ドラゴンボール超 131話

身勝手の極意が寸前に時間切れになって倒れてしまった悟空。それを救ったのは死んだはずの17号と失念されていたゴールデンフリーザだった。2人でジレンに挑むが、悟空に負けを認めていた割には体力の残っているジレンは2名と渡り合う戦いを見せる。それでも何とか17号とGフリーザの攻撃で押し切ってジレンが動けなくなり今度こそ勝利かと思いきや、トッポらの声で意地を見せたジレンは意地にしてはすさまじい攻撃を繰り出し、17号とGフリーザを逆に押し込んできた。フリーザのゴールデン化も解除されてしまい、絶体絶命の中で倒れていた悟空が瞬間移動してきて参戦。最後の最後になって改めて生き返らせる約束を確認しあって結託した悟空とフリーザは初の連携攻撃を開始。17号が背後からバックアップして悟空はベジータとよりも息の合ったフリーザとのコンビネーションを披露。ベジータだったら死んでもやらないような悟空に自らを投げさせてその勢いで自身を犠牲にしてジレンと一緒に玉砕する手段を取るフリーザ様。最後は悟空も追いかけて底力でノーマルと超サイヤ状態の点滅状態のまま突進、悟空とフリーザのW突撃でジレンごと場外となり、17号が生き残って優勝

17号は願いを全宇宙復活として全宇宙復活。各自この場で復活するのではなく、それぞれの宇宙で出発直前の集合時の状態で復活しつつ、復活させてもらったことは理解しているという状況のようで、キャベはベジータが約束を守ってくれたと感激していたが、会話もした事の無い別の人(17号)がやってくれたとはきっと知らないままの方がいいのだろう…

大神官は優勝するような人物はこの願いをかなえることを見越しており、そうならなければ優勝した宇宙もろとも全部消すつもりだったという。つまり17号の願いは正解だったわけだけど、元々は超DB使ってまでクルーザーで世界一周とかこんな地球のDBどころかサタンかブルマに頼めば金で何とかできるような事言っていたので、ホントしょーもない願いに走らなくてよかったな…(エピローグでは実際にブルマに褒美として提供してもらっていた)。

フリーザはビルスの計らいでウィスが蘇らせて悪の帝王復活。一応フリーザ軍を再結成している様子が描かれた。

後の面々はエピローグが主題歌をバックに無音声で流され、悟空とベジータが戦っているところで終了。このため大会参加者も不参加者のレギュラー陣も全員が姿は出ているが台詞無音という状態でブルマ役も代役を立てることなく台詞なしで終了。原作最終回に繋げる様子も特になく、GTの最終回と似たようなサブタイトルだったが、悟空がどこか行ってしまう事も無く、、とりあえず一旦終了に過ぎないという空気を全開で醸し出したまま終わった。なお最後の悟空の発言によると身勝手の極意は追い込まれての発動だったため、自力では現在発動できないらしい。ていうか肉体崩壊級の代償負ってそうだったのは大丈夫なのか。

というわけでかなりダラダラ続いたサバイバル編と一緒に番組も終了。悟空ベジータしか戦いについていけなくなっている、原作では悟飯やゴテンクス、ブウらに遥かに後れを取っていたベジータが異様に復権しているという『神と神』以降の流れから、このサバイバル編では他の仲間たちが復権したところは良かった。

ただブウが不参加になったり、試合前は時間をかけたクリリンが試合で脱落1番になったり、クリリン・亀仙人が活躍する一方で、一応セルにもブウにも一矢報いてZ時代最後まで1ポイントリリーフのように戦闘シーンがあった天津飯がスカウトの段階から異様な雑魚扱いで全く目立てなかったり、ピッコロが強いんだか弱いんだか良く分からないポジションの人になってたり、試合開始前はベジータを凌いで悟空と並ぶ存在に復権した悟飯(一時期のED映像は完全にベジータ背景で悟空と悟飯だった)が、最終決戦手前で脱落してしまい、試合前に発言していた誰も見た事の無い究極の姿を悟空とは違うやり方で目指す、というのが特に果たされず悟空やベジータのように限界突破を果たす描写は結局なかった(ただし悟空やベジータのように1度もスタミナ切れになる事が無く、ピッコロと一緒に第6のナメック星人を撃破したあたりからは終始フルパワー状態を維持したまま戦い抜くなどスタミナ面がNo.1級だった)…あちこちで過去のオマージュやりまくったのに悟飯の少年時代の代名詞である怒りによるパワーアップが結局1度も無く終始冷静沈着丁寧語のままに終わる(油断するのが悪癖などと必要以上に強調しすぎたため油断しない=常に冷静が絶対となってしまい我を忘れるほど怒らせるとかできなくなってしまった感じ)…など復権させた割に始末が中途半端で、全体に各キャラを無理に復権させた歪みが生じたかのようにブレがかなり大きかった。最後は今シリーズでポッと出の17号だったというのも一体何がどうなってこうなったのか。GTでのあの酷い扱い(原作者非関与のストーリーで勝手に敵にされて殺される)への逆オマージュみたいなものだったのだろうか。

12月には新作映画の公開も発表されているので、とりあえず悟空ベジータは鉄板だろうから、悟飯始め他の戦士にもスポットが当たる事も大して期待せずに待ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)