44th 翼を広げて/愛は暗闇の中で

スポンサーリンク

44th 翼を広げて/愛は暗闇の中で

B0014T5RW2 B0014T5RWC
08年4月9日
前作から4ヵ月ぶり。過去の未発表セルフカバーとリメイクの両A面シングル。両A面は4作目、Wコナンタイアップは3度目。初回盤は「きっと忘れない」追悼ライブ映像を収録したDVD付。ZARD史上初の初回盤DVD付シングルとなった。

シングルを1作ごとにまとめたBOX『ZARD PREMIUM BOX 1991-2008 Complete Single Collection』に収録されているのは今作までである。何故あと1作待てなかっ

翼を広げて

作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
映画『名探偵コナン 戦慄の楽譜』主題歌。93年DEEN2ndシングルに歌詞提供していた曲の未発表セルフカバー音源。04年に森進一に歌詞提供したばかりの2曲以外、それ以前の歌詞提供セルフカバーは『君とのDistance』までで全部行っていて残すはこの曲だけとなっていた。

編曲がビーイングを離れて10年経っている明石昌夫だった事もあり、少なくとも『TODAY IS ANOTHER DAY』以前の未発表音源と思われる。割と隠したままでもいいような事はあっさり実はこうだったんですとかバラすのにこの曲の制作についての詳細はあまり明かしてくれないのは何故なのか…。実際曲の雰囲気は90年代後半よりも90年代前半っぽく、93年のDEENバージョン発表と前後して近い時期に制作していたのではないかと思う。こっちが先に制作されていてDEENに提供する事になってお蔵入りしたっていうパターンも無くはないのかどうなのか…。DEENバージョンは終盤にかけてキーが上がっていき、オールスター的な合唱となり(坂井泉水本人も参加)、ド派手に盛り上がるが、このバージョンは普通にバラードしていて普通に終わる。DEENへ歌詞提供した「瞳そらさないで」「Teenage dream」ほどのアナザーアレンジ感は無いものの、無難といえば無難でタイミングの問題もあったんだろうけど収録の機会を逃し続けていたのも分からなくもない。
★★★☆☆
1stBOX『ZARD PREMIUM BOX 1991-2008 Complete Single Collection』
2ndBOX『ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

翼を広げて
ZARD

愛は暗闇の中で featuring AYA KAMIKI

作曲:栗林誠一郎、編曲:森下志音
アニメ『名探偵コナン』OP。1stシングルC/Wのリメイク。「グロリアスマインド」が4週で使用終了となり、08年年明けの次の回からこの曲が起用されていたのでようやくの音源化だった。またCDでは坂井さんをリスペクトしていたというビーイング後輩の上木彩矢がコーラス参加しているがコナンOPの時は上木彩矢のコーラスは無かった

元々坂井泉水の声だと分からないくらい初期声で激しめに歌っていたのと原曲もコーラスが厚かったが、上木彩矢がコーラスと言うよりツインボーカルの勢いでガッツリ絡んできている今作は終始2人以上の声が混ざっている状態で最早誰の声と誰の声が混ざっているのかも良く分からずZARDだと容易に認識できない。

2番Aメロに生前やり直したいとして追加していた4行の歌詞が加えられ、歌詞カードでは本当だという事を示すかのようにこの追加部分のみ坂井さん直筆の歌詞を書いていたノートのコピーが貼り付けられた。この「生前紅白に出たがっていた」「生前Mステに出たがっていた」に続く坂井さんが実は生前○○したいと言ってましたシリーズは正直どうとでも作れてしまうので真意を推し量る事は不可能ではあるが、歌詞が書かれていたのは確かなわけで、しかしそれがいつ頃だったのか等の詳細はプロデューサーやスタッフのさじ加減で公表されるので良く分からない。

この追加歌詞部分はさすがにレコーディングまではしていなかったという事で、上木彩矢が単独歌唱している。しかし普通に聞いていると全く気づかずに流れ去って行ってしまい違和感が無い。この部分さえコーラス重ねてて単独ボーカルじゃないし…。坂井泉水と上木彩矢の歌声はまるで違うし、普段は双方の曲で突然ボーカルが入れ替わったりすれば確実に変わった事が分かるはずなのに今作はむしろ上木彩矢がやってそうなロックナンバーなのもあってか違和感が無い。実際、上木彩矢が後に単独カバーしたバージョンもあるが、むしろ上木彩矢の曲なんじゃないかと思うほど。

アレンジは古くなっていた原曲を現代風にブラッシュアップした感じで、カッコいい。あえてZARD王道に寄せずに原曲のイメージのままブラッシュアップしたアレンジャーは当時Naifuとしてメジャーデビューを控えていた森下志音でZARD初参加。これまでに捕らわれない初関与のアレンジャーに自由にやらせたのが結果かなり面白い事になったと思う。NaifuはGIZAに欠けていたロック魂を持っているなと期待していたのだがバンドは個性を発揮する暇も無く売れずに速攻解散させられてしまったのは残念だった。

なおSARD UNDERGROUNDがカバーしたのもこっちの歌詞追加バージョンである。
★★★☆☆
1stBOX『ZARD PREMIUM BOX 1991-2008 Complete Single Collection』
2ndBOX『ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

愛は暗闇の中で featuring Aya Kamiki
ZARD

コメント

タイトルとURLをコピーしました