ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ

テレ朝で7月12、13日に金曜ナイトドラマ、土曜ナイトドラマ枠(23時15分開始)で2日連続で放送されたSPドラマ。ラッパーに噛まれたらラッパーゾンビになってしまうラップ×ゾンビという異色のギャグホラー。小芝風花主演。

前編(12日)は医学部に入ったはずがこの半年ですっかりラッパーになってしまった恋人拓馬(佐藤寛太)にラップを辞めてくれないなら別れると告げたみのり(小芝風花)がゾンビパニックに巻き込まれていく様子が描かれ、父親(ブラザートム)や、ゾンビ化が進行した中で勝手に家に上がりこんでシャワーを浴びていた警官(片山萌美)と、拓馬の行方を捜す展開となったが、既に拓馬の両親もゾンビ化しており(みのりが前日に別れを切り出した家を出た直後にゾンビが入っていくカットがあったので直後にやられていた模様)、警官もゾンビ化。親子での逃走劇もガス欠で万事休すとなり父親もゾンビ化。

後編では1人取り残されたみのりを高校生のマコト(萩原利久)が救出し、同級生のモカ(井本彩花)、担任の加奈子(トリンドル玲奈)と行動を共にすることに。彼らはHIP HOPの名盤レコードをばらまければゾンビたちはそのお宝に群がるという習性を発見しており、大量にレコードを所持して生き延びていた。さらに拓馬ももうゾンビ化している事が判明し絶望するみのり。そんな中、散歩中のおじさん(入江雅人)からゾンビを元に戻すには魂のラップをぶつければいいと聞かされたみのりは不本意ながらリリックを練るが…。

おじさんの話は嘘で、復活したはずのおじさんの妻はゾンビ化したまま幽閉されていた。おじさんの元から逃げ出した一行は結局ゾンビ化してようと拓馬に思いをぶつけるために再び拓馬へラップバトルを挑む。最後は最早ラップですらない即興での魂の叫びをぶつけたみのりだったが、おじさんの言っていたでまかせが本当になってしまい拓馬が復活。しかし大量のゾンビに囲まれてしまった5人はラップバトルで生き抜いてやるとラップを開始して丸投げEND!

と書いていてもほとんど中身のないゾンビホラーコメディが炸裂。最早突っ込むところすらないというメチャクチャな展開の謎ドラマだったが、ほぼほぼこのふざけた世界観で大真面目に熱演していた主演の小芝風花が魅力的というだけで持たせたようなそんな話だった。2014年の『魔女の宅急便』主演で新人若手女優としていきなり注目されつつも、脇での起用が多くてブレイクしきれないまま気がつけば5年も経過していたが、今年1月のNHKの『トクサツガガガ』でようやく連ドラ主演を果たし、なんかもうブレイク待ったなしといった感じに成長していて驚いた。もう22歳だったのか。

萩原利久はこないだまでクズ男(電影少女)を演じていたが雰囲気が違っていて分からなかった。トリンドル玲奈が劇中で33歳とか言われていたのでソフトバンクのCMで注目集めてから15年近く経過してんの?と時の流れに焦ったが、実際はあのCMからは7年経過で本人もまだ20代だった。

電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-

18年冬クール放送の『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』の続編。今年1月の特別編で最終回手前の補完が行われたが、この際に洋太(戸次重幸)と人間あい(西野七瀬)が回収していたビデオガールのパッケージ一覧から神尾まいのものだけ抜け落ちている事を危惧していて早く探さなくては…と焦っていたのが今作へ繋がっている。

キャストは洋太(戸次重幸)のみ続投。神尾まいは原作にも登場したビデオガールで、前作にも原作登場人物の25年後の清水が登場したが、今作では原作登場人物では松井直人(岡田義徳)が登場する。今回は原作から25年後とされた前作から1年経過して26年後と思われるが、作中では普通に25年後として扱われている。

山下美月は今作撮影の多忙から体調不良で両立が困難となり、シングル『Sing Out!』には不参加となり、本業の乃木坂46を休業して今作のみに専念する形で活動を制限した。 「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」の続きを読む…

2019年7月チェック予定CD

シングル

7/2

G4・V-Democracy 2019-(CD+DVD)(特典なし) G4・V-Democracy 2019-(CD ONLY)(特典なし)
G4・V-Democracy 2019-/GLAY
何かとミスが目立つ近年のGLAYだが、1曲先行配信するはずがうっかり全曲配信してしまったそうで(気づいて慌てて配信停止にした)…。
追放ダービー:たぶん大丈夫。
→入荷

7/3

青春(初回限定盤A) 青春(初回限定盤B)(DVD付) 青春(通常盤)
青春/スキマスイッチ
3月に発売された配信シングルをそのままCD化。アルバムまでCD化されないのかと思ったら平気でこういう時間差シングルCD化してくるとは…。初の初回A,B複数商法だが、従来のMVその他諸々収録の初回盤DVD付はBの方で、Aはカバーライブのカバーライブ音源。こっちは面白そうなので初めてシングル買うかも…。
追放ダービー:たぶん大丈夫。
→入荷(通常盤)。

7/10

VIPER (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし) VIPER (通常盤) (特典なし)
VIPER/雨宮天
ジャケットがモノクロで顔も隠れてて誰だか分からないという攻めっぷり。
追放ダービー:TrySail他2人と違ってこっちは入荷継続中なのでよほど成績が落ちてなければ大丈夫なはず…。
→入荷

7/17

ドレミソラシド (TYPE-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし) ドレミソラシド (TYPE-B) (Blu-ray Disc付) (特典なし) ドレミソラシド (TYPE-C) (Blu-ray Disc付) (特典なし) ドレミソラシド (通常盤) (特典なし)
ドレミソラシド/日向坂46
前作リリース直後に行方不明になった柿崎さんが不参加になっていたので休業を覚悟していたらまさかの卒業…。Seed & Flower(欅坂46、日向坂46の事務所)の卒業発表って哀しみが漂うやつしかないんだけど…(米さんが唯一1番さっぱりしていた程度)。
追放ダービー:前回キープ(Aと通常盤)か、全種へグレードアップするか。

7/24

宇宙の記憶
宇宙の記憶/坂本真綾
マイペースだが安定して外さない。
追放ダービー:たぶん大丈夫。

FRUSTRATION(Type-A)(初回生産限定盤) FRUSTRATION(Type-B)(初回生産限定盤) FRUSTRATION(Type-C)(初回生産限定盤) FRUSTRATION(Type-D)(初回生産限定盤)
FRUSTRATION(Type-A)(通常盤) FRUSTRATION(Type-B)(通常盤) FRUSTRATION(Type-C)(通常盤) FRUSTRATION(Type-D)(通常盤)
FRUSTRATION/SKE48
7ヶ月ぶり、前作が意外な当たりだったが果たして。
追放ダービー:A1種だけなら大丈夫。

昇る太陽(初回限定盤)(DVD付) 昇る太陽(通常盤)
昇る太陽/宮本浩次
エレファントカシマシのソロデビューCD。実質メンバー不参加でソロ作品みたいな時期もあったバンドだけに今更ソロ名義でゲスト参加以外の単独作品出す方向に向かうとは思っていなかった。あとこちらは”ひろじ”だけど、90年代後半頃に同姓同名の宮本浩次(名前の読みだけ違っててこっちは”こうじ”)っていうシンガーソングライターがいて、間もなく訪れたインターネット時代に検索めっちゃ不利だろうなぁとか思った事があるけど、ますます”こうじ”の方の宮本さんが検索上位に表示されなくなりそうだよね。
追放ダービー:エレカシはまだ追放になっていないがソロは…。

7/31

I am I【初回限定盤】(CD+DVD) I am I【完全生産限定盤】(CD+グッズ) I am I【通常盤】(CD)
I am I/大原櫻子
今更深夜で初主演ドラマ&主題歌パターン。これ完全に両方中途半端になってフェードアウトしていくやつだ…。舞台女優が最終的な本業になりそう。
追放ダービー:たぶん大丈夫。

3rd Single「大好きな人」 Type A  初回限定盤 3rd Single「大好きな人」 Type B  初回限定盤 3rd Single「大好きな人」  Type C 初回限定盤 3rd Single「大好きな人」  Type D 初回限定盤
3rd Single「大好きな人」  Type A  通常盤 3rd Single「大好きな人」  Type B 通常盤 3rd Single「大好きな人」  Type C  通常盤 3rd Single「大好きな人」  Type D 通常盤
大好きな人/STU48
船もできてペースを上げてくるようだ。
追放ダービー:A1種だけなら大丈夫。

VS (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし) VS (通常盤) (特典なし)
VS/ポルノグラフィティ
CDは久々。
追放ダービー:たぶん大丈夫。

アルバム

7/10

燃えない化石 [CD+リリックブック] 燃えない化石
燃えない化石/藍坊主
期待。
追放ダービー:近年見たことない。追放確定。

aurora arc (初回限定盤A)(CD+DVD) aurora arc (初回限定盤B)(CD+BD) aurora arc (通常盤)
aurora arc/BUMP OF CHICKEN
AがDVD付、BがBlu-ray付、価格差は1000円、内容は同じとなればDVDを選ぶ。
追放ダービー:特設コーナー組まれるレベル。

doa Best Selection “ROCK COAST”
doa Best Selection “ROCK COAST”/doa
15周年ベストの投票を募ったら予想を上回る投票だったので、「ROCK」・「MIDDLE」・「BALLAD」に分けて夏・秋・冬にリリースする第1弾。ここのところ1500枚ほど売れて1週のみで300位圏外で固定してるので予想を越える投票とは一体どれくらいを予想していたのだろうか。
追放ダービー:もう何年もレンタルで見ていない。追放確定。

7/19

天気の子
天気の子/RADWIMPS
前回の再現のような大ヒットになるのか、二番煎じになるのか。
追放ダービー:旧作コーナーで眠りについていた「君の名は。」と一緒に並びそう。

7/31

I~アイ~/サスケ
買わないと聞けないだろうけど正直フツー以上の期待が抱けないためスルーするかも…。
追放ダービー:追放確定。

Blu-ray

7/3

6th YEAR BIRTHDAY LIVE (完全生産限定盤) (特典なし) [Blu-ray] 6th YEAR BIRTHDAY LIVE (完全生産限定盤) (特典なし) [DVD]
6th YEAR BIRTHDAY LIVE Day1 (Blu-ray) (特典なし) 6th YEAR BIRTHDAY LIVE Day2 (Blu-ray) (特典なし) 6th YEAR BIRTHDAY LIVE Day3 (Blu-ray) (特典なし)
6th YEAR BIRTHDAY LIVE Day1 (DVD) (特典なし) 6th YEAR BIRTHDAY LIVE Day2 (DVD) (特典なし) 6th YEAR BIRTHDAY LIVE Day3 (DVD)(特典なし)
6th YEAR BIRTHDAY LIVE/乃木坂46
7thも終わって数ヶ月なのに1年前のやつをようやくリリース。西野どころか若月も相楽も能條も川後もテレ朝アナウンサーもまだいるぞ…。

勝手に2019音楽大賞~途中経過~

上半期が終わってないのに6月真ん中あたりから流行り始めてしまい6月後半の作品が不遇になりがちでお馴染みの上半期勝手にランキング(コピペ)。いつだったか上半期だけやって下半期が無いのは不公平だという声が飛び交ったため、そういやそうだなと「途中経過」と改名したが、結局みんな上半期のままじゃねーかよでおなじみの季節がやってきた。

先日平成総括で1~4月までをやったばかりでまたすぐやるという初の事態となったが案の定な結果となった。

なおシングルはあらかた予定していたものは聞き終えているが(感想執筆前多数)、アルバムは特に5,6月が揃いきってない中で行っている。

これとどっか変わった?

と思ってもそっとしておいてほしい。 「勝手に2019音楽大賞~途中経過~」の続きを読む…

X-MEN: ダーク・フェニックス

2019年公開。シリーズ通算7作目。2016年の『X-MEN:アポカリプス』の続編。『アポカリプス』の際に最終作と銘打たれていたが、今作がシリーズの最終作と銘打たれた。制作元である20世紀FOXがディズニーに買収され組織が大きく再編されるのも理由と言われている。

アポカリプスとの戦いから10年が経過した1992年が舞台となり、主要キャストはほぼ全員続投しているが、プロフェッサーと恋仲だったモイラ、アポカリプス側の敵として前作で戦い、逃げ延びたサイロックは出ていない。

また時系列ではウルヴァリンはまだX-MENに合流しておらず、それでも『ファーストジェネレーション』『アポカリプス』では1シーンのみの形で出演していたがヒュー・ジャックマンがウルヴァリン役を引退したため、シリーズ7作目、最終作にして初めてウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が一切出演していない

今回どうも評判も悪く、公開2週目なのに既に朝イチと夜ラス1日2回上映になっている始末。字幕・吹き替え・ドルビーの3種あって各1日2本ずつなので、一応6本になるし、メンインブラックと同じ状況とはいえ、それにしても公開翌週でこれは予想外の上映時間選択肢の少なさ。ドルビーシネマなんてもう「LAST」がついていて1週間で打ち切りらしい(ドルビーのゴジラが今週までやってるのに)。ムビチケを買ってしまっていたため、本来7月になってから見に行く予定だったが、これはマジで見るタイミングが無くなるかもしれないと急遽休みを前倒して慌てて行ってきた。その翌週(7月1週目)で吹き替え版も打ち切りとなり、7月2週目にはもう字幕版朝イチ上映1本ポッキリになってしまったので急いで見ておいて正解だったようだ。

「X-MEN: ダーク・フェニックス」の続きを読む…