ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ

テレ朝で7月12、13日に金曜ナイトドラマ、土曜ナイトドラマ枠(23時15分開始)で2日連続で放送されたSPドラマ。ラッパーに噛まれたらラッパーゾンビになってしまうラップ×ゾンビという異色のギャグホラー。小芝風花主演。

前編(12日)は医学部に入ったはずがこの半年ですっかりラッパーになってしまった恋人拓馬(佐藤寛太)にラップを辞めてくれないなら別れると告げたみのり(小芝風花)がゾンビパニックに巻き込まれていく様子が描かれ、父親(ブラザートム)や、ゾンビ化が進行した中で勝手に家に上がりこんでシャワーを浴びていた警官(片山萌美)と、拓馬の行方を捜す展開となったが、既に拓馬の両親もゾンビ化しており(みのりが前日に別れを切り出した家を出た直後にゾンビが入っていくカットがあったので直後にやられていた模様)、警官もゾンビ化。親子での逃走劇もガス欠で万事休すとなり父親もゾンビ化。

後編では1人取り残されたみのりを高校生のマコト(萩原利久)が救出し、同級生のモカ(井本彩花)、担任の加奈子(トリンドル玲奈)と行動を共にすることに。彼らはHIP HOPの名盤レコードをばらまければゾンビたちはそのお宝に群がるという習性を発見しており、大量にレコードを所持して生き延びていた。さらに拓馬ももうゾンビ化している事が判明し絶望するみのり。そんな中、散歩中のおじさん(入江雅人)からゾンビを元に戻すには魂のラップをぶつければいいと聞かされたみのりは不本意ながらリリックを練るが…。

おじさんの話は嘘で、復活したはずのおじさんの妻はゾンビ化したまま幽閉されていた。おじさんの元から逃げ出した一行は結局ゾンビ化してようと拓馬に思いをぶつけるために再び拓馬へラップバトルを挑む。最後は最早ラップですらない即興での魂の叫びをぶつけたみのりだったが、おじさんの言っていたでまかせが本当になってしまい拓馬が復活。しかし大量のゾンビに囲まれてしまった5人はラップバトルで生き抜いてやるとラップを開始して丸投げEND!

と書いていてもほとんど中身のないゾンビホラーコメディが炸裂。最早突っ込むところすらないというメチャクチャな展開の謎ドラマだったが、ほぼほぼこのふざけた世界観で大真面目に熱演していた主演の小芝風花が魅力的というだけで持たせたようなそんな話だった。2014年の『魔女の宅急便』主演で新人若手女優としていきなり注目されつつも、脇での起用が多くてブレイクしきれないまま気がつけば5年も経過していたが、今年1月のNHKの『トクサツガガガ』でようやく連ドラ主演を果たし、なんかもうブレイク待ったなしといった感じに成長していて驚いた。もう22歳だったのか。

萩原利久はこないだまでクズ男(電影少女)を演じていたが雰囲気が違っていて分からなかった。トリンドル玲奈が劇中で33歳とか言われていたのでソフトバンクのCMで注目集めてから15年近く経過してんの?と時の流れに焦ったが、実際はあのCMからは7年経過で本人もまだ20代だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)