電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 特別編

2018年冬クールで放送された「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」のスピンオフ特別編。清水(村上淳)の策略でアイ(西野七瀬)が奪われてしまい記憶を失って清水の元でアイドル活動を開始して色々あったが清水の元からアイを取り返した直後、洋太(戸次重幸)は翔(野村周平)を放置してアイを自宅へ連れ去ってしまった。そこには原作で人間になったあい(西野七瀬)がいた…という10話ラスト~11話序前半の間の話を膨らませた内容。

連ドラでは残りの時間を有意義に過ごしてもらうために、人間あいとアイが話をして、洋太は翔と話をすることでお互いの気持ちをいったん整理してもらってから2人は再会するという流れだったが、今回アイがあいと話した後、帰還する前に自身の運命と翔との別れを受け入れるエピソードという触れ込み。

あいとの話を終えて外出していたアイは飼い犬を探す少年と遭遇。少年との交流を経て好きな女の子と犬への愛情の違いや、実はその探していた犬が余命間近である事、別れをちゃんと伝えたいという少年の思いを見たアイは気持ちの整理をつける…みたいな話。正直別にあってもなくてもあまり問題が無いというか無理やり付け足したような話だった。

こんなんよりも終盤謎のキャラ変で最早何を言っても聞く耳を持たない超絶不機嫌・人間不信モードになって当たり散らした奈々美(飯豊まりえ)の心情をもう少し補完・救済してほしかった。終盤になって急にアイを一方的に敵対視してキツい言葉ばかり浴びせていたのが手紙1枚で無理やり和解済んだ感じに持って行った上に、気まずくなった翔との接点は最後まで無いままという放り投げっぱなしで出番終了だっただけに補完が必要だったのは明らかに奈々美の人間関係回りだったでしょう…。

随所に回想が挟まれたが、新キャストの少年以外は戸次重幸が出ただけで野村周平、飯豊まりえ、清水尋也のクレジットが全部「(回想)」になっていて完全不参加だった。ほぼ西野七瀬の個人PV状態で、むしろ戸次重幸だけよく出てくれた…。

ラストシーンでは洋太が回収してきたすべてのビデオガールのテープの中に1本抜けがあり、これが再生される事を2人が危惧しているという謎カット、その抜け落ちているビデオガール・マイ(パッケージに出ているのは乃木坂46山下美月)が何者かに再生され、4月から新シリーズが開始されることが告知されて終了。マイというのは原作2部ではなく、あいの敵として暗躍したビデオガールのようで前回同様に設定を再利用して新展開で話を進めるようだが、危惧する2人のカットを入れたという事は戸次重幸や西野七瀬もサブキャストで続投するのか…?

3年A組-今から皆さんは、人質です- 2話

2日目、柊(菅田将暉)から自殺した景山澪奈(上白石萌歌)のドーピング疑惑をネット上に巻いて中傷していた投稿者は名乗り出ろという課題が出される。既に初回の段階で澪奈とさくら(永野芽郁)が親しくなるのを宇佐美香帆(川栄李奈)が面白くなさそうに見ているというカットがあってかなりバッレバレだったが、やはり犯人は香帆だった。視聴者や一部生徒(さくらや唯月(今田美桜))にはバレバレなのにギリギリまで黙っていた上にさくらが代わりに名乗り出てようやく開き直って自白する始末だったがそこからはなんか熱い学園モノっぽい柊の説教展開に。

動機としては澪奈にプレゼントを突き返されたのとさくらと親しくなるのを見て怒りに支配されてストーキング、上履きビッチョビチョ、水着切り裂く、家のガラス割る(ここからは自ら顔出しして行っていた)、直接対決で死んでくれ!と叫ぶ…等々なかなかサイコさん。エスカレートした行為そのものへの反省に焦点が置かれていたが何故こうなったかには言及されず。そもそも澪奈がプレゼントを拒んだ原因は元々香帆が人気者の澪奈と友人でいることにファッション的価値を見出していてそれを隠そうともせずに澪奈の前で堂々無自覚に語っていた(写真撮った直後にフォロワーが増えるとか平気で発言)せいだとかなり分かりやすく描かれていたんだけど何故か柊はそこに言及しないという。澪奈は本当の友達になりたがっていたという事だけはさくらを通しても伝えられたが果たして香帆にそこまで到達する思考があの状況であったのか…。

なお前回殺した生徒が生きているのでは?疑惑が持ち上がった事で主に男子勢がイキりまくって、柊を度々殺る気で襲撃したためさすがに全て無傷で済ます事も出来なくなり、早くも頭部から流血したり殴られまくったりと柊にもダメージの蓄積が…。偽の手首を見せたことで殺害に信憑性を持たせてイキり男子勢をおとなしくさせていたが、そうなるとやはり生きているのか。

初回冒頭で教師勢が踊っていた謎の朝礼ダンスだが、今回は柊が強要して生徒全員でダンシングしていたのでどうやら校風らしい。

3年A組-今から皆さんは、人質です- 1話

3月10日の卒業式まで10日後に迫った3月1日。3年A組の担任教師の柊(菅田将暉)は突如クラス全員を人質にすると宣言。事前に仕掛けていた爆弾で廊下を破壊して自身の拠点である美術室と準備室、トイレと教室を孤立させる。目的は半年前に自殺した景山澪奈(上白石萌歌)の自殺の真相を探し出せというものだった。

さくら(永野芽郁)と澪奈の友人関係が回想を交えて描かれ、水泳の全国クラスのエースだった澪奈がドーピング疑惑でクラスからイジメに遭っていた事や、澪奈が本心ではないが絶縁の手紙をさくらに送った事でさくらもイジメを黙認していた後悔などが語られた。クラスからは学級委員ながら気弱な性格から(好きな事には饒舌になる)奴隷呼ばわりされていたさくらは澪奈をバカにする男子に飛び膝蹴りを喰らわせて激昂するなど覚醒。自殺は自分のせいだと結論付けるが柊は違うと言い放ち、宣言通りに生徒1人(中尾(三船海斗))を殺害(?)。1日目が終了した。

3月10日、すべてを終えて飛び降りる柊という結末から見せる意味深な冒頭から、先生全員の朝礼が謎にダンサブルなダンス(校長が終わった後にハアハアしている)というシュールさが妙に印象的だった。

柊は2年前に赴任してきたばかりで、美術の講師で澪奈をモデルにして絵を描いていた事が他生徒にも目撃されていたが、A組の担任になったのは澪奈の自殺で前担任が降りてからだったという。このため生徒たちは2人のアヤしい関係を疑っていたが目的は不明のままで徐々に明らかになる模様。またあまり主張せず生徒たちにもからかわれ放題という生徒にはナメられた存在だったらしいが全てはこの時のための演技だったようで実際は格闘技に長けていて襲い掛かってきた生徒複数を一蹴していた。アクション俳優を目指していたというセリフもあったが、中の人が元仮面ライダー

これから徐々に真相と生徒たちの内面・改心が描かれていくようでなかなか面白いドラマになりそうだ。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 15話

再び学園都市暗部編。それぞれの日常を守るために今は「グループ」の活動に向かう一方通行、土御門、エツァリ(海原)、結標のそれぞれを少しほのぼの描きつつも「ドラゴン」の謎を追いながらテロリストの処理に動いていた。生き残った浜面、滝壺、絹旗は滝壺が入院中ながら平和な日々を過ごしていたがここにも先日の他のチームの生き残りからの襲撃が入る。また滝壺が入院しているところをテロリストが占拠して次回へ続く。

…と、またゴチャゴチャした話の展開に。これをやらないとロシアへ向かった上条さんに主要キャラそれぞれもそれぞれの目的で向かっていく展開にならないので消化しないといけないわけだけど、それにしても14話からは全く話が続いていない感が凄い。暗部編になるとなんていうかもう暗部になってないというかけっこうな街中でドンパチしまくりで治安マジヤベェ感じになるのはどうしてだろう。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 14話

全員集合でのキャーリサとの最終決戦。ナイトリーダーも寝返ってアックアと共闘するなど総力戦が繰り広げられ、最後は王女エリザードがイギリス全国民に力を与えてカーテナの力を弱め、集結して見守る国民たちの中でアックアが上条と協力して上条を吹き飛ばしカーテナごとキャーリサを撃破。一応勢いつけていたとはいえ殴っただけなのにキャーリサは彼方へと吹き飛んでいった…。いや吹き飛びすぎじゃない?

倒れていたキャーリサの元にフィアンマが出現し、上条も駆けつけるがフィアンマはこの隙にインデックスの遠隔制御霊装を奪い去っていた。インデックスは意識不明となり、ロシアへ向かったフィアンマを追って上条もロシアへ向かうと宣言。…しかし次回はこの続きではなく再び1つ前の暗部編の続き

なんかとりあえず派手に盛り上がったけど、相変わらずな急展開。王女によって力を与えられた国民達が総攻撃してきてキャーリサが追い詰められるような内容だったはずがただ棒立ちで見守るだけに改変されていて上条の全員が主人公みたいだというセリフもワケ分からなくなっちゃったし…。改めてイギリスに向かってくるときのハイジャックで1話浪費したのが無駄すぎた…。