探偵が早すぎる スペシャル

2019年12月13、20日に2週連続放送。2018年夏ドラマの続編。2019年秋ドラマ『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』最終回翌週からそのまま2週連続(前編後編)で当時と同じ枠で放送された。

大陀羅一族は連ドラ最終回で全員逮捕され滅んだので、主演陣の滝藤賢一、広瀬アリス、水野美紀のみが続投。一華(広瀬アリス)が無事に父の遺産5億円を相続して完結していたが、今回は新たに東前門グループが登場。一華の父が実は行きつけのバーのママ(小林涼子)との間にこっそり隠し子(野澤しおり)を残していた(つまり一華に腹違いの年の離れた妹がいた)という遊び人設定が新たに組み込まれ、この親娘を東前門グループが誘拐。その上で一華を殺害することで遺産のを奪い取ろうとしているところから話がスタート。危機を感じた橋田(水野美紀)は再び千曲川を呼び戻す。

東前門グループは世界的奇術師の枡田圭介(田辺誠一)を雇う。奇術師であり暗殺者ではない枡田は当初断ったがトリック返しを行う早すぎる探偵千曲川(滝藤賢一)の話を聞いて奇術師としての闘争心に火が付き(殺人はオマケで)無報酬で引き受けると宣言。前編では迫りくるトリックを前に相変わらずの早すぎる仕事っぷりでトリック返しを行った千曲川。姿を見せた枡田にこれはまだ自分を試すテストだろうと本気ではない事までは見抜いていたが、そのまま本気を出した枡田は一瞬で一華を誘拐、千曲川は放り出されてしまい終了となり、後編は本気を出した枡田に追い詰められていくシリアス展開となったが最後にはどんでん返しでトリック返しとなりおなじみの展開に。

後編はシリアス中心だったので主に前編での顔芸が連ドラ時以上にノリノリになっている上に、真面目な橋田のシリアス顔ギャグも増し増しになっていて、続編という安心感と振り切れ具合が今回も面白かった。

しかし『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』といい、今作といい、更なる続きはHuluで!商法が加速するなぁ…。

探偵が早すぎる 最終話

壬流古(桐山漣)の襲撃を防いだ橋田(水野美紀)だったが、刺されてしまう。千曲川(滝藤賢一)の応急処置で回復した橋田はかつて千曲川と一緒に探偵をしていて、探偵として一華(広瀬アリス)の母の事件に関わって救えなかった事から責任を感じて一華を引き取って育てた事を告白。父親側の秘書かなにかかと思っていたけど、千曲川の同僚だったのか…。

亜謄蛇(神保悟志)の仕掛けてきた攻撃を防ぎ、朱鳥(片平なぎさ)が部下を使って連続で仕掛けていた罠も全て防いだ千曲川だったが、朱鳥は屋敷全体を倒壊寸前に追い込み、跡取りとしてついに顔面全面包帯になってしまった壬流古だけ連れて亜謄蛇や娘の麻百合(結城モエ)もろとも屋敷ごと潰して葬り去ろうとしてきた。

これはさすがにピンチだったが、亜謄蛇、麻百合を置き去りにして脱出に成功。さらに包帯グルグルだった壬流古は4話で出てきた貴人(前田公輝)と入れ替わっており、利用されて朱鳥を恨んでいた貴人は朱鳥に銃を向ける。

この隙に3人そろって離脱し、拳銃の弾は抜いておいたが反撃しようとした朱鳥が動いたのがきっかけで屋敷は崩壊。なぜか全員重傷ながら無事だったらしいが、朱鳥は辞任に追い込まれて遺産は無事相続されて終了。

ちょっとあっけない感じではあったけどまあ丸く収まった。城之内(佐藤寛太)が中途半端で結局橋田が刺されてそれどころじゃなくなってしまっている間に手紙だけ残して去ってしまったのと、一華の友人2名との日常が最後に描かれずに終わってしまったところだけ惜しかった。

名脇役の印象が強かった滝藤賢一の主人公としてのノリの良さ、広瀬アリスの猛烈な顔芸、水野美紀の変人っぷりとしっかりアクション性を生かしたキャラクターのトライアングルは軽快で面白かった。

探偵が早すぎる 9話

最終決戦を決意した一華(広瀬アリス)は一族に父の百箇日に法要を行いたいと告げ、一族が集う別荘での刺客ラッシュに挑む事に。橋田(水野美紀)、千曲川(滝藤賢一)と共に出向いた一華だったが、まず何度もやられている壬流古(桐山漣)が早速仕掛けてきてトリック返し。

続けて麻百合(結城モエ)が仕掛けてきたが、失踪していた城之内(佐藤寛太)が千曲川に雇われて協力しておりトリック返し。連発で防いだものの、壬流古がヤケクソになって自ら特攻を仕掛けてきたため、応戦した橋田が壬流古を倒しながらも自身も刺されて負傷してしまい最終回へ続く。

本来シリアスなはずが、隙間での掛け合いがほとんどアドリブみたいになっている上に、広瀬アリスの顔芸がエスカレートしてて別の方向で面白くなってきた。

探偵が早すぎる 8話

早苗(優希美青)襲撃の件で橋田(水野美紀)に疑念を抱いた一華(広瀬アリス)は母死亡時の病院関係者から母が死んだフリをして生き延びている可能性を聞かされる。そしてついに死んだはずの母(新山千春)が現れた。接触した母は橋田が刺客だと訴え、一華の幼少期の事も知っており一見何の疑いも無かったかに思われたが、違和感を消し去れなかった一華は切っていたGPSをスイッチオンして千曲川(滝藤賢一)に居場所を伝え、橋田ともそろって偽母だと暴くことに成功。DVで夫から逃げるために整形を目論んでいた女性が雇われて新山千春の顔に整形していたらしい。

殺し方が毒入りの煙を焚いて吸わせるというものでそれをトリック返ししたわけだけど、煙を喰らっている偽母のそのまま少し離れた後方に橋田と一華という立ち位置だったのは何故なのか。2人もそのまま毒煙浴びてるような位置取りだったけど、あれは至近距離じゃないと効果ないのだろうか。

千曲川はもっと早く気付いて対策を練っていたとはいえ一華も途中で偽物だと気づいていてドラマ終盤らしいキレを見せたのは良かった。また橋田が早苗を襲撃したのは本当で、一華と千曲川との関係が悪化していたので早苗とセットで守らせる形でつなぎとめようとしたという。実際には全く襲っておらず、眼前で奇妙な舞いをしていただけだったが、思いのほか早苗がアグレッシブに抵抗してきたのでカッターが早苗の服を引っ掻き、早苗が橋田の腕を引っ掻く事になったという。なんだそれ。城之内(佐藤寛太)が失踪したままで、早苗も実家に帰ったという形で出てこなくなったので揃ってグルかとも思ったがそうでもないのか…?ていうか優希美青が自身のインスタで先週の部屋の中の衣装とシーンをバックにして花束抱えてクランクアップの報告してるので出番もう終わったっぽい

自分たちが当時関わっていたことは伏せながらも母が一族により殺された事も正式に一華に伝えられ、偽母含めて一族に利用されるある意味で犠牲者が増えるのも耐えられなくなった一華は一族と直接対決してぶっ潰すことを宣言。その頃、一族も全員で手を組んで一華を抹殺すると野望に燃えて最終展開へ続く。

探偵が早すぎる 7話

城之内(佐藤寛太)の意識が戻らない中、その妹の早苗(優希美青)も何者かに襲撃された。千曲川(滝藤賢一)にセットで守らせるために一華(広瀬アリス)は早苗と行動を共にすることになり自宅に呼び寄せる。そんな中で新たな刺客が迫るがこちらはいつものように千曲川が事前に処理。

しかし早苗の襲撃犯は不明のまま。襲撃犯の腕を思いっきり引っ掻いたと言っていた早苗だったが、一華は橋田(水野美紀)の腕に証言と同じような傷を発見。そして城之内が意識を取り戻して証言されると困るのでその前に消すと宣言した朱鳥(片平なぎさ)。意識を取り戻した城之内は失踪し、さらに一華は死んだはずの母(新山千春)を目撃するなど怒涛の展開を予感させながら次回へ続く。

千曲川が間に合わなかった過去の後悔から早すぎる探偵になったという話は橋田から語られ、視聴者には回想シーンで橋田や母(新山千春)の事件だと示されたが、一華にはその部分が説明されなかったので謎のまま。