ハイポジ~1986年、二度目の青春。~ 1~3話

テレビ大阪土曜深夜30分枠、関東ではBSテレ東での放送となるローカル枠だがTVerでの配信があるので一応全国で視聴可能。きらたかしの漫画『ハイポジ』の実写化。

1話

離婚寸前&リストラされてどん底の46歳のオッサン光彦(柳憂怜)はヤケクソで訪れた風俗店で滑って転倒して頭部を強打して死亡…したかと思われたが次の瞬間に1986年高校時代の自分(今井悠貴)として目覚める。当初死ぬ前に昔の夢を見ていると思った光彦はとりあえず当時一言もしゃべれなかった憧れの人さつき(黒崎レイナ)と会話したり、高校生当時はお互い知らなかったが実は別のクラスにいた後の妻となる幸子(鈴木絢音)と遭遇するなどしていたが不良に絡まれた際に、当時も同じようにカツアゲされた事と殴られた痛みがリアルだった事から夢ではない、本当に魂が1986年に戻っている事態を認識、人生をやり直してやる!と奮起するのだった…。が、別に戦闘力が高くなったわけではなく、態度がデカくなったわけでもないので不良相手には太刀打ちできずに意外と武闘派なさつきに助けられる始末で物語が始まった。

乃木坂46鈴木絢音が出ているというので見てみたが、1986年設定なので鈴木絢音は聖子ちゃんカットみたいになっていてちょっとビミョー…。魂だけ学生時代の自分に戻って人生やり直すという超絶ベタな物語な上に、1986年だとリアルタイムの実感が無いので主人公がもう10歳若ければなぁ…。ドラマタイトルの由来にもなっているカセットテープのハイポジの話なんかは、カセットからMDやCD-Rへ切り替わっていくギリギリの世代だったので何とか懐かしさも感じられた。

基本的には今井悠貴が変顔&気持ち悪い中年オッサンノリでドタバタする要素が強くていかにもなテンプレ中年っぷりがこれまた微妙ではあるが…最後まで見れるくらい面白くなるかどうかは…ちょっと分からない…。

2話

引き続き自宅での家族の人物紹介&86年あるある紹介。けっこう頻繁に今井悠貴から柳憂怜に切り替わってメタ的に時代背景を解説したりと柳憂怜の出番も多く、86年の説明も丁寧になってきた。また光彦視点では鈴木絢音まで現代のいしのようこに切り替わるため制服姿のいしのようこと柳憂怜の会話という中年地獄絵図が…。

家庭内では懐かしさと後悔と気のゆるみもあってか、光彦はブツブツ過去を回想したり泣き出したりと家族からすれば相当な情緒不安定。今回は結局さつきに助けられた光彦が、光彦の高校の数少ない不良生徒にお前があいつらを倒したのかと聞かれ、名前を出してさつきに迷惑をかけたくなかった光彦は自分が倒したことにして黙っているように言うがあっさり広まってしまい、不良校の不良を一蹴した救世主のように扱われてしまう。さつきに謝ろうと苦悶しているだけで時間を浪費して屋上に呼び出して次回へ続く。30分しかないのにスローすぎる。まだまだ若さに嬉しがっている様子ばかりでなかなか物語が進まない状態が続く…。

3話

過去に戻れて嬉しがる様子は終わったものの人生やり直して楽しむぞ!という割には不良の抗争に巻き込まれるというのもあるにしても光彦が終始オドオドしすぎてて情けなくて見てられない…。未来の妻相手に「(この当時は知らなかったから)好きじゃない」と言い放って泣かすわ、堂々不良と対峙しようとするさつきに「俺より若いのになんて強いんだ」とか感銘受けて自分が出ていくと決意したまではいいが結局不良相手に土下座。10万円かさつきを連れて来いと言われてしまい苦悩。やり直しアドバンテージ持っててこれってリアル高校時代はどれだけ情けない奴だったのか。本人曰く「前の人生の方がマシだったかも…」な始末。開き直って強気でやり直す物語を見たかったんだけど…なんだこれ。

精神は46歳なわけだから高校時代の自分の周辺の関係者なんて全て子供&親や教師含めても同世代かそれ以下なんだから、精神的にもう少し余裕があってもいいだろうに、特に不良絡みなんて16歳当時だったらこの世のすべての脅威に感じられても46歳であればいくらでも対処する方法は考えつくだろう。それゆえにむしろちょっと偉そうな態度になりそうなもんだけどここまで卑屈かつ下手に出れるの逆に凄い。結局姉に頼ったところ、最近(タイムスリップ後)別人のようだけど今までよりも男らしくなってマシだという。…これでマシなのか。度を超えたヘタレ主人公って辛いな…。

ゆるキャン△ 1~3話

テレビ東京木曜深夜(金曜)「木ドラ25」枠(30分)。2015年から連載されている漫画原作で2018年1~3月にアニメ化もされていた作品の実写化。

原作及びアニメでは実在するキャンプ場や施設名などモデルにしつつ全てもじった名称で登場させていたが(「ほったらかし温泉」が「ほっとけや温泉」になっている等)、実写なのでそのまま実名でキャンプ場や施設が登場するという違いがある。

1話

オフシーズンの冬のソロキャンプが趣味のリン(福原遥)が本栖湖の浩庵キャンプ場で黙々とソロキャンプをするという内容。そんな中引っ越してきて富士山を見るために延々自転車でやってきたものの疲れ果てて爆睡して暗くなってしまい遭難しかけていたなでしこ(大原優乃)を助ける事になる。その後高校でなでしこが転校してきたらしき事が判明(リンはまだ気づいてない)し、後の主要メンバーたちの様子が出てきたところで次回へ続く。

女子高生がキャンプするというゆる~い感じの作品のようで、まあ「けいおん!」のアウトドア版みたいなものか(考え方が古いかつ安直)。昨年の『チート』での福原遥が好印象だったので見てみたけど、1人ソロキャンプしているだけでも絵になるかわいさはさすが。冬のアウトドアは風景も良さそうだし(といっても初回放送前の大晦日に福原遥が「先日オールアップ」したとインスタに上げていたので年内で撮影終わってて冬というより晩秋の景色っぽいけど)、ゆるい系の話ならこじれたような展開もなさそうでほのぼの路線だろうし、ゆるく楽しめそうかも。

2話

転校してきたなでしこは野外活動サークルに入部するが、部員は大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)の2人しかいなくて焚火しているだけだった。あからさまに残念そうな顔をするなでしこに慌てた2人は夏にオークションで980円で購入するも届いたのが秋になってからだったので1度も開いていないテントを引っ張り出してきて校庭で組み立て始める。図書委員をしていたリンは友人の斉藤(志田彩良)とそれを眺めていてなでしこが転校してきたことを知る。

テント設営に失敗してポールを折ってしまった3人はリンが持っていた修繕アイテムを斉藤経由で譲ってもらいテントを完成。この過程でなでしこも気づいてサークルに誘うが1人キャンプが好きなリンは露骨に嫌な顔をしてしまい…。

CM明けにはふもとっぱらキャンプ場でソロキャンプを始めるリン…という先週と似たようなまったりしたソロ映像が続くが、LINEを受け取った斉藤がなでしこにリンの居場所を教えた事でリンが何やら鍋道具一式を持って駆けつけて驚愕したところで次回へ続く。

1人が好きなリンと人懐っこくて明るいなでしこの2人のバランスがなかなか楽しい。期待通り富士山をバックにした自然風景も癒される。一方で大垣のメガネツインテール前髪パッツンな容姿はいかにも漫画キャラのコスプレ感が全開で変なインパクトが…。アニメ版の大垣を見てみたらもう少しかわいらしいビジュアルになってるし、他の4人もナチュラルに寄せているのに、何故大垣だけ変に髪形とメガネが強調されて超個性派な人みたいになってしまったのか。

3話

なでしこは姉の車でやってきていてリンに餃子鍋を振る舞うと戻ってきた姉と共に車中泊。翌朝日の出を見るためにリンの元に戻り、リン就寝中のテントの横で朝日を1人拝むとリンのテントに潜り込んで二度寝していた(後に写真だけで出てきたが姉もテントを訪れて寝ているなでしこにイタズラしていたのでリンとも会ってから自転車のリンとは別れて姉妹で周辺観光して帰った模様)。人懐っこくて明るいなでしことローテンションで一人を好むリンとのバランスが絶妙で2人で餃子鍋しているだけ+富士山の絶景というだけで何か最高だなこのドラマ

その後、今週はバイトのため来週長野方面へ向かうとリンが予定を語った際に「もうすぐ12月」「来週を逃すと道が冬季閉鎖になる」と時期が明かされた。リアルタイムの1月ではなく撮影時期に近い晩秋設定だったらしく、1話2話はまだ11月の話だったらしい。

SPECサーガ黎明篇「サトリの恋」

2010年に連続ドラマとして放送され、TVSP、2012~2013年に3度の映画化を経て完結した『SPEC』の7話とSP、映画に登場したサトリ(真野恵里菜)が能力に目覚めて7話で登場するに至るまでの過去を描いたスピンオフ作品。2010年の本編当時よりも1,2年前の話のため2008~2009年頃が描かれている。

インターネット配信「Paravi」で2018年9~11月に独占配信された後、TBSチャンネル(CS放送)でも放送、1年後の2019年9月にBlu-ray/DVD化もされた。全6話だがネット放送らしく、1話辺りの時間は20~30分程度と決まっていない。

『SPEC』の新シリーズとなる『SICK’S』と並行しての展開となり、『SPEC』だけでなく『SICK’S』の世界観へもつながるように構築されている…が、『SPEC』のラストで世界観がリセットされてパラレルワールドになった世界と『SICK’S』の世界がどう繋がっているのか、『SICK’S』が完結しておらず、世界観の謎が正式に明かされていないため、かなり時系列がゴチャゴチャしてややこしい事になっている…。

当時19歳だった真野恵里菜が演じたサトリはかなりカワイイ容姿とインパクトのあるキャラもあって存在感を示し、SPで殺されてしまったが、当麻のSPECにより映画でも冥界から呼び出されて再登場するなど人気だった。そのサトリのスピンオフは確かに興味深いが8年も経って27歳になってから高校時代のサトリを演じさせるのは…なんで今更…?

真野恵里菜まだまだ全然若いとはいえ、19歳当時のキャピっとした若さにはさすがに勝てず、シリアスな表情時に漂う大人っぽさにはやはり歳月を感じた。とはいえ当時はアイドルシンガーとして活動していて女優としては駆け出しだっただけに、女優に専念するようになってキャリアを積んで出せた雰囲気の良さは当時からすぐではまだ出せなかっただろうから難しいところではある。

まあでもやるのは本当にギリギリのタイミングだったか…。真野恵里菜は2018年7月にはサッカーの柴崎岳との結婚を発表、そのまま柴崎岳の住むスペインへ移住してしまい芸能活動の引退はしないとしているが新たな仕事は入れていないようで実質今作を最後に女優休業状態になっているので(スペインでの生活を綴ったりファンと交流するブログ・Twitter・インスタのSNS更新は絶えず積極的に行っている模様)、少しでも遅れていたら撮影自体不可能だったかもしれないくらいギリギリのラストチャンスだった…。

田舎の地味な女子高生だったサトリが人の心を読むSPECに目覚めて人生に絶望、自殺を図るもまっすぐな医師に救われ、さらにSPECホルダーを巡る利権争いに巻き込まれていき、『SPEC』に登場した何らかの暗部組織をバックに持つ占い師として登場するに至るまでを描いた物語としては普通に面白かった。それだけにもうこんな10年近くも前になってしまってからではなく早い時期に見たかったというのが正直なところでもある。

ただ堤監督独特のサムいギャグの入れ込み方は『RANMARU』でも感じたが年々悪化していて笑えるというより凍り付く部分が多くなってきたし、『ケイゾク』『SPEC』『SICK’S』と3作品に渡る謎や伏線がちりばめられているので複雑この上ない。柴田・真山・朝倉・当麻など最早演じていた役者が参加していない『ケイゾク』『SPEC』の主演級の登場人物の名前だけが飛び交うわ、出演可能な野々村(竜雷太)、近藤(徳井優)、地居(城田優)なんかは脇役でも登場、加えて『SICK’S』で新たに登場している人たちも登場。

ここで謎になるのが『SPEC』映画ラストで世界観がリセットされ、当麻(戸田恵梨香)が存在せず、瀬文(加瀬亮)は警官殺しの罪で投獄されたパラレルワールドとなり、既に戦いの中で死んでいた人たちも死ぬ前の世界に時間も巻き戻ったように描かれていたはずで、『SPEC』以前とそのパラレルの世界(当麻が存在しない世界)と思われる『SICK’S』は地続きの世界ではないはずなのに両方に繋がるようになっている事で…。

結局サトリがTVSPの時の結末(殺される)に至るのは確定のようにラストで示唆されていたのでパラレル世界でも結局末路は同じなのか…?一方で『SICK’S』になって登場したニノマエイト(黒島結菜)は当麻に言及して「冥界の支配者」と発言しているので、存在を認知している者がいないはずのこの世界でも当麻の存在を認知している超越者のような存在らしい…と。

『ケイゾク』も『SPEC』もちゃんと決着せずに複雑で植田Pの頭の中でしか完結していないような終わり方をしているだけに『SICK’S』もきちんと説明がついて終わるとも思えない。まあ真野ちゃんかわいいサトリがまた見れて良かった、で視聴者としては完結しておいて謎は無視しておいた方がいいのかも。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 1~2話

日テレ日曜22時30分枠。2015年に始まったこの枠は今作から読売テレビ制作に切り替わったらしい。

1話

かつては天才少女棋士として注目されたが10年前のとある事件をきっかけに弱気になってしまい近年はさえない棋士になってしまったレン(清野菜名)だったが、メンタリスト森島(横浜流星)の催眠により覚醒した際はパンダ風メイクと異様な身体能力により世の中のグレーゾーンを暴いて白黒ハッキリさせる動画を公開するミスパンダとして活躍していた、というかなり荒唐無稽な話。

理不尽な事件とそれをスカッと解決して成敗するという黄金パターンを現代風に色々脚色した結果なんだかとんでもない設定のドラマが出来上がったような…。主人公なのにレンがミスパンダの自覚が無い(完全に別人格状態で互いを認識してない)のも凄い。言うなればレンが眠っている間に派手に立ち回って事件を解決しているので派手に変装して派手にアクションする眠りの小五郎みたいなもんである。

またミスパンダにまつわる関係者全員が過去の事件による何らかの精神的な問題を抱えていて、レンと母親は10年前に何かあったらしく、レンの性格が変わったのもこれが原因で母親の方はもっと状態が悪いらしく入院したまま。森島も過去に警官だった父親(田中圭)が失踪の末に白骨死体で発見された事件を追っていて復讐を考えているようだし、森島に事件解決を依頼する大臣(佐藤二朗)に至っては言動が既に危ない状態な上に、自らを「Mr.ノーコンプライアンス」と名乗る始末。しかも佐藤二朗なのでなんかふざけているのか本気でやっているのか良く分からないという…。福田監督作品ではないのでふざけているのではなく本気で演技しているだけだとは思うが。

相当ぶっ飛んだ設定ではあるけど、適度な謎をふりまきながら面白くはなりそう。

1話のゲスト(被害者)があの真相一切不明のまま泥沼化している事でお馴染みのNGT騒動で知られる山口真帆で、役柄が整形美人なのは良かったが社長の歪んだ行為(本当は好きなんだけどブスだなんだと暴言を浴びせてよく触っていた)を苦痛として整形後に訴えようとしたら殺されたというなんだかどこか彷彿とさせるような設定の数々。ホワイト企業として知られていた社長に対してブラックだと言い放ってみたり、読売テレビ側がNGT事件の構造をトレースして反映させたかのようで何だか複雑だった。

2話

森島の大学で発生した不正入試騒動を暴く事件。やり玉に挙げられた学長と息子は不正入試を行っておらず副学長と不正入学請負人の元文部科学省事務次官が黒幕だったというのを森島とミスパンダが暴くという定型進行に加えて、ミスパンダをやらせるという森島の行動が早くもレンの10年前の事件に繋がるトラウマを呼び起こしたらしく異変が起こり始めていたり、死んだ姉妹の存在、母親は片方だけを溺愛して片方を檻に入れる虐待を行っていたことなども明らかに。加えてMr.ノーコンプライアンスが森島の彼女のあずさ(白石聖)だった事も判明。なんかどいつもこいつもトラウマ抱えまくりだな…。

とある科学の超電磁砲T 1~2話

『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品の第3期。1期『とある科学の超電磁砲』が09~10年、2期『とある科学の超電磁砲S』が13年だったのでなんと1期から丸10年2期からも7年…と歳月が流れすぎた…。

シリーズ全体のアニメ化が2013年の映画を最後に5年くらい停止していたのが原因だが2018~2019年の禁書3期、スピンオフ『とある科学の一方通行』と今作までは一気に制作が決定した模様で、実質1番人気なのは今作なので堂々のトリを飾るみたいな。禁書3期が相当不評だったみたいなので最悪これでシリーズのアニメ化が最後になるか、今作だけは4期もあるか…といったところになるのかもしれない。

『とある科学の一方通行』と時期はほぼ同じ時期で、本編である禁書では大昔に通過した禁書2期7話『残骸』の後の大覇星祭の開催期という設定。あと2013年の映画『エンデュミオンの奇蹟』も同時期

『残骸』事件では黒子が戦闘により重傷を負い、続く『大覇星祭』に登場した際もまだ退院したばかりで車椅子だったので、今作では『とある科学の超電磁砲S』の直接の続きではなく、いきなり黒子が入院しているところからスタート。実際に禁書2期7話が放送されたのは2010年末くらいだったので、ほぼ10年前。10年も前に放送された本編(禁書2期)の前半頃に放送された話なんてとうに忘却の彼方か若い子は最早知らない勢いじゃないかと思うんだけどしれっと放送されている辺り、リアルタイム視聴者はそのまま残っていると判断されているのだろうか。円盤化も配信も違法なのも進んでいるのでまあいつでもアクセスできるしみたいなところもあるのかも。

1話

顔見せのように色々なキャラクターが登場したが、2018年末くらいに放送された禁書3期6話で麦野に両断殺害されてフレ/ンダになってしまったフレンダがまだ生きててエロ水着要員になって麦野とコントを繰り広げていたり、第2位垣根も原型を留めていたり、彼らの今後を思うとやるせない部分も。特にこれ以上フレンダの人気を上げてしまうとマジで禁書3期無かったことにしようぜ論が過熱しそう。フレ/ンダを知った後によりによって麦野とわちゃわちゃやってても正直笑えな

禁書には出てこなかった第7位のレベル5の少年が出てきたりはしたけど、とりあえず今回しばらくは大覇星祭の間の事件が描かれる模様。禁書本編では大覇星祭の時に上条さんはオリアナとバトルを繰り広げていたがその裏では別の事件がという事になるのか。相変わらず治安やべぇな学園都市

2話

今のところ平和に大覇星祭が進行。美琴がアイツことツンツン頭の少年こと上条と約束した事に触れるくだりと美琴の母がツンツン頭の少年を見かけたという話も出てきたがさすがに10年近く前にやった話を回想シーンも無しに台詞だけでやられても覚えてねぇ…。うろついていたシスターズが美琴に間違われて競技に出る事になり(関係者以外にはシスターズの存在は伏せているため美琴が出ていけなくなった)、美琴だと勘違いしているらしい相手チームが何か企んでいそうなところで次回へ続く。