これは経費で落ちません!

2019年7~9月NHKドラマ10枠で放送。全10話。2016年から6冊、2017年末からは漫画化もされている短編小説集が原作。

とある会社の経理部の生真面目で優秀者な経理部員森若さん(多部未華子)が経費の領収書から社内の様々な出来事や問題点を洗い出して解決していくというお仕事ドラマ。比較的真面目な話だが、生真面目な森若さんの生真面目っぷりと休日のおひとりさまライフを満喫する姿が面白かったり、後半からは猛烈にアタックしてきていた年下の営業マン山田太陽(重岡大毅)と初めての恋に落ちてアタフタするなど生真面目な中にも人間味があって主人公だけでも魅力的だが、脇を固める面々も個性的で面白かった。

1番最初は経理部の森若さんと後輩の真夕(伊藤沙莉)、上司の田倉(平山浩行)、部長の新発田(吹越満)が出てきて、さらに営業部の嫌味な部長吉村(角田晃広)と覚えやすい人数の登場人物の印象付けを行ってから1話では営業部員の山田への疑惑をメインとしたストーリー展開。これで山田にかかった不正経理の疑惑を森若が晴らしたことで山田が森若にホレ込み2話以降は猛アタックを開始。2話では広告塔として経費をジャブジャブ使う広報課の皆瀬(片瀬那奈)が登場して、3話では不正を行う社員に岡崎体育がゲスト出演したが、これに憤慨する同僚社員として希梨香(松井愛莉)がピックアップされ、4話ラスト(実質5話)からは経理部に麻吹(江口のりこ)が新たに加わったりと1回限りのゲストもいたものの、社内の人間は大概が最初は背景か、そもそも出ていなかったものの1度登場してからはレギュラー、準レギュラーになっていくという登場人物が覚えやすい範囲内で増えていくのが優しい作りで良かった。

最初からどいつもこいつも名前と肩書付きで出したところで覚えられないし、逆にピックアップされる回だけ出て後は全く出てこないとかだといかにもゲスト出演感が出てしまうが、ほとんどの社員はメイン回以外でも再登場していて自然だった。

若干悪どい秘書として登場したベッキーが森若さんと麻吹に問題を追求されておとなしくなって以降も再登場して再度暗躍、今度は会社を売ろうとしていたというトンデモな裏切りを暴かれて一転、買収話をぶっ飛ばして逆スパイだった事にして会社を救って罪を帳消しにするなどなかなか強かな展開も予想外で面白かった。

多部未華子は2年前の「ツバキ文具店」も良かったけど、独身最後アラサーにしてようやく映画デビュー直後連ドラ進出前の存在感の良さが戻ってきた。連ドラ進出以降は『山田太郎ものがたり』でのハイテンションっぷりやワンコになってしまった某ドラマなどイロモノ色が強くなってしまって正直少し残念に思っていたんだけど、今回は生真面目さの中に出てくるチャーミングさが過去最高に良かった。