びしょ濡れ探偵 水野羽衣

テレビ東京水曜深夜(30分)枠の2019夏連ドラ。舞台中心の女優活動になっていた大原櫻子が2年ぶりのドラマ出演にして初主演。ついでに主題歌も担当。

映画の主演主題歌デビューを果たしてから6年近くも経過してのようやくの初主演ってあまりに遅すぎるというか、既に大学も卒業する年齢になってしまっていて逆に今更主演主題歌って…。

ドラマ出演に関しては所属事務所を転々としてきた影響が露骨に出ていて要するにドラマによく出ていたのはフジパシフィック所属時代だけ。出演歴を見れば分かるように2014年夏~2016年まですべてフジテレビ限定出演女優だったという分かりやすさ。

そんなわけで今作では就活中の女子大生というギリギリの学生設定。水をかけられると任意の過去にタイムリープできて、タイムリープ先で自ら水を被れば元に戻る、そしてタイムリープ先では過去その時濡れていなくてもびしょ濡れな状態のまま行動する事になる、という特殊な設定。

ストーリー自体は、事件といっても殺人レベルの事件は起こらず、父が経営するラブホテルの一室で兄が探偵事務所をやっていて、主にそこに持ち込まれたけっこうくだらない案件の解決を手伝う、というもの。毎回の進行は非常に緩い展開で、しかも父も兄もボケ倒しのハイテンションキャラ友人はカタコトの台湾人でやはりボケ倒しの破天荒…ゲストの依頼人もぶっ飛んだ人ばかりで主人公大原櫻子以外に真面目でまともな人間がいないので終始ハチャメチャ、基本的に1人真面目に頑張る大原櫻子の正統派アイドルドラマといった装い。ホントなんで今!?というというくらい3,4年はやるのが遅い企画のドラマだったと思う。

ストーリー自体の緩さに加えて今作はテレ東がやっているネット放送Paraviと連動しての「ドラマパラビ」枠のため、Paraviと契約しないと話が真に完結しない作りになっていた。TVだけでほぼ完結している回もあったが、回によっては依頼人がA,Bと2人いてTVでは片方しか事件を解決させず、もう片方の依頼人の解決はParaviで!という露骨なParavi加入誘導回もあったが、別に加入してまで見たい話でも…という内容だけに何とも言えない感じ。

また兄、父親、友人がそれぞれメインの回や、主人公がタイムリープしない(どころかパズルにハマって没頭しているという設定でほぼ出てこない)回もあるなど、基本パターンに捕らわれずにかなり自由な作りであっちこっちへとボケ倒し、ふざけ倒すというなかなかシュールなドラマだった。

最終盤になって失踪していた母親(ふせえり)が登場。それまではエンディングでまるで見守っているかのようなナレーションだけしていたが、実際見守っていたらしく、これまで過去から戻る際に毎回都合よく水の入ったバケツや桶などがその場に置いてあるのはギャグ描写ではなく、毎回母親が仕込んでいた事が判明。しかしそれだけならそこそこ感動的だったはずが、母親を超絶に最低に描くという斜め上を行くシュール展開となり、娘にタイムリープ能力が発動したので自分も苦しめられたその能力に嫌気が指して逃げた事、逃走先で不倫キメこんでいた事、パチンコ依存症になっていた事、ブチ切れた羽衣に逆ギレして家に戻らないと言い放った挙句にその発言を過去に戻ってなかったことにしようとする兄妹を体を張って阻止し続けて水を被りまくった挙句にこれだけ被ったんだから許せと言い放つ外道っぷり。ギャグにしてもトンデモすぎる…。

そんなわけで終始ユルユルテキトーであったが、大原櫻子がナチュラルアイドルかわいいという点においては正しくアイドルドラマだった。違う回もあったが大体兄の手伝いでタイムリープするため、兄に水をかけてもらって発動する回が多く、その際に毎回「お兄ちゃん!来てっ!」と妹キャラ感醸し出してくるのもアイドルドラマだった。

ベスト盤のジャケットとかあんな誰だか分からないような写真にせずに、今作のエンディング映像の最後でカメラに向かって水をかけて笑顔な瞬間とかにしていれば2倍とは言わずとも+1万枚は売れていたのではないか…。ていうか本人が相当大人っぽく行きたいっぽいのと深夜ドラマで実家がラブホテル経営でびしょぬれなんて設定だからてっきりもっと露骨にアダルト路線のドラマかと思ってたらここまでアイドルPV的なドラマになるとはなぁ…。

2019夏

Apple Music視聴リンク×You Tube動画の組み合わせ重すぎ問題

ブログ化したシングル・過去曲回顧・この日記コーナーだが、シングルや日記はそこまででもなく、連載中の過去曲回もそこまでではなく、多少の表示の遅さはあるものの、いつまでも表示されないというほど壊滅的な重さは無い。

しかし、完成版の「まとめ版過去曲回顧」には正直けっこう重い。今回の福耳の過去曲回顧は過去最高に重たく、なかなか表示されないし、表示されてもスクロールが重すぎる。なおPC閲覧時が酷く、スマホ閲覧時は表示に多少時間がかかったとしても以後はそんなに動きが鈍くはならない。スマホ表示はそこそこうまく機能しているらしい。

よく言われて対策も広がっているのがYou Tube動画を埋め込みすぎると重くなるというもの。これは昔からかなり多かったし、様々な他ブログでも実際に体感してきた。

ただどうもこの重すぎる症状はYou Tubeのせいではなさそうで、Apple Music公式の視聴プレイヤー(iTunesの視聴)が原因のようだ。シングルコーナーのように1つ2つ貼る程度では大した影響は出ていないが、過去曲回顧レベルで一定以上貼ると酷くなるのではないか。Apple Musicの視聴プレイヤーのデザインは比較的新しいが、はてなブログが提供しているのに似ている「AppHtmlブックマークレット・メーカー」というリンク生成サイト経由で出力したプレイヤーはかなり簡易で軽量化されていて大量に貼ってもさほど重くならない

またApple Music公式の視聴プレイヤーはアルバム単位単曲のどちらかを使用できる。「AppHtmlブックマークレット・メーカー」は単曲のみ。

過去曲回顧では過去これらの状況を体感で実験してきたが、例えばサザンの過去曲回顧の視聴リンクは全て「AppHtmlブックマークレット・メーカー」経由でやっている。これらはさほど重くない。

その1つ前のglobeはApple Music公式の視聴プレイヤーでやっている。これはややもたつくが3分割しているのとYouTube動画を入れていないのでまだマシ。

今回福耳はYou Tube動画埋め込み数個とApple Music公式の視聴プレイヤー(単独大量)という組み合わせで制作したがこの組み合わせはどうも史上最悪らしい。既にApple Music公式の視聴プレイヤー(単独大量)を、アルバム(1つ)に変更しているが、こうしたら一気に重さが軽減した。

You Tube動画埋め込み&Apple Music公式の視聴プレイヤー(単曲)という同様の組み合わせで行われている別のブログさんの表示の体感がまさに同じだったので、過去曲回顧で使用しているワードプレステンプレートやサーバーの環境が特段に悪いというわけでもないようだ。とにかくYou Tube動画埋め込み&Apple Music公式の視聴プレイヤー(単曲)の組み合わせで一定以上の数を貼るとPC閲覧での激重を招くっぽい。

そしてYou Tube動画埋め込みは軽量化のプラグインからプラグイン未使用でのノウハウが大量に出回っているので対策効果検証が容易だが、マイナーなApple Music公式の視聴プレイヤーの軽量化のノウハウは全く出回っておらず有効な対策方法が分からない。

とりあえずApple Music公式の視聴プレイヤー(単曲)を大量に貼るとこれらの表示が異様に遅くなる。加えてYou Tube動画埋め込みを1,2個入れるとスクロール自体がもたつくほど激重になる、という傾向があるのは確かで、こうなるとYou Tubeより明らかにApple公式が厄介

対策としてはひとまずApple Music公式の視聴プレイヤーは単曲・アルバムに限らず1ページに5個程度までが限界、一定以上貼るなら「AppHtmlブックマークレット・メーカー」経由が無難、という結論。

Apple Music公式の視聴プレイヤーで作ってあった過去曲回顧のページもそのうち修正したほうがいいかもしれない。

雑記

2019年9月チェック予定CD

ここに来て長年追放まみれだったTSUTAYAの入荷状況が改善、逆に他店舗の弱体化が著しくなり追放が増えてしまい、形勢が逆転しつつあるという新傾向がみられるようになってきた。

シングル

9/4

夜明けまで強がらなくてもいい (Type-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし) 夜明けまで強がらなくてもいい (Type-B) (Blu-ray Disc付) (特典なし) 夜明けまで強がらなくてもいい (Tyep-C) (Blu-ray Disc付) (特典なし) 夜明けまで強がらなくてもいい (Type-D) (Blu-ray Disc付) (特典なし) 夜明けまで強がらなくてもいい (通常盤) (特典なし)
夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46
恒例夏シングルを外して(48が立て込んでいたのもある)、9月発売。期間最短にして年末用にもう1枚出すのか、代表曲になるはずだった「Sing Out!」押しで年末を乗り切るのか。
追放ダービー:Peak Out!してきた中で全種入荷が継続するかが鍵。TSUTAYAでは既に通常盤1択。
→他店舗では48・46唯一の全種入荷継続。TSUTAYAは通常盤のみ。

ユメシンデレラ (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし) ユメシンデレラ (通常盤) (特典なし)
ユメシンデレラ/麻倉もも
ジャケットは今までより大人っぽくなっているが…。
追放ダービー:入荷された事が無く追放確定。
→TSUTAYAでは入荷。他店舗ではこれまで通り追放のまま。

Escape (初回生産限定盤SP) (DVD付) (特典なし) Escape (初回生産限定盤A) (DVD付) (特典なし) Escape (初回生産限定盤B) (DVD付) (特典なし)
Escape (通常盤A) (特典なし) Escape (通常盤B) (特典なし) Escape (通常盤C) (特典なし)
Escape/鈴木愛理
1年以上経過してようやくシングル。売り方がハロプロ商法のままじゃないか…。しかも通常盤3種のC/Wが全部違う。
追放ダービー:アップフロント系はほぼ追放済みなので追放の可能性が高いというか入荷される理由が見当たらない。
→完全追放。TSUTAYA近隣店舗検索でも圧巻のオール「-」。

Chime(CD+Blu-ray Disc) Chime(CD+DVD2枚組) Chime(CD)
Chime/大塚愛
シングルなのにBlu-ray付が8424円、DVD付が7344円と恐ろしい事になっているがベスト盤ツアーのライブ映像を2時間フル収録したためで、最早単独映像作品にオマケでシングルが付属する状態。
追放ダービー:既にシングルは追放済みで復活の見込みも無い。
→TSUTAYAでは奇跡の入荷復活(アニメタイアップ効果と思われる)。他店舗ではこれまで通り追放のまま。

棘 (初回限定盤)(DVD付) 棘 (通常盤)
棘/山本彩
よりによって鈴木愛理と同日発売になっているとは…。
追放ダービー:1stがどうだったか次第ではあるんだろうけどいきなり追放も無くは無い。
→追放。TSUTAYA近隣検索ではポツポツ○もあるが…。

9/11

BRAVE (通常盤)
BRAVE/嵐
ジャニーズ初のBlu-ray付での発売が実現したが(DVD付もある)、まさかの1曲ポッキリ。ラグビーW杯タイアップの関係で昨年には既に未発売とはいえ発表はされていた楽曲だけに、ベストの「5×20」くらいしか今年レコーディングしたであろう曲が出ておらず、制作活動はもうお休みになっているのだろうか…。
追放ダービー:数少ない複数枚入荷確実枠。
→安定の複数枚入荷。

馬と鹿 (映像盤(初回限定)) (CD+DVD(紙ジャケ)) (特典なし) 馬と鹿 (通常盤) (特典なし)
馬と鹿/米津玄師
アイドル除いて2019年No.1シングルCDヒット候補作。
追放ダービー:数少ない複数枚入荷確実枠。
→入荷。

9/18

56th Single「サステナブル」 TypeA 初回限定盤 56th Single「サステナブル」 TypeB  初回限定盤 56th Single「サステナブル」 TypeC  初回限定盤
56th Single「サステナブル」 TypeA  通常盤 56th Single「サステナブル」 TypeB  通常盤 56th Single「サステナブル」 TypeC  通常盤
サステナブル/AKB48
総選挙が無かったので久々。一時期よりJPN化の解除というか前面に他グループエース格をドカドカ配置するのは控えめになりつつあるが何もかももう遅い。
追放ダービー:今年の落ち目感かなりハンパ無いのでAのみ1種格下げついに来てしまうか。
→ついに格下げAのみ入荷。

9/25

離郷の歌/進化樹
離郷の歌/進化樹 /中島みゆき
70年代、80年代、90年代、00年代と必ず1回は1位を獲得していたが、10年代はこれが最後であり無理っぽい。提供した曲ではももクロの「泣いてもいいんだよ」で1位を獲得しておいたので一応中島みゆきが書いた曲としては記録達成で10年代は幕か。いずれにせよこれ凄いのが中島みゆきはシングル1位常連ではなく、4年代でそれぞれ1回ずつの合計4作しかシングル1位取ってないという。
追放ダービー:さすがに年配需要で追放は無いとは思うが…。
→入荷

アルバム

9/4

【amazon限定リキッドルームLIVE音源vol.1付き!】ALL TIME SUPER BEST
ALL TIME SUPER BEST/LUNKHEAD
1枚に凝縮した20周年ベスト。一般発売は無く、Amazon・公式通販・会場限定で特典ライブCDを変えての3種発売。
追放ダービー:レンタル対象外。

Turntable
Turntable/竹内まりや
前ベストの続編、洋楽カバーアルバムの続編、セルフカバー…などなどありとあらゆる要素を詰め込んだスペシャル盤。普通3作品くらいになるような企画を全部ごちゃまぜにしてしまうのが時代だなぁ。
追放ダービー:入荷確実。
→入荷

9/11

doa Best Selection “MIDDLE COAST”
doa Best Selection “MIDDLE COAST”/doa
3連続ベストアルバムの2作目。
追放ダービー:追放確実。
→追放

9/18

ZARD tribute
ZARD tribute/SARD UNDERGROUND
ZARDのカバーをするという突如結成された女性4人組バンド(ドラムはいない)。アレンジャーがDAIGOの『Deing』と同じコンビなのもあって、ボーカル以外実際には参加してなさそうなオケになってそうだし、安っぽいカラオケカバーみたいなのにならなければいいけど。
追放ダービー:Deingまさかの入荷があったのでZARD需要で入荷あるか?
→完全追放。TSUTAYA近隣検索も圧巻のオール「-」。ZARD需要なんて考える余裕どの店舗にももう無かった。

Perfume The Best Perfume The Best
Perfume The Best Perfume The Best Perfume The Best
Perfume The Best“P Cubed”/Perfume
超重量級ベスト。あの電子音全開の超音圧で重量級はかなりしんどそう…。年内に聞けるかどうか…そもそも聞くかどうか…。
追放ダービー:入荷確実。
→安定の複数枚入荷。

9/20

ホワイ・ミー?ホワイ・ノット
ホワイ・ミー? ホワイ・ノット/リアム・ギャラガー
2ndソロ。
追放ダービー:洋楽は1年後だし1年後にレンタルがあるかどうか…。

9/25

Ep01 (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし) Ep01 (通常盤) (特典なし)
Ep01/夏川椎菜
アルバム良かったし期待。シングルではなく1stEP扱いで5曲入りらしい。O社では当初リリース情報のシングル枠に載っていたが、正式に収録内容が5曲と発表された後でアルバム判定されてアルバム枠へ移動した。
追放ダービー:追放確定。

9/27

アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】(完全生産限定盤)(3SHM-CD+Blu-ray Audio付) アビイ・ロード【50周年記念2CDエディション】(期間限定盤)(2SHM-CD) アビイ・ロード【50周年記念1CDエディション】(通常盤)(SHM-CD)
アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】/ザ・ビートルズ
予想通りにやってきた3年連続の50周年盤。
追放ダービー:入るには入るだろうが洋楽コーナーそもそも残ってたかな…。

Blu-ray

9/25

東京女子流 CONCERT*07「10年目のはじまり」(Blu-ray Disc) 東京女子流 CONCERT*07「10年目のはじまり」(DVD)
東京女子流 CONCERT*07「10年目のはじまり」/東京女子流
Blu-rayとDVDでコメンタリーメンバーを2人ずつバラけさせるという地味にセコい複数商法が…。

ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~

NHKで2019年8月13~15日に3夜連続という変則的な形で放送された全3話のドラマ。腹黒な売れないアイドル黒薔薇純子(浜辺美波)が1日署長を務めた警察署管轄内で殺人事件が発生し、駆けつけた本庁の東堂(東出昌大)を引きずり回して捜査して事件を解決するという内容。

東堂はエリート気取りの偉そうな刑事で一見賢そうだが意外と無能で、順子は腹黒ゆえの計算高さから頭の回転が速く、謎を解くのに長けている…といった設定で凸凹コンビながら掛け合いも面白く、腹黒くて性格が悪いといっても終始ニコニコしながら暴言を吐く純子の明るさはノー天気さもあって嫌味が無く、振り切った浜辺美波のアイドル演技もハマっていて緩めのお気楽ドラマとしては思いのほか面白かった。東出昌大は『コンフィデンスマンJP』でもそうだったけど見た目かっこいいんだけどなんか抜けているという役柄がハマる。

3話しかないのにきっちりパターン化(一日署長先が舞台、マネージャーの六角精児は純子を連れてくるだけですぐ帰る、事件発生で藤堂登場、巻き込んで2人で捜査、純子の背後に黒い薔薇が育ち始めて閃くと黒い薔薇が咲いて謎が解ける…が全部解けてなくてその後で迷ったり、もう一山危機に陥る)されてまとまっていたし、普通に連ドラでも行けたんじゃないかと思う。

今年ライブ行かないっぽい

ホームページ開始前に行ったライブが確か…

00年 ポケットビスケッツ(武道館)、DEEN(大宮ソニック)
01年 無し

で、02年の開設後最初に行ったのが受験直前なのに何をしているんだ的な

02年 the FIELD OF VIEW(赤坂BLITZ)

03年 Something ELse(柏の路上フリーライブ)
これはカウント微妙な気がするが…。

04年 ZONE(戸田)

以降はDEENを軸にしつつ毎年何かしらのライブに行っていた記録が残っている。07年はスタッフとしてライブ現場に参加する機会が何度かあったものの、観客として参加したライブが記録に残っていないが一応ネットラジオ繋がりで曲をかけたバンドのライブハウスでのライブを見ているのでまあこの年もセーフ。

08年以降はDEEN武道館が毎年あったので、最低でも年1以上のライブに行っていた。武道館の無い年も何かしら別のライブで毎年1回は行っていたはずだが…。

ふとここで気づいた。昨年末のユーミン以来ライブに行ってなくないか?と。そして今後も今年予定は無い。

この時点で2019年ライブに行かない事がほぼ確定的となっていた事が判明。前述のように振り返ってみたら01年以来である。フリーライブをカウントしないのであれば03年以来

なおフェスには1度も行った事が無い(前述の07~08年の専門学校時代に複数出演者が出るライブハウスでのイベントにスタッフとして参加した事はある)。複数出演者というとBEING LEGENDくらいか。野外ライブも無い。Something ELseの路上フリーライブくらいか。

フェスに行かないのは体力的な問題(恐らく1組見るので限界)が1番大きいが、ライブの優先度が低いのでライブを見たいと思うアーティストが少なすぎる事と、無理やり見ても全く集中が続かない事、そんな状態で複数移動して見続けるのは最早修行の域であり、全く楽しくならないという、音楽の聴き方との絶望的な相性の悪さが大きい

これは当サイトが1stから順番に聞いていくシリーズや過去曲回顧に代表されるように、1組ずつ掘り進めていくような集中的な聞き方をしていないと更新が続かないようなコンテンツばかり更新している事と、新作感想になると途端に遅い事から分かるように、要するにあっち行ってすぐそっち行ってという聞き方ができないためである。

どうも自分はそういう性質らしいので、こればかりは仕方がない。そしてこういった切り替えの苦手な性質はフェスとは恐ろしく相性が悪い。ついでになんでも聞けるというストリーミングとも相性が悪くて全く生かすことができない。単なる消化不良を招くだけである。

これだけフェス中心というか最早フェスに行く人しか音楽語ってないんじゃないかと錯覚するくらいになってきている現状の中で、近年自動的にどんどんはぐれ者化していく当サイトであるが(02年の開設から5,6年は少なくともライブに行かないでCDレビューしまくるスタイルも主流だった)、こう考えるとライブに行かない年が01年以来だとか03年以来、つまり18年とか15年ぶりだというのは割と意外というか、行ってなさそうでけっこう毎年行ってはいたんだな…と改めて思った。

フェスが主流化していった影響なのか”今の音楽シーン”に言及しているような考察系ブログを見るとそれ音楽シーンじゃなくてフェスシーンで語ってない?というビミョーなズレを感じることも増えている。音楽シーン=フェスシーンも間違ってはいないのだろうが、フェスやライブに行かない音楽好きという存在が明らかに見えなくなってきているように思うし、サブ圧的格言の”ストリーミングに出さないのは最早存在しないのと一緒”と同じくらいの勢いで“フェスに出ない人たちは存在してないのと一緒”かのように感じるし、恐らく今後そういった傾向は増していくのだろう。当サイトはやっている事はあまり変わっていないのに相当我が道を進んでいく感じにますますなっていくのかもしれない。

とりあえず、DEENはフェスに出たことないし、藍坊主も現在は全く呼ばれていないようだけど、GOING UNDER GROUNDとかLUNKHEAD辺りは一部のフェスの片隅には出てくる事もあるみたいなので、フェスに行く人たぶん空いていると思うので試しに見に行ってみてください(雑な締め)。

フェスなぁ…生涯行く事はないだろうなぁ…。

雑記