勝手に2018音楽大賞~途中経過~

上半期が終わってないのに6月真ん中あたりから流行り始めてしまい6月後半の作品が不遇になりがちでお馴染みの上半期勝手にランキング。かつて上半期があるのに下半期だけが無いのは不公平だという話題が出たことから途中経過と題したはいいが、結局みんな散開して使ってるのほとんどここだけになってるじゃないか。

楽曲部門

1.シンクロニシティ/乃木坂46
2.雨あがりのステップ/新しい地図
3.嘘みたいな奇跡を/藍坊主
4.Journey/DEEN
5.ブラッドオレンジ/藍坊主
6.Lemon/米津玄師
7.Love me, Love you/Mrs. GREEN APPLE
8.お手上げサイキクス/Shiggy Jr.
9.スウィートテンプテーション/GOING UNDER GROUND
10.ドラえもん/星野源

候補曲一覧

Topaz Love/KinKi Kids
暗闇/STU48
ストロー/aiko
闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて/サザンオールスターズ
here comes my love/Mr.Children
KISS is my life./SingTuyo
ラストロマンス/東京女子流
ONE TIMES ONE/コブクロ
イッツ・オールライト・ママ/福耳
ハロー、ハロー/坂本真綾
浴びて!光/Every Little Thing
Live Fast Die Young/miwa
アウトマイヘッド/LUNKHEAD
kissはあげない/東京女子流

かなり慌てて短時間でざっと並べたところこんな感じに。いつもC/Wばかり上の方に並べているので乃木坂46の表題曲をこんな1番上に置いたのって初めてかもしれない(「君の名は希望」を3位に置いたのが最高だったと記憶しているが…)。何かこのタイミングで最高の高みと凄みと感動を覚えた1曲。

「雨あがりのステップ」はSMAPから含めても相当久々にストレートにいい曲だなぁと思えた1曲。

藍坊主は完全復活、DEENもベスト盤の新曲に外れ無しを継続。

「Love me, Love you」は最近あまり聞かないブラスポップナンバーとして本当にハッピーでインパクトがあったなと思う。

Shiggy Jr.はいつになくガツンとしていてロックバンドとしての意地を見た。

アルバム部門

1.木造の瞬間/藍坊主
2.二重螺旋のまさゆめ/Aqua Timez
3.KICK UP!! E.P./Shiggy Jr.
4.新空間アルゴリズム/スキマスイッチ
5.僕だけの君~Under Super Best~/乃木坂46
6.二十歳のモーニング娘。/モーニング娘。20th
7.ENSEMBLE/Mrs. GREEN APPLE
8.走り出す瞬間/けやき坂46
9.ROCK GOES ON/相川七瀬
10.BIG YELL/ゆず
11.BEST HIT AKG 2(2012-2018)/ASIAN KUNG-FU GENERATION

藍坊主は文句なしの名盤。上半期唯一の明確に名盤と言い切れる名盤

Aqua Timezはこれで最後というよりは次へ向けての1作といった印象があったので前作のようにやりきっての名作という印象にはもう1つ届かず。

Shiggy Jr.は色々やりすぎて正直迷走気味だったが、リード曲「お手上げサイキクス」でガツンとロックした後は、シティポップの範疇になんとなく収まりそうな感じの落ち着きつつオシャレな曲調でグッと印象が統一されてきたので、初めてちゃんとした軸を感じたアルバムになった。

Mrs. GREEN APPLEはこれで3rd、まだ進化が期待できる感じがよかった。

相川七瀬は前作に続いてパブリックイメージ通りのロックをそのままやっていて、全盛期からそのまま聞くとなんもかわってねーとか言われそうだが、何気にストレートにパブリックイメージのロックなオリジナルアルバムは10年前後出ていない時期があったので、今は聞きたいところを素直に聞かせてくれるのが嬉しい。

マイブレイク部門

1.藍坊主
2.Mrs. GREEN APPLE
3.Shiggy Jr.

藍坊主は完全復活による再ブレイク扱い。

Mrs. GREEN APPLEはこの上半期で唯一メジャーでのフルアルバム3作を全部聞くくらいには好感触な純然たる20代前半の若手バンド。電子音多用は少しついていけないところもあるが、そもそもずっと数歳以上年上のミュージシャンに共鳴・感動してきたわけで、今この年齢になって10歳以上年下のミュージシャンに対して全てがしっくりくることはもう未来永劫無いと思うのでこれでいい。

Shiggy Jr.はいいんだけど軸足が全く定まってなくてあまりになんでも節操なくやりすぎて印象が固まってこなかったんだけど、ようやくここで軸が固まってきた感じがする。ただなんか、いつの間にか注目の若手扱いから外されてるっぽいし、ネクストブレイク扱いしてたリスナーが総じて離れたっぽいのでかなり手遅れっぽい気も…。

サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」 ライブビューイング

40周年を迎えた6月25日、26日にNHKホールで行われたサザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」。2日間しか無い上にNHKホールというプレミアライブは速攻完売したが、2日目である26日公演は全国映画館でのライブビューイングが決定。

発売から数時間後、そういや埼玉近くであるのかな?と思ったら浦和と新都心であることが発覚。とりあえず購入を試みたところ、買えたので行ってみる事にした。サザンのライブは初めてだが、それ以前にライブビューイングというものが初めてだ。ライブビューイングとはいったいどのような空間なのか。 「サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」 ライブビューイング」の続きを読む…

斉木楠雄のψ難

2017年10月公開。
ジャンプ漫画の実写化。2015年夏に実写映画化が発表されるもそのまま続報が無くなり、やがて今度はアニメ化が発表され16年7月にはアニメ化された。実写映画は頓挫したかに思われたが話は進んでいるとされており、結局発表から2年以上経過した2017年10月公開となった。

原作の文化祭のエピソードを軸にしてオリジナル要素、原作の各要素を繋ぎ合わせたストーリー展開となっている。レギュラーキャラクターでも削減されたキャラクターがいて、映画公開に合わせて原作漫画にてネタ(映画に出れなった面々がインタビュー形式でその思いを語る)として扱われた。

見た目は忠実だが…

ストーリー自体はほぼあってないような感じで、緩いギャグ映画といった装い。ビジュアル面はかなり原作のキャラクターに寄せているので、見た目における「斉木楠雄のψ難」っぽさはかなりそのままなんだけど、各キャラクターは一側面のみをブーストさせたり、似てるの見た目だけだったり差が激しい。

山﨑賢人の斉木はほぼそのままだが、原作・アニメ共に喋っているところを映さずにモノローグ進行というところは破って普通に喋る。ローテンション感もほぼそのままではあるが、同じようなトーンで喋らせればそれはアニメで喋り倒している神谷浩史の方が圧倒的にうまいとはどうしても思ってしまう。

ヒロイン照橋心美を演じた橋本環奈は何故かやたらと顔芸を連発する顔芸ハイテンションキャラになっており、ブスネタが好きな監督福田雄一らしいというか、カワイイ橋本環奈がすさまじい顔芸でをするというギャップで笑いを取りに行く方向。良くも悪くも橋本環奈のただ美形なだけじゃない顔芸を拝めるのが今作の最大のポイントになっている…がさすがに最後まで連投しすぎて飽きる。照橋も今作ではモノローグが非常に多いが、橋本環奈は思いのほかハスキーで全盛期の遠藤久美子に近い声なので斉木同様にどうしてもアニメで喋っている茅野愛衣の方が圧倒的にうまいと思ってしまう。差別化のためにハイテンションや顔芸でアレンジしたのかも。

新井浩文による燃堂はそのビジュアルの完成度(特殊メイク)がすさまじくて公開前から話題になっていたが、いざ喋ってみると…なんかテンション感が違う。ただ暗い声で喋ってるだけでテンションも低く、燃堂らしいとぼけたアホっぽさが全くないのは予想外だった…。これに関してはアニメの小野大輔があまりに燃堂として完成されすぎていたのもあるか。

吉沢亮の海藤は中2病で独壇場となっていて上手い事は上手いんだけど、実写でこれだけ延々見せられるのはちょっとイタすぎて辛い。実はビビりだとか気弱だとかその割に誰より友情に熱くていい奴だとか、中2病ネタキャラながらも実は作者にけっこう大事にされている感のある海藤のその他の要素が映画ではオールカット…。

賀来賢人の窪谷須は話の都合上で伊達眼鏡ではなく近眼扱いされた以外はほぼそのまま好演。

笠原秀幸による灰呂は笠原秀幸自体に熱血要素があまり無いし、元々修造キャラだったのでなんか他にいなかったのか。ていうか笠原秀幸って99年の映画『GTO』で主要生徒やってた役者で、2013年に『BAD BOYS J』でも不良生徒やってて驚いたのにまだ高校生役で出てきたのが驚き。

両親を演じた田辺誠一、内田有紀もほぼそのまま。蝶野を演じたムロツヨシと校長を演じた佐藤二朗は福田雄一御用達な感じでやっぱりいる…っていう感じではあったが、ムロツヨシは割となりきっていたし、ヨシヒコで顕著だったようにほとんどまともに演技せずにボケ倒してふざけ倒す芸風が酷くなってきた佐藤二朗はほとんど出番が無かったのでかなりふざけようとはしていたが目立たなかったので良かった。

個人・個人・個人で交流が全くない

そんなわけで各キャラクターはイメージ通りにしつつ適度にアレンジ。先にアニメ化されてしまった弊害もあり、実際に喋ってみたら見た目寄せたのに中身が追いついてない…と思ってしまうところが多々出てきてしまったのは仕方が無いか…。

結果、良くも悪くもないが大して盛り上がりもしないままに各自が個人個人でだけ爪跡と笑いを残して終わる、という何もかも個人・個人・個人な話で終わってしまいほとんど印象に残らなかった。

原作にしてもアニメにしても各キャラの個性は強いがもう少しキャラ同士の交流があったり、斉木にしてもモノローグで「やれやれ」と嫌がっていながらも実際は悪くないと思っている…といった前面には出さないながらも一貫したトーンが確実に全体に貫かれていてここぞという時やエピソードの締めの時にそれが活きてくるのに、この映画にはそれは全くない。各自が各自濃いキャラで自分勝手にやっていて全く交流が無いのでそこが決定的だったかなと思う。

★★★☆☆

斉木楠雄のΨ難 豪華版ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2018-05-02)
売り上げランキング: 5,317
斉木楠雄のΨ難 [DVD]
斉木楠雄のΨ難 [DVD]

posted with amazlet at 18.06.23
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2018-05-02)
売り上げランキング: 1,653
斉木楠雄のΨ難
斉木楠雄のΨ難

posted with amazlet at 18.06.23
(2018-02-27)
売り上げランキング: 766

コンフィデンスマンJP 最終話

初期のように足を洗うと言って出ていってしまったボクちゃん(東出昌大)。1年後引っ越し業者の主任になっていたボクちゃんは結婚詐欺にあったという気弱な新人、佐藤隆太と仲良くなる。その結婚詐欺グループの似顔絵がダー子(長澤まさみ)、リチャード(小日向文世)だったので、憤慨したボクちゃんは2人を問い詰めるためにアジトのスウィートルームに佐藤隆太を連れていくが、2人は知らないと主張。

佐藤隆太は突如豹変してマフィアが乱入してきて、自身の父でありかつて新宿一帯を仕切っていたマフィアのボス麿赤兒を騙した「小犬」を探していて五十嵐を寝返らせ、3人の本名含む経歴を詳細まで調べ上げて3人のうち誰かが「小犬」だろうと迫る。

緊迫した状況の中で追い詰められていく3人…と今回は終始シリアス展開。結局ダー子が「小犬」とほぼ確定状態になりながらも麿赤兒は息子の佐藤隆太と妻はマフィアの世界には関わらせないようにしていてそのために冷たくしていたとか、佐藤隆太がその意志に反してボスになってしまったら意味が無いなど起死回生の説得も試みるが失敗。結局3人射殺されてしまう。

ご満悦な佐藤隆太だったが、殺す直前に3人から奪い取ったはずの金どころか全財産を奪われたと報告が入り、さらにドヤ顔で3人に対して本名だと突きつけていた名前がことごとくダー子とリチャードが結末を見たかったと殺す間際に言っていたドラマDVDの登場人物御一行の名前だと知り唖然。騙されたと気づいて慌てて部屋に戻り、偽警官を殺そうとしたが警官は本物で御用となった。

ダー子が「小犬」だったのと麿赤兒からだまし取ったのは事実だったが、麿赤兒本人は騙されてもダー子に悪い感情を持っておらず、実際名前を出さずに亡くなっていた。また佐藤隆太が復讐に動き出したというのは冒頭のボクちゃんが出ていった段階で既に情報を掴んでいて、五十嵐を使って架空の人物設定へ行き着くように仕掛けていた。しかも佐藤隆太を部屋に招き入れるという大失態を犯したかに思われたボクちゃんもいつの間にか計画に加わっていて、佐藤隆太と知り合った時点でダー子たちに「(佐藤隆太がこちらの仕掛けに)かかった」と連絡を入れていて全部計算だったという。

ボクちゃんが騙されるパターンが何回かあったので最初から今回は事態を把握して演技していたというのは見事に見ている方も騙してきた。またラストでは置いていかれた佐藤隆太の部下の1人がそのまま執事としてダー子らに雇われて再就職。この元部下が爆発していた髪を結ぶとなんと今まで登場していた執事だった!というオチが。さらにダー子が次に仕掛けようとしているターゲットは初回冒頭で出てきた未唯mie、山西惇。つまり最終回は1話より前のエピソードゼロだったという。

初期に毎回辞めると言っていたボクちゃんが最終回にして久々に辞めると唐突に言い出した感じはあったけど、初期に繋がっていくからだったのか…。今までのようなはじけたノリが無い代わりに、細かい視聴者向けの引っ掛けが多くて鮮やかだった。

全部終わっての感想

初回の段階ではあんまりうまく行ってない印象だったけど、回を増すごとに軽快なノリがハマってきて面白くなってきた。これは久々に続きが見たい月9だ。映画化決定とか前回出てたのに最終回で全く触れなかったのでネタだったのかマジなのか良く分からなくなってしまったが果たして…。

長澤まさみは同世代が驚異的過ぎて相対的に老けて見えるなぁと最初は思ったけど、アイドル女優を脱皮して面白い30代のキャリアを送りそう。

コンフィデンスマンJP 9話

次々とスポーツチームのオーナーになっては介入して潰して放出する社長小池徹平をターゲットにした話。話を持ってきたのはチョビ髭(瀧川英次)だったがなんと2話以来の登場。そういえばドラマ開始当初は五十嵐(小手伸也)と入れ替わりくらいの出番かと思ってたら(チョビ髭は1,2話に登場、五十嵐は2話から登場で1話には出てない)いつの間にか五十嵐一辺倒になってて消えてたなこの人…。

当初は強いチームを偽装しようとして卓球をネタにしようと目論むが(このためだけに平野美宇がゲスト出演)、小池徹平の真の狙いは節税対策だった。絶対勝てない赤字になる弱いチームを求めていた事を見抜いたダー子(長澤まさみ)は方針を転換して自身はチームの社長、リチャード(小日向文世)を監督、ボクちゃん(東出昌大)を選手にして熱海で適当な人材をスカウトして雑魚チームを結成。

見事に契約金2.5億円を獲得し、さらに弱さをキープして3年契約まで頂こうと画策するが、チームメンバーが勝利を求めて張り切り始めてしまい、ボクちゃんはともかくリチャードまでスポ根に目覚め始めてしまう。調子に乗って『スクールウォーズ』のテーマ曲やGReeeeNのあのヒット曲まで堂々かけ出す始末。これによりチーム人気が高まりすぎてしまったため(依然勝てないが)小池徹平はメンバーをクビにしようと介入を始めてしまった。

リチャードまであっちに行ってしまったのでダー子は単身方針転換を図り、出番のなかったチョビ髭に小池徹平の過去を探らせ、スポーツ好きだったが驚異的運動音痴によりイジメに合っていた学生時代からスポーツへの恨みをぶつけるために現在のような支配行動を繰り返している事を突き止め、本人に突きつける。関わらければいいのにかかわり続けるのは本当はスポーツ好きだからだと見抜かれた小池徹平は2.5億円返金を受け取って終わらせるか、3年契約をするかを迫られ、契約を選択。

2年後五十嵐含む4人が去った後のチームは適当に集めていたメンバー+新たなメンバーが活躍してプロリーグで初勝利を達成。小池徹平も消えてしまったダー子らにインタビューで感謝をのべていた。

ノリノリでスポ根暴走するのも面白かったが随所に『SLAM DUNK』ネタが仕込まれてて最初に戦ったチームと最後に戦っていたチームが陵南と山王だったり、三井の有名台詞「バスケがしたいです」、主人公桜木の「左手は添えるだけ」を引用していたり面白かった。それだけにスクールウォーズやらGReeeeNではなく、「君が好きだと叫びたい」やら「世界が終るまでは…」辺りがかかればなお爆笑だったが…さすがに難しかったか。