パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜 最新章SP

2024年6月16日放送。2022年春クールに日本テレビ系「土曜ドラマ」枠で放送され、直後にHulu限定でSeason2が制作されたドラマの続編。Hulu限定でSeason3が開始される当日にSeason3の0話扱いで『ACMA:GAME』最終話翌週、次回作までの繋ぎの「日曜ドラマ」枠で放送。このためSPだが通常枠(22時30分~23時25分)だった。

AI「メーティス」が暴走し、全国で停電や通信障害を発生させる。「メーティス」は交渉相手として小比類巻(ディーン・フジオカ)と最上(岸井ゆきの)を指名。開発者青柳誠一郎(神尾佑)の息子で特殊詐欺グループのメンバーで殺人で手配された青柳結弦(青木柚)を連れてくるように要求する。長谷部(ユースケ・サンタマリア)と奥田(吉本実憂)の活躍で結弦を確保して「メーティス」と対面させるとやがて「メーティス」の正体と目的が…。

結弦は組織から抜け出せなくなって殺人に手を出すまでに至り、亡くなったばかりの母の死にも立ち会えなかったが母は「メーティス」の原型にも関与しており、母の遺志が「メーティス」の遺志となり息子と会いたかったのではないかと示唆するような結末となるなど最新科学にこうなのかも?的なファンタジックな飛躍した要素を織り交ぜる独特の作風は2年経っても変わらず健在。変わらぬレギュラーキャスト陣の久々の2年前からの地続きの登場も含めて”帰ってきた”感のある内容だった。ほとんどみんなそのままだったがさすがに娘役の子役は2年で大きくなった。

ただよく続編行けたなこれ。視聴率5%台で終わり、Huluとの共同企画なのでSeason2は最初から確定案件だったとはいえ、毎年続編を作り続けて映画まで行った某ゾンビドラマと違って翌年(2023年)に続編が無かった時点で終了になったものだと思っていた。しかも奥田(吉本実憂)が登場したのはHulu限定のSeason2からなので、2年ぶりというただでさえ記憶が曖昧な状況で地上波としてはいきなり長谷部の相方に知らない若い女がついている事になるのは攻めすぎ。まああの『古畑任三郎』でも何の加入エピソードも無く最初から知り合いかのように途中から西園寺が加わっていたりとかあったのでそんなに珍しくはないのかもしれないけど…。それにしたって今回勤務時間外にいきなり事件発生になったので、科学犯罪対策室のシーンが無く、対策室メンバーが4人揃っているシーンがゼロ。長谷部(ユースケ・サンタマリア)と奥田(吉本実憂)はメインキャスト勢と一緒のシーンが無い完全別撮影のまま終わってしまったのは斬新だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました