思い出の平成音楽~平成3年(1991)~

幼稚園年長~小学1年生。1,2年生の担任が凄く怖い女教師で何かのタイミングで給食を残した時に無理やりスプーンを口に突っ込まれてリバース。以降給食が恐怖になり、小学校6年間、1番嫌な時間が給食の時間になった。

1990年~1991年にかけてスキーを習得。特訓の地は今は無きスキー場「加山キャプテンコースト」。海のイメージが強い加山雄三が冬にも挑んで実際にバブルの勢いで作ってしまった新潟湯沢のスキー場である。あまりの才能の無さに父ではなく(甘えてしまうため)、叔父による泣きの猛特訓の末に滑れるようになる。かなり苦労したがおかげで唯一出来るスポーツとして定着した。なお数年後、弟はそんな猛特訓など必要とせずにスイスイ滑れるようになっていた。

そんな記憶はあるが引き続き音楽のリアルタイムの記憶は皆無。

ただ運動会の時の紅組の応援歌がKANの「愛は勝つ」を替え歌した「赤は勝つ」だったのでこれはかなり記憶に残っている。白組だったので相手の曲の方がいいなとうらやましかった(白は替え歌でもなんでもなくて単なる短い掛け声みたいな応援だったので)。




後追い部門

楽曲

・どんなときも。/槇原敬之
・不思議ね…/Zard
・SAY YES/チャゲ&飛鳥
・悲しみが痛いよ/T-BOLAN
・離したくはない/T-BOLAN
・もう一度キスしたかった/B’z
・アトムの子/山下達郎
・さよなら夏の日/山下達郎
・SUNSET BLUE/LINDBERG
・Dream On 抱きしめて/LINDBERG
・LOOKING FOR A RAINBOW/LINDBERG
・何も言えなくて…夏/J-WALK
・それが大事/大事MANブラザーズバンド
・ヒバリのこころ/スピッツ
・からたち野道/THE BOOM
・SEVEN YEARS AFTER/PRINCESS PRINCESS

ようやく曲数が増えてきた。相変わらず全部後追いなので思い出としては98~05年になってしまうので91年の曲という感覚は全く無いが…。

アルバム

・LINDBERGⅣ/LINDBERG
・名前をつけてやる/スピッツ

平成全体に広げてもこれは確実に選ぶLINDBERGの最高傑作。スピッツは最高傑作ではないが初期の名作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)