ドラゴンボール超 113話

ヘロヘロの悟空の元にやってきて超2になり勝負しろと言い出すカリフラ。悟空を倒して超3になるとかのたまっているが悟空は体力が回復していないのでノーマルで戦うという。キャベに生き残るように第6宇宙を託されたとも思えない行動…。

ノーマルVS超2でも経験の差で補って善戦してしまう悟空。カリフラも徐々に対応していき、悟空も超2へと変身して互角に戦うというもう体力がどうなっているのか、超サイヤ人のパワーアップとは何なのか全く整合性の取れていない謎展開となり、さらにはケールまで参戦させる悟空、とムチャクチャ。最終的に久々の超3を見せた悟空だがまだ維持できる体力じゃないとして見せるだけで超2に戻ってしまった。ケールは再びブロリー化して次回へ続く!

今回マジワケ分からなかった…。

この大会、最後の1人になるか、時間切れで残った人数が多ければその宇宙の勝ちになるので、ジレン倒せなくても第11宇宙はもう3人しかいないので、現状7人も残っている第7宇宙(悟空)を1人でも倒しておいたほうが得策。第6はナメック星人2人も生き残っているので4人いるわけで、ヘロヘロな悟空を狙って減らしておくというのはまっとうな判断で、シャンパも珍しくそれを見越して命令していた。

しかしカリフラは超3のなり方を教えろ!と悟空に勝負を挑み、悟空を倒してケールと一緒に超3になる!と悟空の体力が戻ってない事を聞きながら挑んでくる。最終的に超3は維持できないレベルまで回復した悟空も意味不明だが、当初超2VSノーマルという圧倒的格差で、最悪一撃でペチッと終わっていたかもしれないような状況だっただけに今の悟空に挑んでくるカリフラさんマジ何がしたいの?っていう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)