とある魔術の禁書目録Ⅲ 16話

浜面は滝壺を助けようとテロリストの元に特攻を仕掛けるが、一方通行が処理に出向いてきていたのであらかた片づけられていた。滝壺がぐったりしているので様子を見ていた一方通行の元に浜面が到着したため、浜面は勝手に敵だと勘違いして第一位たる一方通行にケンカを売り瞬殺されてしまうという情けなさ。浜面という何もないチンピラ少年は基本こういうキャラで第3の主役みたいな扱いになったがやはりあまり魅力的に見えるキャラクターじゃない…。

絹旗が先の暗部組織同士の抗争の際に倒した砂皿の復讐として登場したステファニーは絹旗を襲撃。地下街で燃え盛る熱戦を繰り広げ、またしても学園都市ど真ん中の治安の悪さが際立つ中で、脱出した浜面と滝壺は相変わらず何もできないのに乗り込んでいって巻き添え気味…。

一方でドラゴンを追う「グループ」メンバーは統括理事会の潮岸が全てを知る人物だと確信。敵対している理事会の親船最中の協力を得て直接乗り込むことに。側近の杉谷により結標は瞬殺されてしまい一方通行も苦戦が予想される中、潮岸と直接面会していた親船はエツァリが化けた姿だったと判明。追い詰めたかに思われたが潮岸は部下を二重に用意して逃亡を図る。しかしその部下はエツァリのかつての仲間が化けたもので驚愕したところで次回へ続く…。

また駆け足で複雑な…。そして作者お気に入りの浜面はやっぱり好きになれない…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)