ドラゴンボール超 101話

無謀にもジレンに勝負を挑もうとした悟空は普通に無視され、さらにトッポによる奇襲で吹っ飛ばされてしまう。トッポとジレンは温存のために引っ込んでしまい、プライド・トルーパーズの格下5名が派遣されてくる。悟空が復帰した場所にカリフラとケールもいて、トルーパーズがまとめて倒す意向を示してきたので共闘までは行かずともトルーパーズVS悟空カリフラケール、さらに17号18号も参戦。

悟空は何故かノーマルのまま動きを封じられてしまったので18号が救出。共闘して18号がまず1人を脱落させた。17号は単身で5人の中ではリーダー格のオッサン(トッポが準備段階で招集して最初に合流していた戦士)と戦っていたがオッサン弱すぎて太刀打ちできない始末

カリフラもノーマルのまま苦戦し、ケールは異空間へ封じ込められたので倒せそうなこの2人に集中する事にしたトルーパーズ残り4名はカリフラ・ケールの元へ集合し、悟空たちを締め出して異空間に閉じこもってしまう。ボロボロのカリフラと自身の情けなさにキレたケールは初めて自分の意志で超化。その姿はハイパワーのブロリーよりムキムキ度の足りない姿だったが、封じ込められていた空間をあっさりブチ破るほどの強さ。これで元気が出たカリフラも超2化、ケールは自らの意志で本格ブロリー化して4人中3人を一気に弾き飛ばして勝利。1人異空間を作る奴は自らを異空間に包んで助かっていたが、18号が吹き飛ばしたので5人全滅

満身創痍のカリフラとケールを見逃して一件落着となったが、さすがにまたこいつらと戦う事は無さそうだから、この2人はキャベとの対決は無くてどっか他の宇宙にやられそう。ていうか第6宇宙がまだ全員残っているというのも無理があるし…。

また前回のブロリー大暴れで悟飯たちも一時離れ離れになっていたようで亀仙人が萬國驚天掌を駆使して1人封じ込め、天津飯が新気功砲でそいつを吹き飛ばすという連携技も。勧誘時から全くいいところが無かった天津飯、やっと活躍した…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)