探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り 1~6話

2022年春クール読売テレビ制作日本テレビ系『木曜ドラマ』枠。2018年夏クールの『探偵が早すぎる』、2019年12月の2週連続SP『探偵が早すぎる スペシャル』の続編。

1話

1作目で5兆円を相続、SPで5兆円を守り抜いて5兆円が狙われることは無くなり、女子大生だった一華(広瀬アリス)も化粧品会社の研究所の職員として働き、5兆円は橋田がほぼ使わずに管理しているため元の家で質素に生活していた。なお他の2人は年齢不詳設定で一華しか設定されていないが1作目では21歳、SPは設定なしだったが今作では26歳で広瀬アリスの実年齢(27)に少し近づいていて、2018年夏から2022年春のそのまま4年経過ではなく、作中では5年経過に修正されている模様。

千曲川(滝藤賢一)とも会う事は無くなっていたが、その頃千曲川は美津山一族の会長(宮崎美子)から遺産狙いの子供たち4人(長男は失踪中)、二郎(和田正人)、成美(MEGUMI)、明日香(ソニン)、純三郎(永野宗典)から命を狙わているとして依頼を受け、トリック返しで4人を返り討ちにしていた。何故かその後一華が呼び出され、会長が以前交通事故で死にかけた時に輸血提供をして救ってくれたのが亡き母(新山千春)だった事から、遺産は失踪した長男の子ども(会長の孫)である宗介(萩原利久)と葉子(木下彩音)、そして一華に相続させたいという。

あの命を狙われる落ち着かない日々を繰り返したくない一華は1度は断るが、橋田(水野美紀)の母が残した縁だという言葉に引き受ける事を決意。さらに孫2人がターゲットにされないように表向きの発表は一華1人で相続する事にして敵4人の注意を自分1人に向けさせるよう提言。早速宗介もろとも交通事故死を狙われた一華を事前に仕込んだトリック返しで仕留め逆に二郎と成美が車が大破する大事故に遭わせて物語が始まった。

という事で前作でも回想シーンのみ登場だった新山千春が再出演しての新たな回想シーンを制作して母が恩人だった設定で相続というやや強引な始まりではあったが変わらぬハイテンションが相変わらず楽しい。さすがにいつまでも女子大生では厳しくなってきた感はあったとはいえ、研究員になっていたとは驚き。理系だったのか…。そして広瀬アリス、なんかしれっと『恋なんて、本気でやってどうするの?』でも堂々主演やってんだけど今季スケジュールどうなってんの!?(朝ドラと金田一を掛け持ちする上白石萌歌、NHKとWOWOWを掛け持ちする福原遥なんかもいるが、主演掛け持ちって)。

2話

前回のトリック返しによる事故で二郎(和田正人)はコルセット状態に、明日香(ソニン)は腕にちょっと包帯程度となっていたが、今回は純三郎(永野宗典)が刺客として一華の職場に潜入。白衣にエタノールを仕込み、ブレスレットにわざとぶつかって擦らせることで発火させて焼死させるというトリックを仕掛けてくるが千曲川が事前に阻止。トリック返しを決められて自身が包帯ぐるぐるにされてしまい終了。

終始ハイテンションでふざけ倒していたが、千曲川がトリック返しを決めるところや、一華に興味を抱きつつあるのか無表情すぎて良く分からない宗介に一華には手を出すなと忠告する時など一華や橋田がいないと千曲川がちゃんとシリアス一辺倒でカッコよくキメているところはメリハリが効いていた。

3話

宗介(萩原利久)のバーで葉子(木下彩音)も手伝いに来ているタイミングで会社の大谷(塩野瑛久)と真央(新條由芽)と一華がキャンプに行く話をしていたのでみんなで行くことになり、さらにテンションの上がった橋田が強引についてくる…とレギュラー陣勢揃いのキャンプ回に。

時期が早すぎたのか、天候が悪かったか、終始寒そうに見える冬キャン感溢れる映像になってしまったが、刺客は明日香(ソニン)のみ。テントに毒を塗っておいてキャンプ場スタッフに化けてストーブとやかんを持ち込んで結露させ、毒水滴が一華の口元にクリティカルヒットするように仕掛けて朝を待つという無駄に回りくどいトリックを仕掛けるが、事前に防がれていた。トリック返しを喰らった明日香は病院送りに。一華に気がありそうなそぶりを見せ始めた宗介だが、明日香が死にかけているのを助けようともして千曲川に何を考えているんだと言われたりどうも読めないところがある。葉子の方は明るく人懐っこい性格で既に一華とも馴染んでいるがこの兄妹も敵になるパターンはあるんだろうか。

序盤で千曲川が一華からハバネロアタックを仕掛けられたのでトリックの代わりにハバネロアタックをし返したというのは視聴者用の(ミエミエであったが)仕掛けとして秀逸だった。

前回コルセットだった二郎は今回はコルセットも取れて復活し次回では再び仕掛け側に復帰する意欲を語り、前回炎上した純三郎は入院中で登場せず…と一応今回刺客が4人で回しているので病院送りや大ケガを負うと1回休みになって次の回では回復して復帰となるようだ。

4話

復活した二郎が単身バスボム毒ガスアタックを仕掛けてくる話。例によって事前に防ぎ、二郎は毒ガス返しをされて再度ダウンとなった。今回は成美(MEGUMI)しか残されておらず、純三郎と明日香は復帰どころか登場すらしなかったのでそのまま次は成美ターンになる模様。

バスボムアタックを仕掛けてきたのが大谷(塩野瑛久)が持ってきた学生時代の先輩だったため、千曲川は大谷への注意を喚起する。大谷へ好感を抱きつつあった一華は戸惑うが…。一華に気がありそうで内心複雑そうな宗介もなんだか不適だし、大筋自体はパターン化しつつもレギュラー陣も誰か怪しいかもよという感じで適度な緊迫感を醸し出している感じ。

5話

成美がペイント毒アタックを仕掛けてくる話。ていうかこの4人って物理専攻、工科大卒、化粧品会社、農大出身とか4人それぞれ設定されているけど結局全員が毒作りしてんじゃねーか。大谷に成美が接触して毒入りペイントを大谷が持ち込んできたため、一華が既に前回の段階で大谷を疑っていた事も重なり、一華が見破る珍しい展開となった。ただそこも込みで千曲川は見抜いていたようで大谷の潔白を確認している事が橋田経由で後から伝えられ、大谷といい感じに。

トリック返しで意識不明の重体に追い込まれた成美も病院を抜け出して復帰し、二郎、明日香、純三郎も復帰して4人揃ったところで美津山一族の会長(宮崎美子)急死の知らせが入る。同時に純三郎が遺産は一華だけではなく孫である宗介、葉子も受け取る事になっている事を突き止めており、宗介、葉子もターゲットにして千曲川含めて4人ともまとまて消してしまおうと決意。一華や橋田も気づかれた事に気づきますます厳しい戦いになる事を予感しながら一章閉幕

トリック返しがかなり早い段階で炸裂してしまい、さすがにそろそろパターン化が気になってきたところでまさかの会長急死で一気に新展開させるとは…。

6話

会長の葬儀の場で二郎、成美、明日香、純三郎の4人は一華、宗介、葉子と千曲川までまとめて処分しようと動き出す。純三郎の仕掛けた懲りない毒トリックを暴いてキメ台詞を決めようとしていた千曲川だったが、二郎、成美、明日香は純三郎を見捨てて囮に使い、千曲川を先に病院送りにしてしまう。純三郎も意識不明だが意に介さない3人は葬儀場に残った二郎、成美が爆殺トリックを仕掛けるが不発。そこに千曲川が現れて全て計算通りだったと告げる。

純三郎が意識不明になったのは千曲川のトリック返しで喰らった毒の効果で千曲川と純三郎が喰らったと思われる毒ガス攻撃は未然に防がれていた。二郎が仕掛けていた爆殺トリックも防がれており、さらに会長の死体もアンドロイドだった事が判明。会長本人が生きて再登場し、すべてを終わらせるために自身の死から全部仕掛けていた(病院ごと買収していた、純三郎の治療はリアルにちゃんとしている)が、数々の振る舞いに完全に見限ったと宣言。逃げようとした3人だがトリック返しで車が爆発炎上、純三郎に続いて病院送りになったと思われ、さらに会長が証拠も集めてあると宣言した事で全滅となった。

最早最終回のような勢いだったがラストでは一華に懸賞金がかけられている謎の映像と共に黒幕編への突入が示唆されて次回へ続く。行方不明で一切登場していないが役者は設定されている宗介、葉子の父親で会長の長男宗太(和田聰宏)、そして示唆だけされていた宗介の婚約者として堀未央奈の登場が告知されており新展開になる模様。

一華側の登場人物たちとの関係も安定し、今作での4人での犯行やクズ芸もルーティン化して早くもパターン化、決死のハイテンションでごまかしている感はあったけど、さすがにそれだけで最終回まで引っ張るには厳しく、会長の死の偽装などぶっ飛んだ展開でひっかきまわして一気に清算してくるとはなかなか刺激的な…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました