ドラゴンボール超 120話

第11宇宙3人とフリーザが静観状態の中で、残っていた第3のロボット集団と博士みたいなののうち1体が17号18号、3体が悟空ベジータ悟飯に襲い掛かってきた。17号18号の相手は装甲重視でスタミナ切れを狙うタイプだったが人造人間の永久式エネルギーにより敗北。最後は思いっきり18号が足蹴りで吹っ飛ばして落としてたけど足をくじいたとかなんとかいう設定どこいった…。

悟空ベジータをジレン戦に温存する考えから悟飯は残り3体にアルティメット状態で単身挑んで優位に立つが3体は合体。悟空ベジータもブルー化して参戦して2人でエネルギー波を放つも相殺する合体ロボ。しかしそれは悟飯に気を溜めさせるための時間稼ぎで、悟飯の全力のかめはめ波は単独で合体ロボ&近くで指示していた博士までまとめて吹き飛ばして撃破。この活躍に界王神もさすが悟飯さん!と賛美。元々出会った際に言う事聞かなかった上に敵化&特別に現世に1日来ているだけの死者という面倒な2人より、圧倒的に話が通じるというのもあったが悟飯の真の力を何より信じていた界王神が久々にあの頃を思わせる信頼感を見せた。そして息子呼ばわりしていたビルスもようやく「悟飯」と呼ぶように。しかし舞台ギリギリで残っていた合体ロボと博士は最後の奥義を使うと宣言して次回へ続く。これまだ続くの…?

一応溜めがあったとはいえブルー化した2人の攻撃より悟飯単独の攻撃が敵を吹き飛ばすほどの活躍をしたのは超開始以来最大級の活躍だったと思う。超サイヤ人になれるのか不安がって、ようやく変身したら「いつまでもつか」と超化維持の心配をした挙句に、廃人顔を晒す醜態を見せた2年前には考えられなかった復権っぷりだ。今シリーズでは力を取り戻す描写含めてベジータより上の扱いされてきているので最終盤まで活躍してほしいところだが…。悟空ベジータフリーザの3人が最後になりそうだしな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)