思い出の平成音楽~平成15年(2003)~

高校3年生~大学1年生。受験を理由にホームページの更新を休止するのが一般的なのに、ロードオブメジャーが流行っていたので“ロードオブ浪人”を掲げて受験のリアルドキュメントが綴られるという前代未聞からのまさかの1発合格により、大学進学が決まる。その後も大学入学から免許取得、15時間DRIVEなどドキュメント路線が続いており、当時のこのサイトは完全な日記系テキストサイトの系統に属するもので、音楽感想や「今週のチャート」がオマケのような状態であった。というか「今週のチャート」なんかはずっとオマケのつもりだったんだけど、いつの間にかメイン扱いされ

高校卒業に当たってはようやく終わったァァァァァ!!!!!という開放感が強く、ここからかなり気分的にも一新された。高校の卒業式が超土砂降りの豪雨、最速で帰宅して3月の冷たい雨と共にピリオドを打ち、その後の大学入学以降は何故か穏やかな青空ばかりが浮かぶ。なのでこの時期に聞いていた曲は青空の思い出と共にある。

また体調不良に悩まされる前の最後の年がこの年だったので、2003年=開放感と青空というイメージが非常に強い。




リアルタイム部門

楽曲

・月のしずく/RUI
・風の果て/RUI
・泪月-oboro-/RUI
・いつか/GLAY
・少年/Something ELse
・明日への扉/I WiSH
・世界に一つだけの花(Single Version)/SMAP
・Time after time~花舞う街で~/倉木麻衣
・さくら(独唱)/森山直太朗
・HUM A TUNE/TOKIO
・I’m mine/TOKIO
・城島SONG/TOKIO
・翼を風に乗せて~fly away~/DEEN
・true blue/ZONE
・永遠のBLOODS/Kinki Kids
・明日を夢見て/ZARD
・同じ空の下で/キンモクセイ
・青いメロディー/TUBE
・蝶々結び/aiko
・GET HAPPY/星村麻衣
・夏の日の1993~2003 up to date session~/class
・涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~/サザンオールスターズ
・H・A・N・A・B・I~君がいた夏~/ZONE
・銀の龍の背に乗って/中島みゆき
・CURRENT/day after tomorrow
・太陽と花びら/DEEN
・風になりたい(Samba,Novo)/THE BOOM
・アンドロメダ/aiko
・音のない森/ポルノグラフィティ
・薄荷キャンディー/KinKi Kids
・虹/福山雅治
・それがすべてさ/福山雅治
・Be My Love/SPEED
・君を見ていた僕と 僕を見ていた君と/FIELD OF VIEW
・Real prayer/FIELD OF VIEW
・異邦人/TAK MATSUMOTO featuring ZARD
・メリッサ/ポルノグラフィティ
・BEAUTIFUL DREAMER/GLAY
・月光/TUBE
・アラクレ/B’z
・掌/Mr.Children
・くるみ/Mr.Children
・愛が呼ぶほうへ/ポルノグラフィティ
・星の雫/DEEN
・Go Girl~恋のヴィクトリー~/モーニング娘。
・ええねん/ウルフルズ
・僕らのメッセージ/Kiroro
・ビリーヴァー/星村麻衣
・悲しみをやさしさに/little by little

初めて明確に時系列で並べてみた。空白を開けているけど、「月のしずく」~「さくら(独唱)」までは1~3月の高校生。なので03年なんだけど03年にあらずというか前年までの延長の感覚にある(3月は狭間の時期なので少し変わるけど)。

「翼を風に乗せて~fly away~」~「蝶々」までは前述の大学入学時によく聞いていた曲でそのまま当時の空気が蘇るちょっと特別感のある時期の曲たち。実際に何か楽しい事があったわけじゃないんだけど、「青いメロディー」が『めざましテレビ』のテーマ曲で毎朝聞いていたのに加えて、当時ミニコンポのタイマーとプログラム機能をセットして「true blue」「蝶々結び」「同じ空の下で」「青いメロディー」を目覚まし時計代わりにしていたのもあって03年4月と5月が強烈に焼き付いている。

夏は郵便配達のバイトをしていたのでけっこうアクティブに外を動き回っていたが(高1冬、高2夏に続く3度目)、けっこう雨の多い夏で「音のない森」の重たい感じとかまさに03年の夏のどんよりした曇り空によく合っていた。「太陽と花びら」を始め、このAOR期のDEENを当時はあまり良さが分からなかったけどけっこう頑張って聞きまくった事でいいと思う音楽の幅がかなり広がった。

そんな感じでかなりアクティブに動き回れていた頃なので、やっぱり勢いがあったし、勢いがある時に聞いていた曲は輝きが違うんだろうな。

あと「BEAUTIFUL DREAMER」より「Beautiful Dreamer」の方が先だ

アルバム

・UTOPIA/DEEN
・glider/TOKIO
・風見鶏/Something ELse
・SOUP/星村麻衣
・TICKET/Something ELse
・ウタノチカラ/浅岡雄也
・BEAT GOES ON/BON-BON BLANCO
・BEST ALBUM 2001-2003/KICK THE CAN CREW
・LET IT BE…NAKED/THE BEATLES
・MIKI①/藤本美貴

前後の年よりあからまさに少なくてこれはどうした事か…。楽曲あれだけ青空の思い出が云々とか言いながら延々と並べまくっておいてナンダコレ。

なんというか…シングル主体&大学生になってますます旧作集めにご執心だったためか、2003年のアルバムというのがあまり出てこない。当時の勝手に年間ランキングらしき日記を確認してみたがなんかナチュラルにアルバムスルーしてやがる…。

CCCDとかも不快感しかなかったし、90年代の方が良かった、今はダメだ、と1番思っていた時期でもあったのかもしれない。

ただ過去にばかり思いを向け続けていると負のスパイラルに陥る(しかも自分はそうなっている事に気づかない)いう事は高校時代に散々学んだので徐々に過去志向の考えを改め、少なくともなるべく今下げ過去上げをなるべく言葉・文章にしないようにしていった。今日が昨日を越え続ける事はできない。もしかしたらもう越える事もないかもしれない。だから無理して今の方がいいとか、今にもいいところがあるとか、無理に今を持ち上げようと考える必要も無い。ただ例えば「昔は良かった。」と言うのであればそれだけで大体流れで伝わるので「けど今はダメだ」というのをことさらに付け加えて主張する必要はない、みたいな。そういうところから始まる。それだけで何か確実に変わる。君も同じことをしろとは言わないけど僕はそれを勧めよう(唐突な槇原敬之『彗星』サビ引用)。

「風見鶏」はいいアルバムだったんだけどCCCDだったので購入スルーしたアルバムの1つ。CCCDのアルバム購入はけっこう徹底して避けていた。

星村麻衣はピアノロックを掲げていた最初期が結果ベストだったと思うんだけど本人的にはあまりナチュラルな方向性ではなく、売れるためにやらされていた路線だったのか、これっきりガラッと方向性変わったな…。

FOV解散から半年ちょいでソロデビューした浅岡雄也は当初なんか軽い感じに戸惑った上に突き抜けてしまいなかなか印象に残らなかったが(当時まだ古いミニコンポ使ってて音質とか全く気にしてなかったのになんか軽いとか思ったってのはけっこう…)、これも聞きまくる事で結果思い出の1枚にはなった。

後追い部門

楽曲

・トワイライト/GOING UNDER GROUND
・-僕はここにいる-/SOPHIA
・ロストマン/BUMP OF CHICKEN
・ダイアリー/GOING UNDER GROUND
・ハートビート/GOING UNDER GROUND
・理由なきNew Days/SOPHIA
・AM11:00/HY
・雨のち晴れ/安全地帯
・また あした/Every Little Thing
・Swinging Road/風味堂
・雨上がり/レミオロメン
・sailing day/BUMP OF CHICKEN

名曲「トワイライト」は当時CS放送で耳にしていてネクストブレイクしそうなバンドだなと思った記憶だけある。ちゃんと聞くようになるのは3年も経ってからだったが、何故あのタイミングで聞かなかったのか。そしてその時の「トワイライト」MVの印象から3年後にちゃんと聞くまでGOINGのボーカルの顔=MVの人(載寧龍二)だと思っていた。

「また あした」もちゃんと聞いたのは後追い。ただELTに関してはそれこそ浜崎あゆみみたいにCD聞かなくても覚えてしまうレベルで大ヒットしていたわけではないんだけど、なんだかんだつかず離れずの距離感でずっとすぐ近くにあったような感覚があって03年リアルタイムに近い感覚もある。

BUMPとかSOPHIAも後追い。特にSOPHIAは最近迷走してて変な曲ばかりだなぁ~から完全に記憶が途絶えた直後に超名曲「-僕はここにいる-」が出ていたのを知らなかったのが本当に悔やまれる。「理由なきNew Days」はまだ知ってたんだけどなぁ…(弟がサッカーやってて高校サッカータイアップのこの曲だけ気に入って聞いていたので)。

アルバム

・ハートビート/GOING UNDER GROUND
・朝顔/レミオロメン
・Street Story/HY
・anthology/Cymbals
・殺風景/熊木杏里
・安全地帯Ⅹ~雨のち晴れ~/安全地帯
・Many Pieces/Every Little Thing
・夢/SOPHIA
・花とりどり/風味堂

この年だったのかぁ…と改めて気づいたアルバムがズラリと。HYは当時レンタル禁止でレンタルにも出てなかったけど、何週も連続で1位になったとかででも曲はあんまり良く分からないっていう。モンパチとかもそうだけど、知らないところで凄い売れている、というかシングルランキングだけ見てるとこういうアルバムで売れまくる人たちを聞き逃すっていうのがあった。これより前のハイスタとか名前しか知らないのもまさにそれだった。この後のDef Techみたいにお茶の間タイアップ取りまくればシングルゼロでもまた話は変わるけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)