して実質勝利で幕を閉じたが、ここに来て実は知り合いでしたがあちこちで連発されるという忙しない人間関係だった…。

一方で前々回で決別して改心したはずの遊星(磯村勇斗)が早速砂里(今田美桜)に鈴木と2人で新たなビジネスをしたい!とか電話かけてきた懲りないっぷりは最早ギャグだった。

前回辺りで急に変わってきた感じはあったけど、今回で完全に甲斐と鈴木は信頼し合っていてようやくコンビっぽくなった。甲斐の不必要に突き放す態度も無くなったし、現場に鈴木を帯同させることも自然に増えた。鈴木は以前だったら報告せずに1人で悩んでいたが替え玉の子が表れたら即座にヤバイと甲斐に報告(さすがに真琴との繋がりに関しては砂里の方に相談)、逆に甲斐が冷静に大丈夫だと判断してからかったりと打ち解けた関係に。まさか半分越えまでかかるとは思わなかった…長かった…。

常時SSL化しました

常時SSL化とは何だ?というのは正直詳しくは把握してないし、検索すればざっと解説したサイトが山ほど出てくるので省略するとして、常時SSLとそうでないので何が違うかというと

http→今まで

https→常時SSL

ということになる。「http」の後に「s」がつく。改めてこれを意識してみると昔は「http」だったのにいつの間にやら「https」になっている企業系のサイトは多い

で、Google Chrome最新版ではこの夏くらいから左上のアドレス欄の様子がいよいよ本格的に変わってきて、全「http」サイトに警告が表示されるようになってしまった。当サイトでも「保護されていない通信」だとか場合によっては赤字のビックリ三角マークというザ・警告みたいな、ザ・危険サイトみたいなのが表示されるようになっていた。

要するにGoogle的には2018年現在常時SSL化しろよ(「https」にしろよ)という待ったなしの状況なのである。

というわけでそのうち対応しないとなぁ面倒そうだなぁ…と思っていたんだけど、いざ調べてみたら、借りているサーバーではポンと1クリックで無料発行、さっと設定して「https」化があっさりと完了した。

現在、「http」でアクセスしても自動で「https」に移動するようになっている(これはhttpにアクセスしたらhttpsへ飛ばすという別の転送設定を行う必要があった)。読者さん側で何かする必要は無く、ここにこういう日記を書かなければ、知らない間に変わっていた…というレベルだ。まさかこんなにあっさりだったとは…。

掲示板は別で借りているやつで現在いつ消えるかもわからないサービス終了品なので対応不可能だけど、これにて対応が完了した。何かの不具合が出る可能性もあるが、たぶん大丈夫と思われる。

ただ1文字だけとはいえアドレスが変わった扱いなので、履歴がリセットされたに等しい状況となる。このため、1度アクセスしたリンクの紫色もリセットされ、全部青文字(アクセスしたことない扱い)になっていると思うけど、こういう理由なのでよろしく。

運営者向けにも書いておくと、無料ブログを使っている場合は対応がまだ追いついていない可能性がある。さくらサーバー、ロリポップ、Xサーバーなどを借りている場合は無料でさっと対応できるので(httpがhttpsへ変わるわけではなく2つが共存する扱いになるのでhttpへのアクセスをhttpsへ飛ばす転送設定はまた別に必要)、警告が気になる場合、今後検索結果等での不利も予想されるので早めに(もう遅いという説も…)対応しちゃうといいかもしれない。

雑記