ドラゴンボール超 130話

身勝手の極意を完成させ、銀髪となった悟空はジレンを圧倒。とっとと場外へ吹き飛ばせばいいのにしないで追い詰めるのはまあジレンがここまで散々瞬殺できるタイミングでしないで手加減&手抜き&放置してきてくれたおかげなのでお互いさまか。

しかし追い詰められたジレンはブチ切れて更なる力に覚醒。また悟空が劣勢になってしまう。倒れても立ち上がる悟空に何故だ!?と驚愕するジレンだったが、己の力しか信じないジレンとみんなの思いを背負っている悟空では力の源に差がある(棒読み)。大会開催前の宇宙消滅をものともせずに大会開催を迫り不謹慎な発言と態度を繰り返した悟空の酷い態度を考えるとオマエナニイッテンダ…と怒りすら湧いてくるような発言だがジレンは観客席に攻撃を放つが悟空がこれを阻止。阻止しなくても破壊神が揃いも揃っているので無効化できそうな気がしなくも無いが、これで怒った悟空は再度ジレンを圧倒し、かめはめ波もバッチリ決まった。

ジレンが敗北を認め、いざトドメ(落とす)というところでまさかの時間切れ。悟空の肉体に過大な負荷がかかり、崩れ落ちて苦しみだしてしまった。仲間だとも思ってない自宇宙の破壊神がいいから落とせ落とせうるさいので、葛藤しながらも仕方なく悟空に攻撃を放ったジレンだったが吹き飛ばされた悟空に謎の波動が当たり、瓦礫に引っかかった。そこには消滅したかに思われた17号と、行方不明だったフリーザがゴールデン化して立っていた。時間切れ狙いでも勝てる最後の決戦で次回へ続く…。

フリーザが全部持っていくんじゃないかと思っていたら17号までセットでついてきちゃった…。今シリーズで初めて味方側についたこの2人に最後が託され、長年の仲間たちが揃いも揃って観客席っていうのも凄いクライマックスだなぁ…。そして『超』での悟空は全シリーズのラスボスに単独で勝てずに終わる事になるのか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)