今年ライブ行かないっぽい

ホームページ開始前に行ったライブが確か…

00年 ポケットビスケッツ(武道館)、DEEN(大宮ソニック)
01年 無し

で、02年の開設後最初に行ったのが受験直前なのに何をしているんだ的な

02年 the FIELD OF VIEW(赤坂BLITZ)

03年 Something ELse(柏の路上フリーライブ)
これはカウント微妙な気がするが…。

04年 ZONE(戸田)

以降はDEENを軸にしつつ毎年何かしらのライブに行っていた記録が残っている。07年はスタッフとしてライブ現場に参加する機会が何度かあったものの、観客として参加したライブが記録に残っていないが一応ネットラジオ繋がりで曲をかけたバンドのライブハウスでのライブを見ているのでまあこの年もセーフ。

08年以降はDEEN武道館が毎年あったので、最低でも年1以上のライブに行っていた。武道館の無い年も何かしら別のライブで毎年1回は行っていたはずだが…。

ふとここで気づいた。昨年末のユーミン以来ライブに行ってなくないか?と。そして今後も今年予定は無い。

この時点で2019年ライブに行かない事がほぼ確定的となっていた事が判明。前述のように振り返ってみたら01年以来である。フリーライブをカウントしないのであれば03年以来

なおフェスには1度も行った事が無い(前述の07~08年の専門学校時代に複数出演者が出るライブハウスでのイベントにスタッフとして参加した事はある)。複数出演者というとBEING LEGENDくらいか。野外ライブも無い。Something ELseの路上フリーライブくらいか。

フェスに行かないのは体力的な問題(恐らく1組見るので限界)が1番大きいが、ライブの優先度が低いのでライブを見たいと思うアーティストが少なすぎる事と、無理やり見ても全く集中が続かない事、そんな状態で複数移動して見続けるのは最早修行の域であり、全く楽しくならないという、音楽の聴き方との絶望的な相性の悪さが大きい

これは当サイトが1stから順番に聞いていくシリーズや過去曲回顧に代表されるように、1組ずつ掘り進めていくような集中的な聞き方をしていないと更新が続かないようなコンテンツばかり更新している事と、新作感想になると途端に遅い事から分かるように、要するにあっち行ってすぐそっち行ってという聞き方ができないためである。

どうも自分はそういう性質らしいので、こればかりは仕方がない。そしてこういった切り替えの苦手な性質はフェスとは恐ろしく相性が悪い。ついでになんでも聞けるというストリーミングとも相性が悪くて全く生かすことができない。単なる消化不良を招くだけである。

これだけフェス中心というか最早フェスに行く人しか音楽語ってないんじゃないかと錯覚するくらいになってきている現状の中で、近年自動的にどんどんはぐれ者化していく当サイトであるが(02年の開設から5,6年は少なくともライブに行かないでCDレビューしまくるスタイルも主流だった)、こう考えるとライブに行かない年が01年以来だとか03年以来、つまり18年とか15年ぶりだというのは割と意外というか、行ってなさそうでけっこう毎年行ってはいたんだな…と改めて思った。

フェスが主流化していった影響なのか”今の音楽シーン”に言及しているような考察系ブログを見るとそれ音楽シーンじゃなくてフェスシーンで語ってない?というビミョーなズレを感じることも増えている。音楽シーン=フェスシーンも間違ってはいないのだろうが、フェスやライブに行かない音楽好きという存在が明らかに見えなくなってきているように思うし、サブ圧的格言の”ストリーミングに出さないのは最早存在しないのと一緒”と同じくらいの勢いで“フェスに出ない人たちは存在してないのと一緒”かのように感じるし、恐らく今後そういった傾向は増していくのだろう。当サイトはやっている事はあまり変わっていないのに相当我が道を進んでいく感じにますますなっていくのかもしれない。

とりあえず、DEENはフェスに出たことないし、藍坊主も現在は全く呼ばれていないようだけど、GOING UNDER GROUNDとかLUNKHEAD辺りは一部のフェスの片隅には出てくる事もあるみたいなので、フェスに行く人たぶん空いていると思うので試しに見に行ってみてください(雑な締め)。

フェスなぁ…生涯行く事はないだろうなぁ…。

雑記

2019年8月チェック予定CD

シングル

8/14

母校へ帰れ! (通常盤Type-A)(CD+DVD) 母校へ帰れ! (通常盤Type-B)(CD+DVD) 母校へ帰れ! (通常盤Type-C)(CD+DVD)
母校へ帰れ!/NMB48
総選挙中止でAKB48のシングルリリースが2回分(?)停止状態になっているので、その間に姉妹グループが連投していくな…。
追放ダービー:SKE48が完全追放に追い込まれた中で明らかに次に危ないのはここ。Aのみ入荷が継続できるか。
→TSUTAYAでは周辺店舗軒並み追放。他店ではAのみ入荷。

リブート (初回生産限定盤A) (DVD付) (特典なし) リブート (初回生産限定盤B) (DVD付) (特典なし) リブート (通常盤) (特典なし)
リブート/miwa
配信が続いていたので去年のベスト以来、髪を切って最初のCD。やはり完全にアイドル売り(カワイイ売り)を打ち切った模様。配信の2曲もまとめてCD化(A,BにMV含めて1曲ずつ収録、通常盤は2曲まとめて収録)。
追放ダービー:いきなり追放はまだないだろうけどいつ追放になってもおかしくないくらい人気下がってそう。

僕は君を問わない (with 高橋 優) (特典なし)
僕は君を問わない(with 高橋優)/HIROBA
いきものがかり水野のソロプロジェクト第2弾。
追放ダービー:前作があまり周知されている感じがしないのであっさり追放なんて可能性も…。
→TSUTAYAでは入荷。他店では前作は入荷したが成績悪かったようで早くも追放。

8/28

でんでん + Live Tracks[100周年ツアー
でんでん+Live Tracks[100周年ツアー“百が如く”]/ユニコーン
新曲+ライブ音源という前作と同じパターン。
追放ダービー:このパターンで普通のシングルより値段が上がったためか前作は追放だった(アルバムは入荷)。今回も追放の可能性が高い。

アルバム

8/14

Let’s GOAL!~薔薇色の人生~/倉木麻衣
20周年目前でゴールしちゃって大丈夫なのかという少しばかりの不安と、前作に続く謎の色違い複数商法。サブ圧強まるこの時代に迎合する気は全くないということか。それにしても「負けないで」カバー1曲だけのボーナスディスクとか、ジャケットとブックレット違うだけで内容は同じだとか資源の無駄、コスト無駄にかかってるように思うが…。
追放ダービー:たぶん大丈夫。

SUMMER TRACKS -夏のうた- (初回生産限定盤) (CD+オリジナルポストカードセット) (特典なし) SUMMER TRACKS -夏のうた- (通常盤) (特典なし)
SUMMER TRACKS -夏のうた-/ClariS
1回ポッキリで終わったかと思ったらまさかの3年5ヵ月ぶりに復活したカバーミニアルバムシリーズ第2弾。
追放ダービー:3年前とはレンタル屋の状況が違うのでこういうミニアルバムは危ない。なんだかんだある程度売れ続けてはいるので追放はされないとは思うが…。

Blu-ray

8/21

DEEN LIVE JOY COMPLETE ~Sun and Moon~ (2Blu-ray) (通常盤) (特典なし) DEEN LIVE JOY COMPLETE ~Sun and Moon~ (2DVD) (通常盤) (特典なし)
DEEN LIVE JOY COMPLETE~Sun and Moon~/DEEN
8月唯一の購入予定(レンタル追放による急遽購入が無い限り)。3人時代のリリースは終わったかに思われたが武道館、カウントダウンよりさらに前の商品化のタイミングを逃していた2017年2~3月のツアーBreak20を今更単独商品化。2年以上前じゃん…。原曲キーに戻ったライブが既に2本映像化されているけど、この後は47ツアー、カウントダウンだけなのでキー下げしてた最後のバンド編成ツアーなんだよな。

2度目の外付けドライブ BDR-XD07LE

PC内蔵のBDドライブが調子悪いので昨年9月に導入したロジテックのBDドライブ

当初は調子が良かったのだが、ここ数ヶ月何か様子がおかしかった

以前はUSBで繋いでいれば常時ドライブを認識していたのだが、通常時に何故かドライブを認識しなくなってきていて、CD/DVD/Blu-rayを入れて読み込みを始めると思いだしたかのようにPC側でドライブを認識し始める…といった現象だったのだが、ここ1ヵ月くらいでそれがどんどん悪化。

ここ1ヶ月ほどは読み込みが終わってディスクを取り出すポコロン!というUSBを外した時の音がしてドライブの認識が消えてしまうようになった。なので続けてCDをリッピングしようとすると手間取ることが増えた。やがてディスクを入れてドライブが読み込んでもPC側で認識してくれない事が増えてきて徐々にロシアンルーレット化

ついにはPC側が認識する確率は1/10を切り、当たればラッキーくらいの感じに。USB供給の電源が弱いのかと思ってわざわざACアダプタを買ってきたものの、1500円ほどを無駄にしただけであった。

またよくよく状況を精査したところ、USBを認識してないわけではなく、USBが刺さっていることは検知しており、認識はしているんだけど本来認識されるはずのDVD/CD-ROMドライブとして認識せず、ディスクドライブの項目には「ASMT 2105 USB Device」と表示されていた。

PC内蔵のドライブの方はドライブそのものの読み込み機能が死んでいる様子だったが、こっちに関しては読み取りは問題なく行っているのにPC側がドライブとして認識してくれないという状態で原因が良く分からない。USBケーブルがおかしくなっているのかとも考えたがUSB経由でも通電して読み込みはしている以上はドライブ側に何らかの異常が生じている可能性の方が高そうだ。ASMT 2105 USB Deviceで検索すると、HDDが認識されずにこれになったとかまあ概ね元がダメになった系の事例が出てきた。

というわけでこのPC、前々PCのカランコロン事件を考えると買い替えるのは来年以降の予定であったのと今のところ異常が無くてもう少し粘りたいというのもあって、ドライブを買い足す事にした。

前回検討した際に最有力候補であったが、価格面で回避したパイオニア「BDR-XD07LE」を今回は迷わずチョイス。

入手後、早速起動したところ、あっさりとDVD/CD-ROMドライブと認識。PC側の問題でもなく、やはりロジテックの外付けドライブが逝っていたようだ。そんなわけで1番確実だったパイオニアを選択せずにちょっとケチったばかりに結果失敗したという話であった。

ロジテックのもOEMでパイオニアのドライブではあったんだけど、本家パイオニアが自ら販売している商品の方がやはり質が違うのかも。明らかに作りもしっかりしてるし。

雑記

ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ

テレ朝で7月12、13日に金曜ナイトドラマ、土曜ナイトドラマ枠(23時15分開始)で2日連続で放送されたSPドラマ。ラッパーに噛まれたらラッパーゾンビになってしまうラップ×ゾンビという異色のギャグホラー。小芝風花主演。

前編(12日)は医学部に入ったはずがこの半年ですっかりラッパーになってしまった恋人拓馬(佐藤寛太)にラップを辞めてくれないなら別れると告げたみのり(小芝風花)がゾンビパニックに巻き込まれていく様子が描かれ、父親(ブラザートム)や、ゾンビ化が進行した中で勝手に家に上がりこんでシャワーを浴びていた警官(片山萌美)と、拓馬の行方を捜す展開となったが、既に拓馬の両親もゾンビ化しており(みのりが前日に別れを切り出した家を出た直後にゾンビが入っていくカットがあったので直後にやられていた模様)、警官もゾンビ化。親子での逃走劇もガス欠で万事休すとなり父親もゾンビ化。

後編では1人取り残されたみのりを高校生のマコト(萩原利久)が救出し、同級生のモカ(井本彩花)、担任の加奈子(トリンドル玲奈)と行動を共にすることに。彼らはHIP HOPの名盤レコードをばらまければゾンビたちはそのお宝に群がるという習性を発見しており、大量にレコードを所持して生き延びていた。さらに拓馬ももうゾンビ化している事が判明し絶望するみのり。そんな中、散歩中のおじさん(入江雅人)からゾンビを元に戻すには魂のラップをぶつければいいと聞かされたみのりは不本意ながらリリックを練るが…。

おじさんの話は嘘で、復活したはずのおじさんの妻はゾンビ化したまま幽閉されていた。おじさんの元から逃げ出した一行は結局ゾンビ化してようと拓馬に思いをぶつけるために再び拓馬へラップバトルを挑む。最後は最早ラップですらない即興での魂の叫びをぶつけたみのりだったが、おじさんの言っていたでまかせが本当になってしまい拓馬が復活。しかし大量のゾンビに囲まれてしまった5人はラップバトルで生き抜いてやるとラップを開始して丸投げEND!

と書いていてもほとんど中身のないゾンビホラーコメディが炸裂。最早突っ込むところすらないというメチャクチャな展開の謎ドラマだったが、ほぼほぼこのふざけた世界観で大真面目に熱演していた主演の小芝風花が魅力的というだけで持たせたようなそんな話だった。2014年の『魔女の宅急便』主演で新人若手女優としていきなり注目されつつも、脇での起用が多くてブレイクしきれないまま気がつけば5年も経過していたが、今年1月のNHKの『トクサツガガガ』でようやく連ドラ主演を果たし、なんかもうブレイク待ったなしといった感じに成長していて驚いた。もう22歳だったのか。

萩原利久はこないだまでクズ男(電影少女)を演じていたが雰囲気が違っていて分からなかった。トリンドル玲奈が劇中で33歳とか言われていたのでソフトバンクのCMで注目集めてから15年近く経過してんの?と時の流れに焦ったが、実際はあのCMからは7年経過で本人もまだ20代だった。

電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-

18年冬クール放送の『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』の続編。今年1月の特別編で最終回手前の補完が行われたが、この際に洋太(戸次重幸)と人間あい(西野七瀬)が回収していたビデオガールのパッケージ一覧から神尾まいのものだけ抜け落ちている事を危惧していて早く探さなくては…と焦っていたのが今作へ繋がっている。

キャストは洋太(戸次重幸)のみ続投。神尾まいは原作にも登場したビデオガールで、前作にも原作登場人物の25年後の清水が登場したが、今作では原作登場人物では松井直人(岡田義徳)が登場する。今回は原作から25年後とされた前作から1年経過して26年後と思われるが、作中では普通に25年後として扱われている。

山下美月は今作撮影の多忙から体調不良で両立が困難となり、シングル『Sing Out!』には不参加となり、本業の乃木坂46を休業して今作のみに専念する形で活動を制限した。 「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」の続きを読む…