ザンビ 全10話

乃木坂46の2018年夏の全国ツアーで突如「ザンビプロジェクト」としたプロジェクトが発表され、第1弾として乃木坂46、欅坂46、けやき坂46から選出されたメンバーによる舞台が2018年11月に行われた。

今作はドラマ版として乃木坂46メンバーのみ出演で行われるプロジェクト第2弾で、第3弾のスマホゲームも同時に発表され、第4弾は乃木坂46、欅坂46、けやき坂46(日向坂46)で再び舞台化とされている。

なんかホラーっぽいとしか把握してなかったので舞台とドラマが繋がっているのかも良く分からないが一部重複している出演者も役名が違うので一応別物のようだ。




1話

修学旅行の帰り、渋滞により下道で帰る事になった一行だがバスの故障により山中をさまよう羽目になり怪しげな村へ到達。共に行動していた何人かは怪しげな寺の中で一夜を過ごすが、楓(齋藤飛鳥)が目覚めると何故か誰もいなかった。1人村を彷徨う楓は謎の男(片桐仁)と遭遇。ザンビ村と呼ばれるこの村を調べているらしいが知らない方がいいこともあるからすぐに去れと言い放つ。やがて2人は神社でいなくなったクラスメイト達と合流。村人に追い返され、結局全員無事に学園へ帰還したが…。

ザンビという単語を男から聞いたのは楓のみ。自室でザンビを調べたところ、村に伝わる生きながら埋葬されたものがよみがえった存在だとかなんとかおどろおどろしい映像を発見したがよくわからない。

そんな中で亜須未(秋元真夏)が神社で手にしていた手製の風車が何故か亜須未の部屋にあり、不自然に回り出すとふいに背後に老婆が出現。襲撃された亜須未はザンビ化してしまうが目覚めると元に戻っていた。しかし何かおかしな事になっていて、自身の変化に怯えた亜須未は心配する楓に来ないで!と言い放つと部屋から飛び降りてしまう。窓の外には明らかに死んでいる亜須未の姿。慌てて楓が駆けつけるが死体は消えていた。何かを目覚めてさせてしまったのかと不安がる楓のバックにスピッツの『楓』がかかり出して次回へ続く!

7日間で世界からいなくなるとかいう思わせぶりな前フリがあったので、あの村でザンビなる存在を目覚めさせてしまい、学園からザンビ化していくというサイコホラーになる…のだろうか。村に到着するまでは普通だったけど、一夜明けてからのみんなの行動が異様に不自然(楓をおいて全員いなくなってる、神社で不自然にそれぞれが写真撮ったり、風車とか怪しげなものを手に取ったりしている、到着した楓も突然お参りし始める等)だったのは話が強引だったせいで生じたものなのか、既にナニカに操られていたという設定なのか…。

※追記:小説版によれば山中をさまよったメンバーが限定されていたのは引率の先生からはぐれたせい。楓をおいて全員いなくなっていた理由は特になし。楓が突然お参りし始めたのは引き寄せられるように近づいてしまうとされていて何かの力が働いていた事が示唆されている。また亜須未の部屋に風車があったのは守口に怒られたタイミングでとっさに隠してそのまま持ち帰ってしまった、いくら吹いても回らなかったがこのタイミングで突然回り始めたとされる。亜須未の背後に突如出た老婆は復活した美しい女(新内眞衣)だった事が後の話で判明している(特殊メイクで新内眞衣だと分からないくらい変貌させていた)。

主人公の名前が楓(反町隆史)だというだけで、主題歌でも挿入歌でもないのにスピッツの『楓』を2度も劇中歌として使用した99年冬の月9『Over Time』からピタリ20周年の冬を迎えた2019年。まさか主人公の名前が楓だというだけでエンディング曲にスピッツの「楓」というネタが再び炸裂するとは。この演出をした人はスピッツ世代にしてOver Time世代なのだろうか、それとも『Over Time』を知らずに楓だから楓だろというだけでこれをやったのだろうか。アラサー以上じゃないとこのネタは分からないだろうが、妙に年月を感じる演出だった。20年か…(遠い目)

2話

ザンビ化した自身の異変を恐れた亜須未(秋元真夏)は部屋から飛び降り自殺を図り、死体を目撃した楓(齋藤飛鳥)が慌てて外へ向かうと死体は消えていた。そして教師を呼んで現場と亜須未の部屋を訪れると亜須未普通にいた

翌日以降普通な様子の亜須未だったが、楓は死体亜須未を目撃していたこともあって気が気ではなく教師にも逆に心配される始末。そしてそんな2人の様子を見て霊感の強い聖(与田祐希)も何かを感じ取っていた。翌日、亜須未を尾行してトイレで謎の大量の抜け毛を発見した楓だったが背後に亜須未が出現したためパニックになり気絶保健室送りとなるがこれで少し落ち着き、亜須未の様子もおかしなところが無かったので友情を取り戻した。

しかしその夜シャワーを浴びていた亜須未の髪の毛はやはりごっそり抜け落ち、親指の爪はベロリ剥がれ落ちて、苦しみだすと完全ザンビ化。そのまま彷徨い歩き夜の教室で何者かを襲撃。この生徒もザンビ化してしまう。顔は映ったものの、微妙に分かりにくくされていてすぐにザンビ化加工されてしまったので誰だか分からず。昼間、優衣(山下美月)一派に虐められて泣いていたやはりハッキリ映らなかった生徒を亜須未が無言で眺めていたのでこの人物と同一人物と思われるが…。

追記:虐められて泣いていた生徒は鈴音(渡辺みり愛)。この後で亜須未は鈴音を襲ってザンビ化させている事が後に判明した。夜の教室で亜須未が襲撃していたのは小説版によれば美琴(中村麗乃)。ただししっかり映っていないとはいえ映像では中村麗乃には見えない。美琴は後に6話冒頭で弥生(阪口珠美)と共にザンビパニックから逃げている最中に逃げ遅れて襲撃されていたが小説版でもそのまま描写されていてこれ以上の説明は無い。しかし2話時点で襲われていたなら6話時点でとっくにザンビになっていた事になりドラマ内で描写された消えていったザンビ化した生徒たちにように行方不明にならずに昼間は一般人のフリしながら毎晩毎晩生徒を襲撃してドラマの外側で着々とザンビを増やしていたのかもしれない。初期にザンビ化していたのであれば9話で再登場した際に既にカミビト状態まで進化していた時間経過も説明がつく。また教師のカミビト化のタイミングからしても教師がザンビ化していたのは遅くともこの頃までと思われる(亜須未が気絶した楓を運んだ際に楓を襲わずに教師を襲撃していたとか、それよりもっと前に亜須未が襲撃されたのと同時期にオリジナル(美しい女)に襲撃されていたのかも)。

一方で楓は亜須未と風車が写った写真の風車が何故か回転を始めたのに戦慄(ちょうどその頃ザンビ化した亜須未が動き出していた)。そこで部屋に聖がやってきて亜須未の写真を取ったら顔の右半分が歪んでいたと言う。ていうか亜須未のザンビ化の影響で廊下の照明はバッチバチ点灯手首やら墓石やらが出現しまくってカオスな事になっていたのによく廊下歩いてこれたな…(聖が楓の部屋をノックしている時点で楓の部屋からも少なくとも照明の異常はハッキリ映っていた)。

図書館で色々伝説を調べた2人は顔の右半分は「生」、左半分は「死」を意味していて生きながらに死に、死にながら生きる存在となった者を「残美」(ザンビ)と呼ぶという文献を発見。私たちはあの村でザンビの封印を解いたんだ…と結論に至る楓。そしてまたかかり出すスピッツ「楓」。亜須未はやはりザンビ化してしまったのかと結論に至る2人にどこからともなくあの不気味な歌が聞こえてきて次回へ続く。

真夏さんが思いのほかホラー。3期以外には敬語なイメージの与田が飛鳥にタメ口っていうのがなんか新鮮。役柄上は同級生だもんな。

あと「7日間で私たちはこの世界からいなくなった・・・」っていうのは1話前半の村での1泊2日はノーカンで日常に戻ってからカウントしているっぽいけど(1話終わりで7日だった)、2話では楓が思い悩んでいるだけで2日使ったので早くも残り5日になってしまった。意外とジェットコースター展開になるのか。

3話

亜須未(秋元真夏)がザンビ化したと結論付けた楓(齋藤飛鳥)と聖(与田祐希)。楓が2番目に仲がいい感じの実乃梨(堀未央奈)にはザンビの話をしたが証拠(写真)を提示しなかったので信じてもらえない。

亜須未とまともに接することが不可能となった楓だったが、亜須未から話があるから部屋に来てと言われるとノコノコ単独で出向く。危険を察する機能死んでるのかしかし亜須未はコーヒーもそのままに失踪しており、教師曰く実家に緊急で帰ったという。この教師も変な怪しさがあり、様子のおかしい楓を妙に気にかけてくるのに何だか不気味なオーラが…。

聖が自撮りした写真の背後に顔が歪んだもう1人のザンビ候補が写りこんでいたが歪んでいる方の横顔のため誰だか分からず困る2人。たまたま優衣(山下美月)の部屋を通りがかったところ、何故か鈴音(渡辺みり愛)が電気もつけずにあの子守唄を歌いながら掃除をしていた。もうこの時点で怪しさ満点だが部屋に落ちていた大量の抜け毛が鈴音がいた床ではなくベッドの上の枕の位置だった事から楓は優衣をザンビ候補と認定。抜け毛の位置よりもあの子守唄の時点で鈴音で決まりだろうに怪しさを察する機能死んでるのか

以降、楓は視点が優衣にしか行かない状態となっていたため、聖が優衣ではないという電話をかけてきたのに「今忙しい」と話を聞かずに切ってしまい尾行を優先。優衣は取り巻きと共に鈴音をイジメ(というか無理やり仲間に引き入れようと)していたが、楓が飛び込んで優衣をザンビ呼ばわりしたので激しく変な空気になってしまう。駆けつけた聖がその場で優衣の写真を撮って正常な事を示した事で赤っ恥に気づいた楓だったがもうなんか優衣軍団からは完全に変な人扱いに…。まあ優衣が何故か呆けて立っていた場所にピンポイントで剥がれた爪が複数落ちているとか無駄に怪しい部分があったり、この前の段階で聖と一緒にザンビ村に行ったメンバーの中にもう1人のザンビがいる(襲われたという発想がまだ無くて、村で呪われたやつがいるという考え)という結論だったのでザンビ村に行っていない鈴音が候補から外れるのは不自然ではない。むしろ“子守唄を歌い出す鈴音”っていう演出を優衣の部屋で先に出しちゃった構成上の問題か。子守唄が無ければ優衣を疑うのに説得力あったし、最後に鈴音が子守唄を初めて歌う事でまさか!ってなったのに。

鈴音の部屋で改めて状況をややこしくしたことを謝罪していた楓だったが、紅茶を入れ出した鈴音の様子がふいにおかしくなった。紅茶をいれたまま放心状態となりこぼれた熱湯が足に直撃しているのに全く様子が変わらない。その頃、聖から顔のゆがんだ証拠写真複数を見せられてようやくザンビ話を信じ始めた実乃梨は先ほどのザンビ候補の顔が分からない生徒の持っているスマホが鈴音だと気づく。何故前日の昼間にザンビの話をしたときに2人でこの写真提示をしなくてこんな夜の危なそうな時間にやっ

慌てて2人も駆けつけたが、3人の前で紅茶垂れ流しモードになっていた鈴音は苦しみだすと本格的にザンビ化真夏さんリスペクト軍団が連続でザンビ化するととりあえず完全ザンビ化の際は見た目もゾンビのように変貌して本人の意識も消失してしまうようだが、それ以外の時は平常、しかしふとした拍子に思考が停止状態になりぼーっとした状態になる、また痛覚がマヒしているので痛みを感じず気づかない、髪が抜けまくり爪も剥がれまくる、という感じだろうか。あと今のところ夜にしか完全ザンビ化はしていない

完全ザンビ化するまではかなり間があり、怖くて動けないのかもしれないがとりあえず楓は逃げられるくらいの態勢には移行しておいた方がいいと思う。一気に襲い掛かってくるところで終わったが、楓の座ったままの態勢じゃ一直線に殺られるじゃないか。次回冒頭では何事も無く逃げおおせているんだろうけどなんか慎重な割には主人公補正で少なくとも終盤まで死なないのが確定しているのが分かっているかのような呑気な行動が目立つな…。

なおこれまでED付近のBGMだったスピッツの「楓」だが、今回は中盤で楓の父が好きだった曲として楓が自らスマホで再生して聞いていて聖にも聞かせるという形で作中で実際に「楓」が聞かれるという1歩踏み込んだ扱われ方に。しかし父が好きだった曲…か。飛鳥が生まれた年の曲にして楓は高校生設定だから生まれる前の曲という扱いになるのか…。

そして今回も2日使ってしまったため、7日から始まったカウントは3話にして早くも残り3日。加速度的に全滅へ向かうのだろうか。

4話

楓(齋藤飛鳥)、聖(与田祐希)、実乃梨(堀未央奈)はザンビ化した鈴音(渡辺みり愛)の襲撃を受けるが、噛まれる前に教会の鐘の音が聞こえるとザンビ鈴音は活動を停止。その隙に部屋から逃げ出し、教師に遭遇してから改めて部屋に戻ると鈴音は消えていた

翌日教室でザンビ問題を訴える楓だったが、優衣(山下美月)をザンビ呼ばわりして反感を買っていたのが響いて信じてもらえず孤立状態に。その夜には当の優衣が何者か(見て1度は安心していたので鈴音?)に襲撃されてザンビ化してしまう。

追記:優衣を襲撃した人物は何故か“知っている人物”とされ小説版でも明言されていない。

そんな中で、亜須未(秋元真夏)が鈴音を襲っていたという目撃談が詩織(伊藤理々杏)から寄せられるが、その夜にはザンビ化した優衣に詩織が襲撃されてザンビ化するなどザンビ化ラッシュ状態に突入。

聖も背後から何者かに腕を掴まれる…という夢を見たと思ったら腕に跡が残っていた…という恐怖体験に見舞われていた。亜須未は謎のババアに襲撃されて夢だと思ったらザンビ化していただけにこれは…。聖は噛まれるシーンは無かったが省略されただけで後で実は自覚無いけどザンビ化してましたパターンになってしまうのか、話の都合主人公格防御壁機能で最後まで残れるのか…。

恐怖体験に見舞われながらも聖はあの風車がザンビ村で五角形に配置されていた事、その風車を手に取っていた亜須未が封印を解いてしまったのではないかと推測。風車を焼却処分するが、もう1度話を聞こうとした詩織の姿が窓ガラスに歪んで写っていたことからザンビ化したことが判明して戦慄する3人。村で楓が出会った守口(片桐仁)記者に連絡を取ろうと試みて1度繋がらなかったが再度かかってきた森口からの電話によると「何か起こったんだな?こっちも何かが起きた。ザンビ村の住人が全員消えた」とだけ語るとかけ直すといって切ってしまった。燃やしたはずの風車が復活(でもしっかり焦げてる)して恐怖のままに早くも残り1日…。

一挙ザンビ化ラッシュ。亜須未や鈴音の場合は昼間は普通で時々ちょっと様子がおかしいこともある程度だったが、詩織は昼間から様子が常におかしくなってて高笑いしながら去っていくとか最初から正常じゃないなどザンビ化にはばらつきが…。

風車には気づいたので風車の呪いで亜須未がザンビ化→亜須未が鈴音を襲ってザンビ化、までは順番に予想できても優衣には会っていないので優衣がザンビ化したのは3人とも把握しておらず、既に誰がザンビなのか分からなくなりつつあると考えるとかなり恐怖だ。しかも亜須未が鈴音を襲っていたのが外の洗面所だったとなると初回ラストシーンで教室で襲っていた生徒はまた別の生徒という事になるので、既に視聴者にも提示されていないところでザンビ化が拡大していてほぼ初登場で既にザンビというメンバーが大挙して出てくる在庫一掃処分みたいな状態になる可能性も…。

聖はひとまず学園から出ていこうとしていたがむしろ3人総意でそうならない方がおかしいレベル。ていうかこれもう次回で全滅すんの?それとも長くて怖い最後の1日がここから半分以上も話数かけて始まるの?

5話

欠席者が増加し、ざわつき始まる教室。教師(太田莉菜)に問いただしても「ご家庭の事情で」しか言わない。ていうかみんなが血相変えて問い詰めても「ご家庭の事情で」という同じセリフを顔芸を加えながら繰り返す教師。笑うところだったのか際どいが完全にホラー化している始末。これまでもこの教師怪しいところはあったけど、基本生徒を心配している先生でこんなホラーじゃなかったので既にザンビ化したか。

既にザンビ化は人知れず進行しているようで、楓(齋藤飛鳥)の話を信じ始めた瀬奈(寺田蘭世)は親友の凛(星野みなみ)に相談するが、凛は無感情に屋上を指さして亜須未(秋元真夏)がいると告げ(瀬奈にも一瞬見えたがすぐに消える)、みんな学校にいると無感情に告げる。天真爛漫で天然な性格、クラスのムードメーカーというのが凛の公式のキャラ設定だったがそんな様子は微塵も無く、既に凛もザンビ化しているようだ。

謎に聖(与田祐希)がイジメられている唐突なシーンの後に聖に寄り添う楓という友情シーンがあったと思ったら、今度は実乃梨(堀未央奈)も集合して楓の部屋で聖が乃木坂御用達マウスのパソコンで学校のセキュリティなんて楽勝だといい出して監視カメラのハッキングを決行。真夜中の監視カメラ映像にはザンビ化した優衣(山下美月)の姿があり、欠席していたことから感づいていた3人も改めて優衣のザンビ化を確信。

そこに瀬奈が楓らを訪ねてきて凛が行方不明だと訴えてきた。消えた部屋の窓には大量の抜け毛が落ちていたという事でザンビ化は確定。しかしそれでも凛を(一緒に)探してほしいと危険な事を言い出す。瀬奈はともかく3人はザンビの危険性をもっと訴えろよ…。何故か楓はあの風車はザンビがいるところで回るから探知機代わりに使って探索をすると言い出す。脚本おかしくなってきたぞ…。

ザンビがいないところでも今まで回ってたのに何で急にザンビに近づけば近づくほど回転が増すみたいなビーコン機能搭載になってしまった風車。燃やしても戻ってくる呪いのアイテムから危険回避用の探知アイテムになってしまうなんてどうなってるんだ。ていうか探すなら監視カメラ駆使して探せよ…。

と、ツッコミどころ満載の強引脚本で4人で探し回る事になり、風車がかつてないほどの高速でぐるぐる回る反応を示したのはトイレの天井裏。最早首吊りで殺害されるという衝撃シーンを出したいがためだけに、無謀にも天井裏を覗き込んだ瀬奈はザンビ化していた凛に襲撃されて宙ぶらりん。なおこの際に最後に風車を持っていたのは瀬奈で天井裏を覗き込む際にそこに置いていてそのまま襲撃され、それを見て3人とも逃げてしまったので、せっかくの有能アイテムビーコン風車このドサクサで紛失

3人は逃げ惑うが、実乃梨がはぐれてしまい、更なるザンビの襲撃もあり、楓と聖の2人は保健室に逃げ込むがそこにもザンビがいた。聖がザンビを押さえつけて逃げて!と言うので単身逃げる楓。そこ逃げるのかよ!聖が持ってたテニスラケットがそっちに転がってるんだからそれ使って2人で戦って逃げるところじゃ

単身逃げる楓はみんながザンビ化した!と逃げてきた柚月(大園桃子)、穂花(久保史緒里)、加奈(梅澤美波)、恭子(吉田綾乃クリスティー)、麗奈(伊藤純奈)ら6名と遭遇。家庭科実習室に逃げ込むがそこに遅れて聖が到着。開けて!と叫ぶ聖だったが、6人は既に聖もザンビかもしれない!と開けようとする楓を引き留めて次回へ続く。残り5時間。

どうやら夜明けはもう来ないようだ…。しかしどうも脚本の都合で楓の行動があちこちおかしなことになってしまっているのが…。毎回訪問者相手に警戒しながらあっさり部屋の鍵開けちゃうのも、その訪問者のドアのノックの仕方が襲撃者感全開曇りガラス越しに見える姿も普通に部屋を訪ねてきた感じがしないくらい異様なのも、今作の芸風になりつつあったけど、今回の監視カメラスルーでザンビ探索、風車ビーコン化、逃げて!で本当に1人で逃げる…はこれだけ危機が増していて1人でも無事な仲間が欲しい状況で取る行動じゃないよなぁ…。

6話

楓(齋藤飛鳥)は柚月(大園桃子)、穂花(久保史緒里)、加奈(梅澤美波)、恭子(吉田綾乃クリスティー)、麗奈(伊藤純奈)、砂羽(湯川玲奈)(この人だけ乃木坂じゃない役者の人)と家庭科実習室に逃げ込み、そこに楓をかばってザンビを押さえつけていた聖(与田祐希)がやってくる。聖がザンビかもしれないのと、元々砂羽や麗奈と仲良くしていたが最近楓や実乃梨(堀未央奈)と一緒にいるという理由をつけて中に入れるのを拒否。楓は聖を縛るという条件をつけて中に入れる事を納得させる。いつになく強気な聖はこの中に他にザンビがいるかもしれないと言い放ち一行は疑心暗鬼に。

そんな中で穂花が喘息の発作を起こしたので柚月が付き添いで部屋まで薬を取りに戻る事に。しかしザンビ集団に追いかけられて恐怖が限界に達した穂花は柚月を突き飛ばして盾にして逃走。そしてその先にいたザンビ化した教師(太田莉菜)にやられて2人ともTHE END。ていうか教師、口から糸吹いたんですけど…。

そして裏切り展開ナンダソレ。舞台版では主人公として大活躍したという久保史緒里が何故こんな損な役回りに…。2人の公式の人物設定と矛盾するのはそれどころじゃない恐怖でどうしようもなかったとしていいにしても、砂羽が持っていた護身用バットを楓から受け取っていた柚月は戦闘態勢でバット構えていたのにそこを突き飛ばしてコケさせて戦闘不能にして逃げるのはあまりに挙動がメチャクチャすぎる…。下手に戦わせるよりコケさせてそこにザンビを集中させた方がより時間稼ぎの盾になると判断されるほど頼りなかったのか…?

一方でみんな携帯を置いてきたか落としていたので砂羽しか携帯を持っていなかった。携帯カメラでザンビ調べを開始する事になったが何故か「その壁の前に1人ずつ立て」などと物凄い尺稼ぎ&無駄な事を言い出す砂羽。全員まとめて撮影すれば1発なのにこんな浪費をしたせいで聖を調べる前に電池切れになってしまう始末。1番疑っていた奴を最後に残した挙句に電池切れっておま…。しかも未確認のまま聖を襲い始める砂羽。

ほぼ同時に麗奈が苦しみだしてザンビに覚醒。砂羽が真っ先に襲撃されて死亡。残りの面々は逃げ出した。砂羽が最初に自撮りした際に映り込んでいた麗奈はふいに顔をそらして顔が半分しか写らないようにしていたなどあちこちテキトーに進める割にはそういうところは妙に芸が細かかった。

図書館に逃げ込んだ楓と聖は実乃梨と合流。実乃梨も襲撃されかかったが無事だった。首筋などを見せてどこも噛まれた跡が無いから大丈夫だと謎アピールをする実乃梨。確かに噛まれてザンビ化する描写は今までもあったが、噛まれたらザンビになるかどうかを3人は未確認だし、そもそも今まで突如ザンビ化した面々も別に噛まれた跡なんて特になかったじゃないか。毛が抜け落ちるとか爪が剥がれるとか痛みを感じてないとか意識がボーっとして自我を消失していくとかそういうのは散々見てきたはずだけど。

3人とも携帯を落としていたので事務室の電話を求めて事務室に向かうが電話線は切られていた。そしてロッカーには謎の繭があり、そこから謎の手が出てきた。その頃、楓に電話をしたが出ないので守口(片桐仁)が車で向かってきそうなところで次回へ続く。残り4時間。今回は1時間しか進まなかった。そして無駄な時間稼ぎで聖のザンビ化の有無が未確認なのはラストへ向けての伏線なのか、主人公格補正なのか…けっこうあちこち設定テキトーなので分からない。

7話

楓(齋藤飛鳥)、実乃梨(堀未央奈)、聖(与田祐希)はロッカーから出てきた白髪ザンビ化した教師(太田莉菜)に襲撃される。そこについに守口(片桐仁)が登場。モップで教師を串刺しにするが、白髪化したザンビはカミビトという進化形であり、こうなると殺すこともできないという。こうならなくても飛び降りても復活した亜須未(秋元真夏)みたいに普通のザンビも死なないんじゃないのか先週まだカミビト化する前に穂花(久保史緒里)襲撃の際に口から繭みたいなの吐いて攻撃してたのは何だったのか。進化の前哨だったのだろうか。てかそもそもこの人いつからザンビ化してたんだ?

守口と共に脱出を図ろうとする3人だったが逃げ道が無く、非常口も何者かに固く閉ざされていた。その手に持ってるバットでガラス叩き割れないのか。道中ではおびえて隠れていると見せかけて襲撃してくる恵美(岩本蓮加)が登場。実乃梨が鏡を持っていたので見破る事が出来たが「何故分かったぁぁ?」と言いながら襲撃してくるっていう自覚持ってて罠を仕掛けてくるザンビも珍しいな…。

さらにザンビ化した瀬奈(寺田蘭世)、凛(星野みなみ)も再登場。瀬奈の登場時に楓が「無事だったのね」はさすがに脚本どうかしてないか。天井裏を覗き込んでいる際に襲撃されて宙吊りにされたのを目撃して即座に無理だと悟って逃げ出しておいて無事だったと考えるのはいくらなんでも…。

守口は100年前のザンビの呪いだと語り、助ける方法が1つだけあると告げて一行は移動を開始。途中で実乃梨、聖はザンビ集団の襲撃ではぐれて教室に立てこもる事になり、あきらめモードの聖を「私が守る!」と力強く実乃梨が励ますという謎展開も。

ボイラー室に向かった守口と楓。道中ザンビ化した男性守衛を楓が表彰用の旗(?)で串刺しにして倒すという初のザンビ殺害シーンが挟まれたが…ついに楓が手にかけたという衝撃も何だか時間が無いせいか中途半端な感じで守口の「気にするな」で終了。カミビト化した教師といい、守衛といい、通常の人間であれば串刺しになんてできないようなモップだの旗だの鋭利でもない棒状のものであっさり串刺しにできてしまうという事はザンビ化するとかなり柔らか~くなるのだろうか。教師なんか実乃梨のバットの顔面殴打の勢いで首が折れて回ってたし(すぐ直した)。

ボイラー室には守口が車の後部座席に積んでいたと思われし謎の儀式道具が揃えられており、協力してほしいと言ったかと思えば守口が楓を襲撃。視界がブラックアウトして次回へ続く。

盛り上がっては来たんだけど脚本のテキトーさが…。守口はそもそもどこから入ってきたのか、どこからか侵入してこれたのに何で脱出できないのか、そもそも何で前半は脱出しようとしていたのかなど行動が滅茶苦茶。

ボイラー室にあんな派手に荷物持ち込んで儀式の準備(もうロウソク灯して生贄捧げるだけまで準備完了)してたので脱出しようとしてたところがもう全部演技?脱出できないのを分からせた上で楓を生贄に儀式を行う事を他の生き残っている仲間にも納得させてこれしかないので楓の犠牲は仕方ないという空気に持っていこうとしていたのだろうか。

8話

守口(片桐仁)に襲撃された楓(齋藤飛鳥)は桶の中に閉じ込められていた。守口によればこの桶はザンビ村から持ってきた100年前のもので、これがザンビの呪いの始まりだという。俺が終わらせてやるとか言いながら何故か「ふははははは」と高笑いを始めたり、急に聖書のカインとアベルの一節をかじったと思ったら人間の嫉妬という感情がザンビの呪いへたとえ話だったり、それでうまい事言ったつもりなのかまたふはは笑いをするなど超脚本何か急に三流悪役みたいになってしまった守口。桶の中の引っかいたような跡に触れた楓はサイコメトリーを発動したかのように説明もされていないのに100年前に何が起きたかを把握。

100年前、地主(袴田吉彦)の元に嫁いできて子を授かった美しい女(新内眞衣)だったが、美しい女に嫉妬した村の女は悪い噂を流すなど嫌がらせを駆使し、真に受けた地主と仲間たちは女を集団リンチしてボコボコにした挙句に、桶に詰めて生き埋めにしてしまった。雪に埋もれた冬を生き延びた女は呪い殺してくれる!と白髪化したカミビト状態の姿となって地中から復活。地主を呪い殺して暴れ回ったが、霊能力者(?)的な男たちの術式(?)により封印されたという。

「美しい女」という謎のキャスト紹介だった新内眞衣は100年前の人だった。公式写真では他の生徒と同じフリージア学園の制服だったがこれはフェイクだった模様。

美しい女とシンクロしながら100年前の出来事を知った楓は、村に訪れた際にクラスメイト達がたまたま封印の祠(?)を中心に封印時の儀式と同じ五芒星の位置(風車配置)に立っていて、そこにやってきた楓が中央にズカズカ歩いていって祠を覗いたために封印が解かれた=自分がザンビの封印を解いた事を理解。

ショック状態の楓に対して三流悪党ムードが高まってテンション上がってきた守口は、お前らのせいで封印が解かれて娘がザンビになった!と唐突に動機説明台詞をぶっこみながらさらに高笑い。楓を襲撃するまではまだ冷静だったのに、このテンションでは楓も「正気に戻って!」と訴えかけるほどである。大体封印して終わらせるって今現在のザンビの首領的存在を封印しようというなら分かるが、まだザンビ化してない楓を生贄として使っても今度は楓から呪いが始まるだけなんじゃないのか。守口がやってるの霊能力者達による封印の儀の方じゃなくて袴田吉彦側の行動じゃないのか。どういう理屈なんだこれ。

一方で教室に立てこもっていた実乃梨(堀未央奈)、聖(与田祐希)は乃木坂ザンビ集団に突破されて窓の外のフチを使って横移動して離脱するというトリッキーな行動に。ザンビ化した穂花(久保史緒里)に迫られるも実乃梨が唐突にスプレーで撃退(転落させた)。

その後、恐怖に耐えかねて自害したモブ生徒群を見た聖は発狂して何処へと逃走。取り残された実乃梨は楓の叫び声を聞いてボイラー室へやってきて、守口の襲撃を受けるが落ちてた斧を放り投げて顔面ヒットさせ、この隙に落ちてたパールで桶をこじ開けて楓を救出都合よく武器が落ちまく

死亡フラグ全開な三流悪党状態の守口は2人をまとめて生贄にしようとするが、背後から何故か唐突にカミビト教師(太田莉菜)が一直線にやってきて守口を襲撃。哀れ守口噛まれて死亡(ザンビ化?)。

私が封印を解いた…と実乃梨に改めて告げた楓だったがそこに自警団風の生き残りの生徒たちがやってきて次回へ続く。

リーダー格で鋭利なナイフを持っているのは乃木坂メンバーではないようだが、バックに控える乃木坂メンバーたちがラクロスとかラケットとか使えそうにない武器ばっかり持ってるんですけど…。

いよいよ脚本・設定のテキトーっぷりが効いてきてシリアスなところなのに謎行動・謎発言ばかりでムチャクチャになってきた。なお新内さんのラジオによると撮影は随分前の昨年5月くらいで全話セットになった1冊の脚本を渡されていて自分のシーンはちゃんと覚えて現場入りしてリハに入ったら監督になんか違うと渋い顔をされ、理由を聞いたら新内さんの撮影に入るまでの間に脚本が変わっていて美しい女の台詞が全部方言に変わっていたという。真っ青になってセットチェンジの間に全部覚えなおしたと語っていた。当日まで新内さんに脚本変更が伝えられていない(古い脚本のまま)とかどうやら現場管理もテキトーだったようだ…。

9話

ボイラー室から逃げ出した楓(齋藤飛鳥)、実乃梨(堀未央奈)。楓はザンビの呪いは自分のせいだと告げるが、それを聞いた生き残り集団が登場。一応これ公式に「武装集団」という扱いらしいが…(当初から美緒(向井葉月)の人物紹介に「武装集団」の文字があった)、リーダー格の佑里恵(田中真琴)(乃木坂じゃない人)がナイフ持っている以外は武装とは言い難い部活道具と掃除道具しか持ってないんですけど…。

そして、あずさ(佐藤楓)が家庭科室メンバー(梅澤美波、吉田綾乃クリスティー)はザンビになったと説明して怒っていたのでそれなりの修羅場を生き延びた模様。ていうか「武装集団」に乃木坂メンバー2人しかいないのか。

自分のせいだ以外になんの説明もしない楓も楓だが、かなり余裕の無くなっている佑里恵は楓を殺せば全部終わる説を提唱してナイフで特攻してきた。実乃梨が止めに入り、階段を転げ落ちた2人だったが、ナイフ&もみ合って転げ落ちのテンプレ発動で、ザックリ腹部にナイフが刺さった状態で佑里恵は絶命。楓はこの隙に実乃梨を連れて逃走し、「私が終わらせる」と言って灯油を求めて倉庫へと向かう。

倉庫へたどり着いた2人だったが、倉庫には1年生の麻里奈(鈴木絢音)ら複数の生徒が立てこもっていた。何故か楓が元凶だというニュースは既に周知されていて(なんか完全に情報歪んでた気がしなくもないが)、いきなり学園を燃やして終わらせるから灯油をくれと言い出した楓に当初は先輩呼びだった楓のことをついには「この女」呼ばわりして敵視する麻里奈。学園を燃やすと聞いて実乃梨もびっくりしていたので灯油を求めているのは把握していたが灯油でどうするのかはここまで聞かずについてきたらしい。麻里奈は実乃梨とはと生徒会での交流があったので、実乃梨にナイフを渡して楓を殺せば中に入れてあげるなどと物騒なことを言い出す。無駄にもったいつけてナイフを手に取って楓に向き合ってからしまうという謎動作をした実乃梨。

この間に群れから離れて窓の外のザンビ集団を見ていた弥生(阪口珠美)はその中にカミビト化した美琴(中村麗乃)を発見。美琴の幻聴を聞いた弥生は窓を開けてしまい倉庫は一瞬で修羅場になってしまった。助けて先輩!と叫びながら麻里奈も瞬殺されてしまったが、そんなに頑丈にドア開かないようにしてたのこれ…?

弥生と美琴は6話冒頭で逃げ惑う中で美琴が逃げ遅れてしまうというスローカットがそういえば入っていた。あれだけじゃ出番があんまりだったと思ったらここで再利用してきたか。

一方で聖(与田祐希)は楓の話をしている武装集団(笑)の声を聞いて隠れていた教室から飛び出すが、激高していた武装集団(笑)は楓の仲間だとすると聖を襲撃。聖はボッコボコにされてロッカーに閉じ込められてしまうというあんまりな展開に。しかしそこにザンビ集団が襲撃。武装(笑)も虚しく、善戦すらできずにやられてしまう武装集団(笑)。美緒には多めに出番が与えられ、窓から飛び降りて逃亡するも足が変な方向に曲がるという1話秋元真夏のパクリグロ映像を提供した後に外にも集結してきたザンビに殺されるというかなり悲惨な最期に。

ラケットやホウキでの武装(笑)とはいえ、ザンビは普通の人間より柔らかくなっているらしいので守口や楓が実際にホウキの柄とか優勝旗の柄とかでカミビト・ザンビをザクッと串刺しにしたように、やってやれないことは無かったはずだが…。ていうかリーチの短いナイフよりも柄の長いホウキとかの方がむしろ有効・安全なんじゃないかって勢いだったのに、誰1人倒せないまま全滅するとは期待外れすぎた。出番が来る前まではけっこうな数を相手に戦ってきたのだろうか。

逃げ出した聖だったが、ザンビ集団に追いかけられて出番終了。既に足をケガしてて普通に逃げ回れないし、これはさすがにもう無理め…。

倉庫にたどり着く前からやけに体力無さげだった実乃梨はついにもう駄目だから置いていけと言い出すも楓は友達だから!と友情を見せた事で実乃梨は再び立ち上がる。死んだ生徒の手にスマホがあったので楓が電話を掛けるが回線が込みあって繋がらない…という横で実乃梨が倒れてしまう。抱き起すと腰・背中の辺りから流血が…というところで次回へ続く。

もみ合った際に実は刺さっていたにしては血の染みが今広がってます感全開でじわじわしてたけど、しかし冒頭のあれくらいしか流血沙汰になるような傷を負う場面が無かったので例によってテキトー脚本か。

ドラマ序盤は楓と聖との友情関係をいい感じに描いていたのに、聖&実乃梨で絶対守るから!とかやりだして、今度は急に楓と実乃梨との友情展開になってしまったのはなんかもうその場にいるコンビで行き当たりばったりに友情展開入れてるとしか…。聖との友情の証のように序盤で使っていたスピッツ「楓」を実乃梨との友情シーンで唐突に使いだすのはちょっとあんまりだった。

10話

実は刺されていて気絶してしまった実乃梨(堀未央奈)、意識は戻り、講堂まで逃げ込むとそこで放送でスピッツ「楓」が流れ始めた。聖(与田祐希)が生きていた!と楓(齋藤飛鳥)は動けない実乃梨を置いて単身放送室へ向かう。この間に夜明け。ていうか放送室についたら夜明けどころかかなり昼間になってたんだけど、講堂から放送室って何キロあるんだ

感動の再開を果たした2人だったが、夜が明けたおかげでドアのガラスに映った聖の姿は鮮明にザンビ化による半顔の歪みを映していた。割と意識を残しつつもザンビ化して徐々に襲撃モードへ変わっていく聖。なんかイジメられたり、部屋に入れてもらえなかったり、武装集団(笑)に無意味にタコ殴りにされたり、末路がザンビだったりすっかりかわいそうな子だったな…。“与田ちゃん”的なイメージでこういうかわいそうな感じがハマると判断されてこんな散々な役回りになったんだろうか…。前回一気に楓との熱い友情ポジまで実乃梨に持ってかれてしまったので、ザンビ化しながらの「初めての友達だったのに」は切なすぎた

脱出して悲しみをこらえた楓は「ついてこい!」と叫び走り回って家庭科室へザンビ達を誘い、ガスの元栓を全開にしてライターで火をつけて全てを葬り去ろうとする。しかし集団の中に白髪カミビト化した亜須未(秋元真夏)がいたため、ためらったところを襲撃されてライターを落としてしまう。元々の親友だった亜須未とはいえ、ここまで来るともう意識はカケラも無いようで容赦ない。ていうかむしろ率先して殺りにきている

主人公補正で襲い掛かるザンビの襲撃を全回避し続けた楓だったがいよいよピンチなところで、実乃梨が教会に出向いていて鐘を鳴らした。何故か鐘の音を聞くとザンビは反応して動きを止める習性があり、この隙に楓は着火。学園にいたザンビは概ね全て爆炎で吹き飛んだようだが、楓は寸前で眼前に現れた聖ザンビが盾となってくれて助かったらしい。そんな規模の爆発じゃなかっ

教会で実乃梨と合流した楓はヘリの音を聞いて屋上へ向かうがその最中に実乃梨がザンビ化。襲う前に殺して!と訴える実乃梨を殺せなかった楓だったが、実乃梨は自ら飛び降りて自害ザンビ化しながらも最後まで理性キープという離れ業を見せた。

絶望の中、1人残されて自殺を図ろうとした楓だったが、ヘリの音で我に帰る。しかし複数のヘリは救助ヘリではなかった。ヘリが向かっていたその先は戦火に燃える東京の街だった。一晩で東京中がザンビの呪いで蔓延した事を悟った楓でTHE END。

お得意の丸投げENDとはいえ世界滅亡で主人公1人だけ生き残りというBAD ENDはホラーのオチらしいオチだろうか。実乃梨が急に友情話に割って入った感があって(「楓が初めての友達」発言まで後追いでぶちかまして最後の生き残り友人ポジまでゲット)、聖との友情と末路が二番手扱いになってしまったのは残念だったけど、2人ともザンビ化しても主人公格らしい見せ場があったのは良かった。悲しい結末ではあったけど…。

ザンビの設定が不安定でカミビトもなんだったのか状態(時間が経過するとカミビトに変わるらしいけど、ザンビ化数時間の美琴(中村麗乃)みたいに早期カミビト化するのもいた)だし、理性の失い方、ザンビ化の速度もかなり個人差があったし、楓の行動は終始不自然だらけだったけどB級アイドルホラーとしては良かった。

それにしても美しい女(新内眞衣)の呪い強すぎ…。100年封印されていてより呪いの力が強まっていたのか、ちょっとこのレベルの増殖力だともう霊媒師5名でなんとかできる次元じゃない。そしてやっぱり楓を生贄にしてザンビを封印するっていうのはザンビのオリジナルを生み出す方法であって、あれが実現しててもオリジナルザンビが2体になるだけだったような。

ドラマ「ザンビ」Blu-ray BOX
齋藤飛鳥, 堀 未央奈, 与田祐希, 秋元真夏, 星野みなみ, 寺田蘭世, 山下美月, 久保史緒里, 大園桃子, 大谷太郎, 西村 了
バップ (2019-08-02)
ドラマ「ザンビ」DVD-BOX
齋藤飛鳥, 堀 未央奈, 与田祐希, 秋元真夏, 星野みなみ, 寺田蘭世, 山下美月, 久保史緒里, 大園桃子, 大谷太郎, 西村 了
バップ (2019-08-02)
ザンビ【小説版】 (竹書房文庫)
秋元 康, 久田 樹生
竹書房 (2019-03-27)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)