ドラゴンボール超 119話

ベジータと戦っていた変身戦士が透明人間に足払いされて転落。無差別に第7宇宙を攻撃し始めた透明人間はピッコロの全方位攻撃も回避するが、悟飯が満遍なく辺りを吹っ飛ばしてホコリまみれにしたので姿が浮かび上がってしまいピッコロにボコられて終了。もう脚本家はカチカッチン鋼完全に忘れてるな…。

続けて幻を出す変な奴が挑んできたが気がバレバレだったので本体ぶっ叩いて即終了。さらにもう1人出てきてピッコロが敗北してしまうが、虫のような小さな奴だったというオチで17号と悟空が駆除して終了。

一風変わった敵3体だったとはいえ、まさかのメドレー展開で残り3人を一挙失った第4宇宙消滅。なんか一気に畳みに入ったけど、結局ジレンをラスボスにしてもう1回戦うっていう展開が規定でさらなる脅威とか全く出てこないのね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)