思い出の平成音楽~平成16年(2004)~

大学1年~2年。個人的には不調元年。体調不良に陥る事はこれまでも少なくは無かったが、連続して陥った事で体調不良を気にして体調不良に陥るというスパイラルも発生して悪化。個人的に曲がり角の年。

闘病別離を主体とした純愛ブームとなり、「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」もブームに乗っかって見に行き、ブームに乗っかってみんなで泣いた。まだシネコンではなく、街の映画館が残っていた末期数年の頃で、確か映画館建物ごと全面リニューアルしてかなり綺麗になっていたんだけどそっから数年でシネコンに負けて全滅しちゃったな…。

ドラマ『オレンジデイズ』もこの年のドラマ。年下、つまり放送時の高校生以下にこのドラマを好きな人が多い印象があり、このドラマの大学生活に憧れて大学生になったけどこんな大学生活は無かった、というのが後にあるあるになったけど、実際現役大学生だった当時、このドラマの大学生活は実感のない夢想っぽいキャンバスライフだなぁと思った記憶がある。それよりも主役の妻夫木君が電車待ちの間に隣にいる疲れたサラリーマンを見て、自分ももうすぐあっち側になるのだろうと物思いにふけるみたいなそういうところがリアルで強く印象に残った。

主題歌だったMr.Children「Sign」の最後のサビの一節“残された時間が僕らにはあるから大切にしなきゃと小さく笑った”を聞くと物凄く尊いものがある。当時特にこの一節を意識してなかった人や何が残されているのか分からなかった人、今学生が終盤に向かっている人はそれを踏まえると刺さる…かもよ。

CCCDは04年8月にエイベックスで内紛が起こったのを機に終了となった。これはMAX松浦氏が上層部と方針で揉めて退社する騒動となり、1度は退社するも、アーティスト側の信頼も厚かったMAX松浦に全部持っていかれる恐れが生じて結局MAX松浦が社長になる事を条件に戻り、彼がCCCD撤廃を即座に行ったため。ソニーもちゃっかり便乗したので、残りのレコード会社も追従。あれは何だったのかという勢いであっという間にCCCDは過去のものになった。




リアルタイム部門

楽曲

・SPOON/河村隆一
・PIKA★★NCHI DOUBLE/嵐
・3月9日/レミオロメン
・僕が一番欲しかったもの/槇原敬之
・奏(かなで)/スキマスイッチ
・花/ORANGE RANGE
・今が人生~飛翔編~/森山直太朗
・雨上がりの急な坂道/little by little
・黄昏ロマンス/ポルノグラフィティ
・Million Films/コブクロ
・永遠にともに/コブクロ
・ミチシルベ~a road home~/ORANGE RANGE
・ユメリアル/岸本早未
・Wonderful Life/&G
・Dream×Dream/愛内里菜
・太陽/森山直太朗
・ね、がんばるよ。/Kinki Kids
・スターゲイザー/スピッツ
・時の雫/GLAY
・プロポーズ/TUBE
・想/大久保伸隆
・愛のために。/上戸彩
・信じる力/Whiteberry
・あの場所へ/晴晴
・優しい歌が歌えない/槇原敬之
・彩~Aja~/サザンオールスターズ
・瞳をとじて/平井堅
・青いベンチ/サスケ
・BANZAI/B’z
・浪漫~MY DEAR BOY~/モーニング娘。
・キミはともだち/平井堅
・STRONG SOUL/DEEN
・かけがえのないもの/ZARD
・君こそスターだ/サザンオールスターズ
・栄光の架橋/ゆず
・あの頃のまま/Something ELse
・太陽に焦がれて/晴晴
・glory colors~風のトビラ~/ZONE
・Blue Jean/GLAY
・lost angel/day after tomorrow
・ARIGATO/B’z
・正夢/スピッツ
・冬の口笛/スキマスイッチ
・Anniversary/Kinki Kids
・アトモスフェア/大久保伸隆
・音色/KREVA
・東京の冬/コブクロ
・ふれて未来を/スキマスイッチ
・Like/ZONE
・PADDLE/Mr.Children
・タガタメ/Mr.Children

上の方は好きな順、以降リリース順+アルバムで聞いた曲。個人的にGIZA最盛期がこの年と翌年。なんとなく聞いているだけだったのが岸本早未にビビッと来て瞬間風速的ではあったけど、GIZAで1番聞きまくったのはこの辺りかもしれない(なお最後に聞いてからは既に数年以上経過していて既に所持もしていな)

晴晴はまさかのシングル3枚でソニーから切られて解散というソニー典型アニメパターンの中でも最速で切られてしまったけど何であんなに見切られるの早かったんだろうと今でも不思議。売れなかったわけでもなく、「あの場所へ」はトップ20入り、「太陽に焦がれて」が100位ギリギリだったとはいえそれで何も出来なくなる(解散直前にもうライブをやる余裕も気力も無いから出来ないと絶望的な状況をブログで告白していた)のって明らかにおかしくね?

モーニング娘。聞くのを1度辞めた年でもある。「女子かしまし物語」でもう無理だなと思って聞かなくなったけど、その前の「浪漫~MY DEAR BOY~」はカッコよかった。

ソニーまでレーベルゲートCDとして03年にシングルにCCCDを導入後、04年からアルバムにまで導入したのでとにかく迷惑だった。購入で迷惑したのはZONEだけで済んだが、04年9月を機に撤廃になったのは当然だけど奇跡でもあったな。まさかあんな一気に動くとは。

アルバム

・MUSIC MAN SHIP/コブクロ
・シフクノオト/Mr.Children
・VANILLA/河村隆一
・JUICY/岸本早未
・色色衣/スピッツ
・ROAD CRUISIN’/DEEN
・N/ZONE
・夏雲ノイズ/スキマスイッチ
・止まっていた時計が今動き出した/ZARD
・夏唄/Something ELse
・THE FRUSTRATED/GLAY
・EXPLORER/槇原敬之
・LOVE PUNCH/大塚愛
・新人クレバ/KREVA
・コトノハ/浅岡雄也
・キボウノネイロ/浅岡雄也
・響/大久保伸隆
・THE SIXTH DAY~SINGLE COLLECTION~/Gackt
・GLOBAL GROOVE/田川伸治
・SENTIMENTALovers/平井堅
・Completely Recorded/槇原敬之
・1~ONE~/ゆず

ZARDが復活を印象付け、コブクロ突如の再ブレイク、槇原敬之も再ブレイク。平井堅もここに来てピークに達して、スキマスイッチや大塚愛などの新顔も充実していたので、03年に比べると新作に戻ってきた感のある1年。

コブクロは笹路正徳を離れてセルフになった途端に力強さを増してロック色も強くなって躍進した印象だったが…結果的にはここが個人的にはピークだった。まさかそのまま大作化に歯止めがかからなくなり、ストリングス病になってしまうとは…。

この年はまだそこまででもないけど、ここからの数年間でJ-POPはストリングス病に陥ったと思う。いきなりというよりジワジワと多用するようになっていった感じなので当時は小林武史=ストリングスなイメージもまだ無かった

後追い部門

楽曲

・アカシア/レミオロメン
・青い季節/SOPHIA
・サムネイル/GOING UNDER GROUND
・ソラアイ/Every Little Thing
・同じ月を見てた/GOING UNDER GROUND
・サンキュー/GOING UNDER GROUND
・恋文/Every Little Thing
・君の街まで/ASIAN KUNG-FU GENERATION
・鞄の中、心の中/藍坊主
・please,please/SOPHIA
・オンリー ロンリー グローリー/BUMP OF CHICKEN
・車輪の唄/BUMP OF CHICKEN
・24時間の旅/THE BOOM
・明日からはじまる/THE BOOM
・READY STEADY GO/L’Arc~en~Ciel

何で当時知らなかった…と後悔するような名曲ばかり。

アルバム

・ユグドラシル/BUMP OF CHICKEN
・EVERBLUE/SOPHIA
・ソルファ/ASIAN KUNG-FU GENERATION
・ヒロシゲブルー/藍坊主
・TRUNK/HY
・commonplace/Every Little Thing
・My Favorite Things/竹井詩織里
・百景/THE BOOM
・地図/LUNKHEAD

ORANGE RANGEの凄まじさを除くと勢いのある若手ロックバンド(BUMPやレミオロメン、アジカン)がミリオンは無理にしてもまだ60万とか70万は売れて、ある程度共通認識による明確な代表作になるようなそんな最後の数年間がこの時期だろうか。フェスに行くほどの音楽好きと、ライブやフェスに行かない音楽好き、昔は前者が少数だったが現在はフェス前提の物の見方をしている音楽系ブログが多くなった。音楽レビューを書くようなリスナーはそれこそ昔はCDのみでライブもフェスも行かない者も多かったが現在は大半がフェスに行くのが当たり前、そしてシーン全体(実際はフェス=シーン全体という考え方は偏っているなと感じることも多いが…)を評論するみたいな系統に変わってきているという印象もある。そんな両サイド共通で最近売れてると認識を抱けていたという意味で『ソルファ』は代表的な作品の1つじゃないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)